2019年04月24日

SUNTORY PREMIUM MALT'S 神泡サーバー

SUNTORY PREMIUM MALT'S 神泡サーバーを使ってみました。

1904_SU神泡箱.JPG

このサーバー(?)、12缶セットを購入するとついてきます。
今までのサーバというと、洗浄が面倒だったので
なかなか敬遠してしまっていたのですが、
このサーバは洗浄いらずというところにひかれて試してみました。

缶に装着するとこんな感じ。

1904_SU神泡装着.JPG

まずは泡をできるだけ立てないようにビールを注ぎます。

1904_SU神泡注ぎ.JPG

そして、ボタンを押しつつ、泡だけを作るようにゆっくりと
ビールに泡をのせていきます。

仕上がりがこんな感じ。

1904_SU神泡完成.JPG

確かに、泡がクリーミーでしっかりとしています。

飲んだ後もいい感じになっています。

1904_SU神泡グラス.JPG

ただ、タカバシさんの生ビールブログで注意されてますが、
最後は泡だけ作るようにするのがポイントです。
缶の中にはできるだけ残さないように注げるように気を付ければ、
色々なビールが神泡にできるかもしれない、です!?

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:59| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

SUNTORY TOKYO CRAFT I.P.A.2019

SUNTORY TOKYO CRAFT I.P.A.2019をいただきました。

1904_SUTCIPA.JPG

色は薄めの茶色。
鼻を近づけるとシトラスのような香り。

飲んでみるとその香りはおとなしくなります。
最初は甘いんですが、後からしっかりとした苦みが来ます。

アルコール度数が6.5%程度で
結構ボディもしっかりしています。

解説にはこんなことが。

1904_SUTCIPA解説.JPG

『シトラスを思わせる爽やかな香りが
特徴のシトラホップをふんだんに使用。
柑橘系の鮮烈で爽やかな香りと
力強い飲みごたえをお楽しみください。』

香りはそれほどでもないですが、
飲みごたえのあるIPA。

いいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 10:04| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

KIRIN 一番搾り 超芳醇飲み比べ

KIRIN 一番搾りと一番搾りの超芳醇を飲み比べてみました。

1904_KI超芳醇飲み比べ.JPG

色はすこーしだけ超芳醇のほうが濃いでしょうか。
鼻を近づけた時の印象としてはノーマルがホップに対し、
超芳醇は麦の印象が強い気がします。

飲んだ時の香りも同様です。

飲み口としては、ノーマルが若干フルーティーで軽いのに対し、
超芳醇は最初にしっかりと甘みがあって、苦みもしっかり。
ガツンと来る印象があります。

どうしても、飲んだ後のすっきり感は圧倒的にノーマルですが、
1杯でしっかり飲んでいる印象があるのが超芳醇。
どっちもおいしいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:16| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

富士櫻高原ビール さくらボック

富士櫻高原ビールのさくらボックをいただきました。

1904_富士櫻さくら.JPG

色は濃い茶色。
鼻を近づけると甘く、チェリーのような香り。

飲んでみると甘さがより強めに感じられます。
飲み口はどっしりとしていて、
甘みが最初に来るんですが、後から苦みが来る印象。
ただ、苦みは強くなく、麦の甘みが支配的です。

通常の約2倍の麦芽を投入し、3か月以上熟成させたドッペルボック。
この時期しか飲めないので、ぜひ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:38| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

麥や 生麦

生麦にある麥や(むぎや)に行ってきました。
川崎のTKBとコラボしていた時にでていたおつまみがおいしくて。

1904_麥外観.JPG

生麦駅から徒歩数分。基本は立ち飲みで、
2Fには着席できるスペースもあるとのこと。
今回は立ち飲みで楽しんでみました。

ビールのメニューはこちら。

1904_麥ビール.JPG

ちょうど311近辺だったので、
東北応援のメニューになっています。
東北のブルワリーが同じレシピでビールを作っているんですが、
その違いを楽しみつつ、飲みながら募金ができるということでした。

ただ、まずはやっぱり一番搾りから。

1904_麥一番搾り.JPG

KIRIN横浜工場からほど近いということで、
旨いんだろうなぁ、と思っていましたが、
やっぱりうまいですね。

フードのメニューはこちら。

1904_麥メニュー.JPG

おすすめは黒板にも。

1904_麥黒板.JPG

どのメニューもリーズナブル。

まずは冷や奴から。

1904_麥とうふ.JPG

身がしっかりとしたお豆腐の奴。
いいですね。

炙りたたみいわしも。

1904_麥いわし.JPG

日本酒に合うおつまみですが、ビールでもいけます。

岩手蔵ビールの春霞IPA。

1904_麥いわて.JPG

しっかりホップの香りがして、ジューシー。
おいしいですね。

合鴨ロース柚子胡椒添え。

1904_麥合鴨.JPG

合鴨が柔らかで甘いんです。
辛い玉ねぎと柚子胡椒がいい仕事してます。

白身魚フライも。

1904_麥白身.JPG

揚げたてサクサクです。
個人的にはたっぷりのタルタルがうれしい。

秋田あくらビールの春霞IPA。

1904_麥あくら.JPG

飲み口は甘味が強めで、ドライな印象が強く、
ジューシーさは控えめ。
アルコール度数が7.5%あるんですが、
それを感じさせないのがすごいですね。
同じレシピで作ったとは思えない。

最後は鶏串カツ。

1904_麥串.JPG

鶏が大きくてしっかりしてます。
玉ねぎも甘くて、バランスがいいですね。

どのビールも食べ物もおいしかったです。
ふらっと寄ってちょっと飲むにもいいお店で、
近所に会ったらいいなぁ、なんて思ってしまいました。

食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140211/14064013/
Facebook:https://www.facebook.com/mugiya2016/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:15| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

ヤッホーブルーイング バレルフカミダス

ヤッホーブルーイング バレルフカミダスをいただきました。

1904_ヤッホーバレル.JPG

色は濃い茶色。
鼻を近づけると甘く煮詰めたレーズンのような香り。
あんこや味噌のような甘辛な印象もあります。

このビール、2つのヘビーグレーンウイスキーバレルと、
5つのモルトウイスキーバレルに入れられて熟成されたもので、
7種のビールをバランスよくブレンドしているとか。
ウイスキー樽の香りがしっかりと香っている印象があります。

飲んでみるとカラメルのような甘さが加わります。
アルコール度数が11.5%あるので、
しっかりとしたハイアルコール感もあります。

どっしりとして、ぐいぐいはもちろん飲めません。
ただ、とってもまろやかな印象があって、
この手のビールの中では飲みやすい部類なのではないかと思うんです。

いいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:37| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

Vizir FUN TIME

Vizir FUN TIMEをいただきました。

1904_VizFT.JPG

色は薄めの黄色。
しっかりと濁りが見て取れます。

鼻を近づけるとカカオのような香り。
甘みはないので、チョコレートよりもカカオ寄りです。
液温が上がってくるとだんだんと穀物っぽく感じてきます。

飲んでみるとその香りは穀物っぽい香りに変わります。
少し酸味があって、苦みは少なめ。

スタイルはラガーなんですよね。
スロベニアのビール、初めて飲んだんですが、面白いです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:41| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

ASAHI 瞬冷辛口

ASAHI 瞬冷辛口をいただきました。

1904_AS瞬冷.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
苦みがそれなりに会って、しっかりとドライ。
以前感じていた強い冷感が落ち着いた気もしますが、
飲み比べてみないとわかりませんね。

ということで、新旧を飲み比べ。

1904_AS瞬冷飲み比べ.JPG

見た目はまあ、変わりませんね。
鼻を近づけた時の印象は、新しいほうがはっきりとしています。

飲んでみると最初の一口は
以前のもののほうが冷たさを感じます。

サイズの違いもあったのかもしれませんね。
以前のものはノーマルと飲み比べても
はっきりとわかるほど涼感があったと記録しています。
新しいほうはそれほど強く感じる涼感はありません。
ただ、まあ少し冷たく感じますけど。

またそちらとも飲み比べてみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:16| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

KIRIN 一番搾り<超芳醇>

KIRIN 一番搾り<超芳醇>をいただきました。

1904_KI超芳醇.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとしっかりと麦の印象。

飲んでみるとその印象が強くなります。
しっかりとコクがあって、苦みもあります。

ただ、後を引くかというとそうではなく、
すっきりとした印象です。

このあたりがこのビールのすごいところだと思うんです。
濃いけどすっきり。
いいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:36| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

Innovative Brewer SORACHI1984

Innovative BrewerのSORACHI1984をいただきました。

1904_SASORACHI1984.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘く、メロンのような香り。
すこしウッディでもあります。

飲んでみると、甘さもありながら、
わさびのようなスパイシーな香りも感じます。

飲み口も最初に甘みがあって、
後からしっかりとした苦みがあります。

ただ、切れが良いので、すっと飲めてしまいます。

解説にはこんなことが。

1904_SASORACHI1984解説.JPG

『1984年に北海道の空知郡上富良野町で生まれ、
最多の苦難を乗り越え世界に認められた伝説のホップ「ソラチエース」。
そんな、世界を驚かせた日本のものづくりに誇りを感じながら、
ソラチエースが醸す「凛として、香り立つ」味わいをお楽しみください。』

このホップの香り、とても癖があるので、
好き嫌いがはっきりと分かれそうです。
だからこそ、1度は飲んでみて、確かめてみてほしいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:04| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする