2018年06月18日

Asahi 隅田川ブルーイング GOLDEN ALE

Asahi 隅田川ブルーイング GOLDEN ALEをいただきました。

1806_AS隅田川GA.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘いホップの香りがします。
バレンシアオレンジのような香りです。

飲んでみてもしっかりと香ってきます。
コクがあって苦みがあり、いいバランスのゴールデンエール。

もう少し華やかさがあってもいい気がしますが、
落ち着きがあっておいしいビールとも言えます。

隅田川ブルーイングのビールって、
アサヒのおひざ元でしか飲めないイメージがあったのですが、
コンビニ限定とはいえ一般に売り出されたということは、
そのうち、そのほかのビールも出てくるんでしょうか。

楽しみなところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:56| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

志賀高原ビール New Engi-Land IPA

志賀高原ビール New Engi-Land IPAをいただきました。

1806_志賀NewEngi.JPG

色は薄目の茶色。しっかりと濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとクリーンで甘いピーチやライチ、
グレープフルーツのような香り。

飲んでみても、その印象は変わりません。
鼻から抜ける香りがとってもジューシー。
甘みが少しあって、そのあと、しっかりと苦みが来ます。
ただ、やりすぎ感ではない印象。

すごくジューシーでみずみずしさがあり、
つい、ぐいっと行ってしまいそうな、危険なビールです。

印象としてはHouseIPAに似ている気もするんですが、
アルコール度数があちらよりは低いので、
より飲み口が軽いというか、ごくごく行ってしまいそうな印象です。

このビール、限定で何度か販売されているんですが、
すぐに売り切れてしまうので、今回初めて購入できました。
飲んでみて納得の、うまいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:44| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

KIRIN 一番搾り 超芳醇飲み比べ

KIRIN 一番搾りと超芳醇飲み比べてみました。

1806_KI一番搾り飲み比べ.JPG

色は超芳醇のほうが若干濃いめ。
鼻を近づけた時の香りは意外とノーマルが強い。
一番搾りはホップ、超芳醇は麦という印象です。

飲んだ時の香りの印象も同じですね。
飲み口は超芳醇は甘みとコクがしっかりとしている。
それに比べると、一番搾りは軽い印象があるんですが、
苦みがしっかりと感じられます。

どちらもあとはすっきりとしていて、飲みやすい。
ノーマルはいつでも飲める感じがしますが、
超芳醇は2杯目以降がおすすめ。

比べてみてもやっぱり超芳醇はうまいなと思うわけです。
飲みごたえのある一番搾り、いいですねぇ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

SAPPORO LEVEL9 贅沢ストロング

SAPPOROの新ジャンル、LEVEL9 贅沢ストロングをいただきました。

1806_SALEVEL9.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘い香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
飲み口も甘めで、鼻に抜けるアルコールの香りが
ガツンと来る印象です。

飲み口もまったりしていて、
コクがしっかりとある感じで、
高いアルコール度数も相まって、
グイっといけるビールではありません。

原材料はこんな感じ。

1806_SALEVEL9原材料.JPG

麦芽、ホップ、大麦、糖類でできた発泡酒と
大麦のスピリッツでできた、アルコール度数9%のビール

一口ごとに酔いを実感できる(?)ビールなので、
1杯で酔いたい、というときにはお勧めできるビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:08| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

BREWBASE BEER Eazy Ride IPA

BREWBASE BEERのEazy Ride IPAをいただきました。

1806_BBERIPA.JPG

色は薄目の茶色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとライチのような甘い香りと、
少しヨーグルトっぽい発酵臭がしてきます。
後から少し焦げたような香りに変化していきます。

飲んでみるとスモーキーな香りが強くなる印象。
甘みが強めにあって、苦みはそこまで強くありません。
グイっと飲むよりまったり飲むIPAに感じました。

このビール、雑誌のDaytonaとWebマガジンのTRANSPORTER、
常陸野ネストビールが企画したビールだそうです。
「あらゆる遊びのシーンにマッチするビール」というのが
コンセプトということで、遊び×ビールというのは面白い感じがしました。

原材料がこんな感じ。

1806_BBERIPA原材料.JPG

『麦芽・ココナッツ・ホップ』ということで、
ココナッツが含まれるのが特徴的。
これが香りの原因のような気がしました。

で、この原料を確認してから飲むと、
ライチとか発酵臭ってもうココナッツとしか思えないんですよね。
自分の鼻はなかなかあてにできないなぁ、なんて思いながら、
面白いビールだと思いました。

成城石井か常陸野ネストビールから購入可能。
気になる方は、ぜひ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:01| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

KIRIN GRAND KIRIN 雨のち太陽、ベルジャンの白

KIRIN GRAND KIRIN 雨のち太陽、ベルジャンの白をいただきました。

1806_KIGKベルジャン.JPG


色は薄め。
鼻を近づけるとみかんのような甘い香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
甘みが少しあって、苦みはほぼなし。

すごく軽い飲み口で、すっと入ってきます。

解説にはこんなことが。

1806_KIGKベルジャン解説.JPG

『爽やかで飲みやすい味わいと、
華やかなオレンジピールの
余韻を楽しめるベルジャンホワイトタイプです。』

オレンジピールの香りがそこまで強くなく、
コリアンダーはほぼ主張しないんですよね。

香り強いほうが好きな人にはお勧めできませんが、
これから暑くなる日が多いので、
外でゴクッと飲むのにはいいかもしれませんね。

ベルジャンホワイトの入門として
いいビールなんじゃないかと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:21| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

KIRIN 一番搾り 超芳醇

KIRIN 一番搾り 超芳醇をいただきました。

色は少し濃いめの黄金色。
鼻を近づけるとホップよりも麦の印象が強く感じられます。

1806_KI一番超芳醇.JPG

飲んでみてもその印象は変わりません。
鼻に抜ける麦の香りが心地いいんです。
甘みが先行して、あとから少し苦みが来ます。

見た目よりコクがあって、ちょっとねっとりとした印象。
飲んでいて、濃ゆいなぁ、と思いました。
ただ、アルコールの高さ(6%)からくる
濃さではないと感じられるのがポイントです。

解説にはこんなことが。

1806_KI一番超芳醇解説.JPG

『お、濃いのにすっきり。
たっぷりの麦と
一番搾り製法だからできた味。』

たしかに、すっきりもしているんですよね。
この味わいがノーマルの一番搾りと同じお値段で買えるのも
すごいことだなと思いました。

おすすめです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:46| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

川崎 プラチナフィッシュ クラフトビアバル アトレ川崎

川崎の駅ビル3F(駅と同じ階)にある
プラチナフィッシュクラフトビアバルに行ってきました。

1806_プラチナフィッシュ外観.JPG

新橋、銀座、神谷町に系列店があるプラチナフィッシュグループのひとつ。
近くには何度か行っていたのですが、訪問は初めて。

ビールメニューはこんな感じでした。

1806_プラチナフィッシュBメニュー.JPG


タップにはわかりやすくビールの種類が書いてあります。

1806_プラチナフィッシュタップ.JPG


まずはこちらから。

1806_プラチナフィッシュ富士櫻ヴァイツェン.JPG

富士櫻高原ビールのヴァイツェン。
香りといい、味わいといい、いつどこで飲んでも外しません。

ご飯は食べてしまっていたのでつまみは軽く。

1806_プラチナフィッシュジャーキー.JPG

北海道帯広産ビーフジャーキー。
ちょっと生というか、乾燥しきっていない歯ごたえのあるジャーキー。
塩気も強すぎず、のんびりと食べられます。

2杯目はメニューにはなく、タップに書いてあったのでこちらを。

1806_プラチナフィッシュたぢはっこ.JPG


青森のbe easy brewingのたぢはっこIPA。
店員さんに聞いたところ「普通のIPAですよー」と言われたのですが、
香りはレモンや甘めのオレンジのよう。
飲んだ後はちょっとスパイシーさがあって、苦みは少なめ。
あとからちょいニガな印象のちょっとおもしろいIPAでした。

be easy brewingのビールは初めて飲んだので、
ほかのビールも気になってしまいました。

ここのお店の特徴は隣に冷蔵庫があって、
いろんなビールをお持ち帰りできること。

1806_プラチナフィッシュ冷蔵庫1.JPG

国内のクラフトビールがいろいろと並んでいるさまは
壮観ですよね〜。

1806_プラチナフィッシュ冷蔵庫2.JPG

川崎駅には「アトレ改札」というものがあり、
そこから出て左に少し歩いて行ったところ。
アクセスしやすいのもいいところですよね。

今度はもう少しおなかがすいているときに
また行ってみたいと思いました。

食べログリンク:https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14070483/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:50| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

KIRIN のどごし<生> リニューアル

先日リニューアルされた、KIRIN のどごし<生>をいただきました。

1806_KIのどごし.JPG

リニューアルされたKIRIN のどごし<生>をいただきました。
色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると辛めのホップの香りが少し。

飲んでみるとその香りはなくなります。
味わいは薄く、苦みが少し感じられる程度。
炭酸の刺激が強くて、のどにグッとくる感じ。
そしてさっと口からなくなります。

以前ののどごしってなんだか雑味が強かった印象があるんですが、
ある程度スッキリした感じがしました。
ただ、液温が上がってきたときに感じるアルコール感はちょっといただけません。

ビール単体で楽しむのではなく、
味の強いものと合わせて口の中をリフレッシュするには
いい新ジャンルなのかもしれません。

ちなみに、原材料はこんな感じ。

1806_KIのどごし原材料.JPG

ホップ、糖類、大豆たんぱく、酵母エキス。
たまに出る派生のものは「リキュール類」で、
こちらは「そのほかの醸造酒」、というスタンスは変わっていないようです。

さて、次のリニューアルはいつになるのか。
その時はどう変わるのか、楽しみなところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:52| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

志賀高原ビール KASUMI IPA for 仙人

志賀高原ビール KASUMI IPA for 仙人をいただきました。

1806_志賀高原KASUMI.JPG

色は薄めの黄色。
しっかりと濁っています。

鼻を近づけるとグレープフルーツの皮のような香り。
飲んでみてもその香りは衰えません。

最初は甘くて、あとからしっかりと苦いんですが、
後はひかない苦さ。そして、少しドライにも感じます。

解説にはこんなことが。

1806_志賀高原KASUMI解説.JPG

『玉村本店の"仙人"の結婚を祝う、ヘイジーなセッションIPA。
俗世界での暮らしを選んだ男の明るい未来と、「霞を食っても
生きていける」のを忘れないリラックスした人生を祈っています』

霞と濁りをかけて、志賀高原ビールの特徴でもある
ホップがしっかりときいたセッションIPA。

アルコール度数も低いのでぐいぐい飲めてしまいます。
良いIPAでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:40| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする