2017年01月18日

KIRIN BRAU MEISTER

KIRIN BRAU MEISTERをいただきました。

1701_KIブラウマイスター.JPG

色は少し濃いめ。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると苦めのホップの香りがしっかりとしてきます。

飲んでみると、ホップの香りは少し落ち着きますが、
麦の印象も出てきます。

コクがあって、苦みもしっかり。
いや、うまいですねぇ。

解説にはこんなことが。

1701_KIブラウマイスター解説.JPG

『キリンのビール醸造職人たちが目指した
飲み飽きることのない、芳醇でしまりある味わい』

何杯も飲めるかというとそうでもないんですが、
何度でも飲みたいビールであることは確か。

セブン&アイ限定で先行販売されています。
先行販売ということはそのうち色々なところで
買えるようになるんでしょうか。

それまではセブンイレブンに通うことになりそうです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その4(中国・九州編)

ご当地一番搾りの飲み比べ、中国・九州編です。

まずは岡山づくり。

1701_一番搾り飲み比べ岡山.JPG

色はよく見る黄金色。
きめのいい泡ができますが、もちはいまいち。

鼻を近づけるとクリームのような甘めの香りが。
飲んでみるとホップの香りがうっすらとしてきます。
やっぱりちょっと甘めの印象。

苦みは最初にきっちりと感じますが、あとには残りません。
後味もすっきりな感じですね。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ岡山解説.JPG

『気の合う仲間と、食や会話をじっくりと楽しむために。
岡山県産雄町米を使って、上品なうまみと、すっきりとした後味の一杯に仕上げました。
瀬戸内の食材とともに、落ち着いて楽しめる、岡山の幸せな時間にぴったりの一杯です。』

最後は福岡づくり。

1701_一番搾り飲み比べ福岡.JPG

色は薄めできめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲んでみると少しモルトの印象が強くなります。
しっかりと苦くて、麦の印象がしっかりとありますね。
なんとなく、今まで飲んだなかで一番、一番搾りに近い気がします。
濃い一番搾りという感じで、コクが強めかなぁ、と。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ福岡解説.JPG

『仲間と時間を忘れて、とことん盛り上がるために。
地元の濃い味の料理に負けない、福岡県産麦芽の力強い
うまみを引き出しました。すっきりした後味で、
気持ちよく飲める、福岡だけのしあわせた時間を堪能する一杯です。』

なるほど。印象とぴったり合う感じがします。

気になったのはこのビールだけスチール缶であり、
それを強調しているところ。

1701_一番搾り飲み比べ福岡缶.JPG

調べてみると、このビールは九州にこだわりを持っているので、
新日鐵住金株式会社 八幡製鉄所製造のスチール缶を使用しているそうです。
なるほど、納得の感じです。

仲間と、地元の料理とに合わせている各地の一番搾り。
個人的には名古屋づくりと福岡づくりが好みでした。
現地に行ったらその土地の一番搾りと料理を合わせてみるのも面白いかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その3(中部・関西編)

ご当地一番搾りの飲み比べ、中部・関西編です。

まずは名古屋づくり。

1701_一番搾り飲み比べ名古屋.JPG

色は少し濃いめで、泡立ちはいまいちでもちもあまりよくありません。
鼻を近づけるとホップよりもモルトの印象が。

飲んでみてもその印象は変わりません。
コクがあって、想像していたよりも濃いビール。
どこかのプレミアムビールに似ている気もします。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ名古屋解説.JPG

『地元の仲間や家族と、和気あいあいと盛り上がるために。
なごやめしの濃厚な味わいにも負けない、味と色の濃いビールを、
とことん追求しました。大切な人との時別な時間をしあわせにする、
名古屋だけの、でらうまい一杯を、どうぞ。』

確かに、味噌カツにも負けなさそうな味わいでした。

そして、滋賀づくり。

1701_一番搾り飲み比べ滋賀.JPG

色は薄めで、きめ持ちともにいい泡ができます。
香りは薄いんですが、ちょっと柑橘系の香りがします。

甘みがあって、苦みは少なめ。
ちょっと薄いかなぁ、という印象。

解説がこちら。

1701_一番搾り飲み比べ滋賀解説.JPG

『なじみの仲間となじみの場所で、ゆったりと楽しむために。
滋賀県産大麦麦芽のすっきりしたうまさを、
じっくり堪能できる一杯に仕上げました。
ホップの華やかな香りがうれしい、滋賀のしあわせなひとときを
楽しむ一杯を、どうぞ。』

すっきりしているところはくみ取れました。
ホップはもう少し、ですかね。

最後は神戸づくり。

1701_一番搾り飲み比べ神戸.JPG

色は薄め。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘めのフルーティーな香り。

飲んでみるとその香りは控えめになりますが、
それなりに香ってきます。
苦みは少なめで、すっきりクリアな印象。

解説がこちら。

1701_一番搾り飲み比べ神戸解説.JPG

『いつもと同じ仲間と、いつもとちがう時間を過ごすために。
地元産山田錦のすっきりとした味わいを活かして、
フルーティーな香りのビールに仕上げました。
洗練されたうまさが広がる、神戸のしあわせな時間を彩る一杯です。』

このフルーティーさとすっきりかんは山田錦から来ているんですかね。

この3種類も個性があって面白かったですね。
この中では名古屋づくりがダントツの好みでした。
さて、あと2つはどんな感じでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その2(東北・関東編)

さて、ご当地一番搾りの飲み比べ、東北・関東編です。

まずは東北代表、仙台づくり。

1701_一番搾り飲み比べ仙台.JPG

色はいつものビールと同じ。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけるといつものいちばんしぼりのような、
少し辛めのホップの香りがしてきます。

きりっとした苦みがあって、後味は少し甘い印象。
副原料で米を使っているんですね。なかなかおいしい。

解説はこちら。

1701_一番搾り飲み比べ仙台解説.JPG

『地元の仲間たちとの粋な語らいに。
宮城県産のササニシキと東北産ホップを存分に活かし、
すっきりとした味わいに仕上げました。
地元の旬の食材とともに、腰を落ち着けて楽しめる。
宮城のしあわせな時間を、じっくり味わう一杯です。』

確かにすっきりとしていて、つまみを邪魔しない感じですね。

さらに取手づくり。

1701_一番搾り飲み比べ取手.JPG

泡が多めなんですが、持ちがいまいちなところと、
ホップの印象が少し甘めなのが特徴だと思います。
こちらも軽くてすっきり。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ取手解説.JPG

『地元の仲間と、のんびりゆっくり楽しむために。
しっかりとした飲みごたえと、心地よい香りを両立する一杯をつくりました。
地元の豊かな食材とともに、いいあんべに楽しめる。
茨城だけの一番搾りで、しあわせなひとときを。』

ちょっと印象とは違いますが、
豊かな食材とともに楽しめるのは間違いなさそうです。

最後はわが神奈川の横浜づくり。

1605_KI横浜づくり.JPG

こちらは以前の印象を引きついで、甘みが強めの印象です。

各地の一番搾り、それぞれ印象が全く違うので、面白いです。
好みでいうと、仙台づくりがいいですかね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その1

ご当地の一番搾りを発売しているKIRINですが、
なかなかほかの地域のものを飲む機会がありません。

ただ、こんな魅力的なものが12/20から販売になっているようです。

1701_一番搾り飲み比べセット.JPG

近所のスーパーで思わず手に取ってしまいました。

横には9工場の一番搾りの外観と、

1701_一番搾り飲み比べセット外観.JPG

セットの内容が。

1701_一番搾り飲み比べセット内容.JPG

解説まで入っています。

1701_一番搾り飲み比べセット解説.JPG

これを見ながら飲むのも楽しそうですよね。

飲む順番を考えてみたんですが、やっぱり北から。

まずは北海道づくりです。

1701_一番搾り飲み比べ北海道.JPG

色はクリアな黄金色ですが、
泡立ち、泡持ちともにいまいちな感じです。

鼻を近づけると甘辛なホップの香り。
少しオレンジのような柑橘系の香りもしてきます。

飲んでみるとその香りは弱めになります。
甘みが少し強めで、苦みが控えめなような気がしますね。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ北海道解説.JPG

『地元の仲間と何も気にせずドーンっつ楽しむために。
雄大な自然が育んだ名水と道産米から、澄み切ったおいしさを引き出しました。
柑橘系のさわやかな香りで、すっきり飲み飽きない。
北海道のしあわせな時間に似合う一杯です。』

確かに少し柑橘っぽい香りがしましたね。
これをあわせるなら北海道の何かなぁ、と考えてみるのも
楽しいかもしれません。

あと8つのビール、これから飲み比べをしていきたいと思います♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

ドイツ KARLSBRAU

ドイツのビール、KARLSBRAUをいただきました。

1701_カールス.JPG

色は黄金色で、きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけるとドイツホップらしい香り。
草原の香り、とでもいえるでしょうか。

飲んでみると程よくホッピーな印象。
少し滑らかな飲み口なんですが、
まずは苦みがガツンときます。
その苦みがじわじわとひいていく感じが面白いですね。

たぶんスタイルはピルスナー。
そして、アルコールは5%で飲みやすいんですよね。

いいビールでした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

NEW BELGIUM SNAPSHOT

NEW BELGIUM SNAPSHOTをいただきました。

1701_NBSNAPSHOT.JPG

色は薄めで濁りが見て取れます。
きめ持ちともにいい泡ができますが、泡の量は少なめ。

鼻を近づけるとしっかりとオレンジピールの香りがします。
飲んでみるとその香りは控えめになります。

少し酸味がありつつ、苦みはほぼゼロ。
スパイシーな印象があります。
なめらかで飲み口がとてもいい感じです。

なかなかいい1杯でした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

SPEAKEASY BABY DADY

SPEAKEASY BABY DADYをいただきました。

1701_SPEAKBD.JPG

色は少し薄め。泡持ちはいまいちです。
鼻を近づけると柑橘系の香り。
飲んでみてもその印象は変わりません。

きっちりと苦みがあるんですが、その反面のどごしはいい感じ。
苦みはあとまで残るくらいはっきりしていますね。

セッションIPAなので、トータルでは軽いんですが、
その苦みが特に際立ったビールになっていると思います。

缶の上の遊び心もいいですよね。

1701_SPEAKBD TOP.JPG

見かけたらぜひ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

エチゴビール FLYING IPA

エチゴビール FLYING IPAをいただきました。

IMG_2402.JPG

色は薄めの茶色。少し濁りが感じられます。
泡は少なめですが、結構強い泡ができますね。

鼻を近づけるとはっきりとグレープフルーツのような香りが。
ン飲んでみてもその印象は衰えません。

しっかりと苦みがあって、見た目よりも重めの印象。
なかなかいいIPAですね。

このパッケージは目立ちますよね。
いいIPAなので、見かけたらぜひ。

2016年も今日で最後。みなさま、よいお年&よいビールを♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

常陸野ブルーイングラボ 秋葉原

秋葉原にある、常陸野ブルーイングラボにいってきました。

1612_ネスト雰囲気.JPG

カウンターはこんな感じで、お店と同じできれいな感じ。

1612_ネストカウンター.JPG

フードは瓶に詰められているものが多くて、
カウンターで目を引きます。

1612_ネストディスプレイ.JPG

目を引くといえば、サーバもやっぱり素敵ですね。

1612_ネストサーバー.JPG

この日のメニューはこんな感じ。

1612_ネストBメニュー.JPG

最初に飲んだのは塩梅エールでした。

1612_ネスト塩梅.JPG

本当に梅のキャラクター(特に香り)が出ていて、
すっぱくて面白いビールでした。

さらに定番のニッポニアや、

1612_ネストニッポニア.JPG

ジャパニーズクラシックエールも。

1612_ネストJCA.JPG

FOODもいろいろいただいたんですが、
特に印象に残ったのが2つ。まずはサバサンド。

1612_ネストサバサンド.JPG

サバをサンドイッチに?!とおもいますが、
これがなかなかビールに合います。

そして、酒粕クラッカー。

1612_ネスト酒粕クラッカー.JPG

思ったよりも重厚で、食べごたえのあるクラッカーでした。
このクラッカーを食べているときに合わせたいと思ったのが、
ブルックリンブルワリーのQUADRACERATOPS。

1612_ネストブルックリン.JPG

甘酸っぱいレーズンのような香りと、
どっしりとしたボディー。
アルコール度数がほぼ10%なので、
なかなか重厚なビールでしたが、
クラッカーもなかなかどうして負けていません。

常陸野ネストビールの直営店なのでビールの品質は太鼓判。
なんのFOODを合わせるか、考えてみるのも面白いですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする