2016年08月31日

SUNTORY PREMIUM MALT'S <秋>香るエール

SUNTORY PREMIUM MALT'S 香るエールの秋版として、
8/30に発売されたSUNTORY PREMIUM MALT'S <秋>香るエールをいただきました。

1608_SU香るエール.JPG

色は透き通った茶色。
きめ細かい泡ができますが、持ちはいまいちです。

鼻を近づけると華やかなホップの香りが先行。
あとから焙煎の香りもしてきます。

飲んでみると香りは少なめになりますね。
少し苦くて、ちょっとのコクを感じます。
ひっかかりがないのでドリンカビリティは高い印象です。

缶にはこんな一言も。

1608_SU香るエール解説.JPG

フルーティーで芳醇。
<秋限定醸造>濃色タイプのエールビールです。

良いビールなんですけど、
もう少しフルーティーさも芳醇さも感じられるといいな、と思いました。

合わせるとしたらナスの煮びたしとかいいなぁ。
それから、豆ごはんも。
甘みに合う印象がありました。

秋の味覚と一緒にいかがですか?

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ジャパンプレミアムブリュー 伝説のSORACHI ACE

ジャパンプレミアムブリューの『伝説のSORACHI ACE』をいただきました。

1608_SORACHI1.JPG

色は黄金色。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけるとホップの印象なんですが、
すごく複雑な香りがします。
大根やワサビのような辛めの香りだったり、
バニラのような甘い香りだったり、
ヒノキのような力強い香りも。

飲んでみても複雑なホップの香り。
強くはないんですがしっかりと苦くて、すっと消える。
後味すっきりな印象です。
強烈な香りとのギャップがすごいですね。

このビール、Amazonで買えるんですが、
ソラチエースの解説をつづった説明書もついてきました。

1608_SORACHI1解説.JPG

1984年に日本で生まれながら、
活躍の場ばなくてアメリカに渡って、
人気が出てきて逆輸入された様子が。
こういった形で物語が見えるのは面白いですよね。

香りが強烈なだけに、好みがわかれそうですが、
逆に香りが大丈夫であればお勧めなビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

青葉台 KEEL'S BAR

久しぶりに青葉台のKEEL'S BARに行ってきました。

1608_KEELコースター.JPG

この日は沖縄フェアがやっていたということで、
ビールのラインナップはこんな感じでした。

1608_KEELBメニュー.JPG

最初はもちろんスーパードライ。

1608_KEELドライ.JPG

相変わらずきれいで、甘みを感じるドライ。
いいですね。

お通しはこちら。

1608_KEELお通し.JPG

バケットにクリームチーズが載せられています。
おしゃれですねー。

最初はそんなおしゃれなお通しとは真逆の(?)サバスモーク。

1608_KEELサバ.JPG

しっかりとスモークの香りが感じられます。
奥に添えられたなめらかなマスタードがまた合うんですよね。

ビールはニヘデビールのOKINAWA IPA。

1608_KEEL沖縄IPA.JPG

柑橘系の香りがしっかりしています。
少し甘みが感じられて、切れのいい苦みがあります。
コクもあるんですが、ドリンカビリティの高いIPAですね。

メインにチキンバスケット。

1608_KEELチキンバスケット.JPG

ここに来たら頼まなきゃの定番。
チキンが柔らかで、しょうがの香りが食欲をそそります。
ポテトもほくほくでいい塩加減。
ビールが進みますね。

次に、アウグスビールのスノーブロンシュを頼もうと思ったのですが…。

1608_KEELアウグスブロンシュ.JPG

打ち抜きということで、少しだけいただきました。
ジャスミンのような香りで飲んでみると少し甘みを感じます。
苦みはなく吸いっと飲みやすい。これは頼みたかったと思いつつ、
少しでも出していただけたことに感謝ですね。

気を取り直して、箕面のヴァイツェン。

1608_KEEL箕面ヴァイツェン.JPG

バナナのような香りがしっかりしていますね。
甘みとすっきりさが感じられる、いいヴァイツェンだと思います。

締めに頼んだのは沖縄そば。

1608_KEEL沖縄そば.JPG

沖縄フェアと聞いていたので、締めにはこれを頼まねば、
と思っていた一品。
麺がしっかりしていて、スープも優しい感じ。
唯一、スパムのパンチが利いて、全体のバランスが取れている印象。
いや、おいしいですねー。

今度はノーマル営業の時にまた来たいですね。
スーパードライを飲みに♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

KIRIN 秋味 堪能

KIRIN 秋味 堪能をいただきました。

1608_KI秋味堪能.JPG

色は薄めの茶色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけるとモルトの印象。
時間がたつと甘みが強くなってきます。

飲んでみるとモルトの印象はより強くなります。
しっかりとした苦みがあり、あとから少し甘みも感じますね。
それなりにコクもあってどっしりしています。

液温が上がるとちょっと渋みが出てくる印象もありますが、
のんびり飲みたいビールでもあります。

瓶にはこんな解説もありました。

1608_KI秋味堪能解説.JPG

『飲むほどに広がる華やかな香りと麦の甘み。
静かな秋の夜長に濃い時間をかみしめたい、
とっておきの夜にご堪能ください。』

確かに、秋の夜長にはぴったりなビールだと思います。

ノーマルの秋味との主な違いはこんな感じです。
(ノーマル秋味→秋味 堪能)
麦芽使用料 1.3倍→1.5倍(キリン ラガービール比)
アルコール度数 6%→7%
副原料 使用→不使用

麦芽の部分とか、アルコール度数は顕著に出ている印象があります。
副原料はやっぱりすっきり感に作用しているんですかね。

26年目の秋味に対して、初めてのスピンオフのビール。
そして、秋味よりもより涼しくなった時期にほしいのにこの時期の発売が残念。
1か月後に残っていてくれていればいいんですが。

もし本当に涼しくなってからの発売だったら、
その時期からの秋ビールで独り勝ちだったんじゃないか、
なんて思ってしまうのは、自分だけでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

KIRIN 秋味

KIRIN 秋味をいただきました。

1608_KI秋味.JPG

色は黄金色。きめのいい泡ができます。
鼻を近づけるとホップの香り。
ちょっと麦の香りもします。

飲んでみると麦の印象が強くなります。
優しい苦みで後味すっきり。

見た目よりコクもありますね。
普通のビールよりも少し高いアルコール度数6%はだてじゃないです。

25年目の秋味もやっぱりおいしかった。
涼しくなるまで残っていてくれればいいんですが、
あるうちに買いだめしたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ASAHI クリアアサヒ 秋の琥珀

ASAHI クリアアサヒ 秋の琥珀をいただきました。

1608_AS秋の琥珀.JPG

色は薄めの茶色。きめのいい泡ができますが、
ほかの新ジャンル同様もちはあまりよくありません。

鼻を近づけると甘めの香り。
少し辛めのホップの香りもします。
最後にはアルコールっぽい香りも。

飲んでみるとちょっとアルコールの香りが目立ちます。
苦みは少なく、甘みが強めに感じられます。

若干、コクのようなものがあって新ジャンルの嫌な感じはほとんどありません。

これで、秋の新ジャンル3種類をすべて飲んだことになりますが、
どれもいい感じだなー、という印象です。
1杯目に飲むよりも、2杯目、3杯目に飲むほうがよりおすすめですが、
どの"秋"もお勧めできます。

秋まではまだ少し時間がありますが、
秋の夜長は新ジャンルをお供にしてみるのもいいかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

SAPPORO 麦とホップ 秋の薫り麦

SAPPORO 麦とホップ 秋の薫り麦をいただきました。

1608_麦ホ秋.JPG

色は薄めの茶色。きめのいい泡ができますが、持ちはよくありません。

鼻を近づけると少し焙煎の香り。
飲んでみるとそれをより強く感じる気がします。

ちょっと苦みがあって、
麦とホップ独特のコクも感じることができます。
なによりも、雑味が少なめなのが好印象です。

缶にはこんな解説が。

1608_麦ホ秋解説.JPG

『じっくり丁寧に焙煎した麦芽を一部使用。
香ばしい薫りと豊かなコクを実現しました。
麦とホップならではの秋のひと時をお楽しみください。』

新ジャンルなので色々と中途半端なのは否めませんが、
それをいいバランスでまとめているというか、
麦とホップってすごい、って思わせるビールに仕上がっていると思います。

新ジャンル党の方にはお勧めしたいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

SUNTORY 秋の旬味

SUNTORYの新ジャンル、秋の旬味をいただきました。

1608_SU秋の旬味.JPG

色は茶色。きめのいい泡ができますが、
もちはあまりよくありません。

鼻を近づけるとちょっと焙煎のような香りもしつつ、
やっぱりアルコールっぽい香りもしてきます。

飲んでみるとちょっとアルコールの香りは隠れる気がしました。
若干の引っ掛かりを残しつつ、後味は軽い感じ。

コストを考えると、だいぶ好印象だと思います。
第3のビールの実力を感じる、そんなビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

T.Y. HARBOR Brewery IPA

T.Y. HARBOR BreweryのIPAをいただきました。

1608_TYIPA.JPG

濁りがあって、色は濃いめの茶色。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると苦めの香り。
柑橘系なんですが、華やかというよりは、
果実の皮を焼いたような感じです。

飲んでみても、その印象は変わりません。
何となく、独特の香りですね。

最初に感じるのは甘み。
そして、そこまで苦くはないんですが、後を引く苦さがあります。

2010年にビアフェスで横浜市長賞を取ったときは
すごくクリアな印象があったんですが、今の印象はちょっと違います。

色々と進化している印象があります。
久しぶりに現地に飲みに行ってみたいなぁ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

金シャチビール IPA

金シャチビール IPAをいただきました。

1608_金シャチIPA.JPG

色は茶色。もちのいい泡ができます。
鼻を近づけても、飲んでみても、
香りはそんなに感じられず。

ただ、最初から最後までしっかり苦いんです。
そういう意味ではしっかりとホップが利いています。

最近、フルーティーなIPAが多い中、
イングリッシュスタイル的なIPAもいいなぁ、なんて思いました。

ただ、HPの解説を見ると、柑橘系ホップが香っているビールのようです。
もしかしたら、販売店の保管の仕方が良くなかったのか、
自分の鼻が利いていないのか…。

次に飲む時を楽しみにしてみたいと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

富士櫻高原ビール ヴァイツェン飲み比べ

富士櫻高原ビールの限定ビール、
サマーヴァイツェンとRoppongi Draft1を飲み比べてみました。

1608_富士櫻のみ比べ.JPG

サマーヴァイツェンのほうが色が薄くて、
泡のもちがとてもいい感じ。

鼻を近づけたときの香りは両方ともバナナのような香りですが、
飲んでみると、サマーヴァイツェンは香りが弱く、
Roppongi Draft1は香りが強くなる印象。

さらに、Roppongi Draft1は少しスパイシーで、
グラッシーなホップの香りもしてきます。

サマーヴァイツェンはさわやかで、軽くて、ちょっとドライ。
Roppongi Draft1は少しコクがある感じですね。

夏が合うのはやっぱりサマーヴァイツェン、
少しのんびり飲みたいのであればRoppongi Draft1でしょうか。

なかなか面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

富士櫻高原ビール Roppongi Draft1

富士櫻高原ビール Roppongi Draft1をいただきました。

1608_富士櫻RD1.JPG

スタイルはヴァイツェン。六本木の直営店のオープン記念に
醸造されたビールとのこと。

色は少し濃いめで、濁りが見て取れます。
泡はあまり多くないんですが、餅のいい泡ができます。

鼻を近づけるとしっかりとしたバナナの香り。
飲んでみるとそれが少しスパイシーな香りに変わります。

少しコクがあるんですが、
ちょっとホッピーな印象もあるので、
何となくヴァイツェンっぽくないんですよね。

でも、それも面白い感じがします。
サマーヴァイツェンとの飲み比べも面白いかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

富士櫻高原ビール サマーヴァイツェン

富士櫻高原ビール サマーヴァイツェンをいただきました。

1608_富士桜サマーヴァイツェン.JPG

色は少し薄め、濁りが見て取れます。
泡は細かくて強く、こんな感じになりました。

鼻を近づけるとしっかりとバナナのような香り。
飲むと香りは少しおとなしくなりますが、
しっかりと香ってきます。

全体的には軽い仕上がりになっていて、
さわやかでさっぱりしています。

夏らしくて、いいヴァイツェンですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

SUNTORY MASTER'S DREAM 飲み比べ

SUNTORY MASTER'S DREAM。
無濾過のものと、ろ過してある通常のものとを飲み比べてみました。

1608_SUMD飲み比べ.JPG

グラスに注いだ印象では、色にあまり違いはありませんが、
無濾過のほうが泡が強い感じがします。

鼻を近づけた時の香りも、ろ過されているほうが
よりクリアなホップの香りがします。

飲んでみても香りの印象は同じで、
ろ過されているほうがしっかりとする気がしますね。

苦みはろ過されているほうがとがっていて、
無濾過は丸い苦みの感じ。

なんだろう。全体的に無濾過のほうが丸くなってしまった感じがしています。
よく言えばまろやか、悪く言えばぼやっとしているんですよね。

比べてみると、ろ過されているほうがきつい場合は
無濾過のほうが好みになるのかと思います。
個人的にはろ過されているほうが好きかなぁ、と感じています。

ただ、ろ過と無濾過の飲み比べってなかなかできないと思うので、
大手のビールメーカーがこういうことをしてくれるのはうれしいですよね。

無濾過のMASTER'S DREAMはコンビニ限定。
ぜひ、2本買って飲み比べてみることをお勧めしたいです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

SUNTORY MASTER'S DREAM 無濾過

SUNTORY MASTER'S DREAM 無濾過をいただきました。

1608_SUMD無濾過.JPG

色は少し濃いめ。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると少し甘めの香りがしてきます。

飲んでみると、少しホップの香りがしてきつつ、
なんとなくチーズのような香りも。

苦みもそんなに強くはなく、ボディもそこそこ。

瓶にはこんな解説が。

1608_SUMD無濾過解説.JPG

『多重奏で、濃密。無濾過ならではのまろやかな味わい』

複雑なのはわかりましたが、濃密さは感じられませんでした。

初めて飲んだMASTER'S DREAMは香りも苦みもコクも強調されていて、
色々詰め込んだ感じがしていたんですが、
このビールはなんだか別物な感じがしてしまいました。

なんだろう、このもやもや感。
ぜひ、ろ過したMASTER'S DREAMとの飲み比べもしてみたいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

宇都宮 Blue Magic

宇都宮ブルワリーの直営、Blue Magicに行きました。

1608_BM外観.jpg

最初に選んだのは涼風(すずかぜ)。

1608_BM涼風.jpg

色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとシトラスのような香り。
飲んでみるとミカンのような香りもしてきます。
涼しい、というのがあっている印象ですね〜。

2杯目はレモンスタウト。

1608_BMレモンスタウト.jpg

香りが本当にレモンで、見た目と香りのギャップにびっくりします。
苦みが抑えられていて、少しドライ。
面白いビールですね。

あては餃子カシュー。

1608_BM餃子カシュー.jpg

お店に行く前に食べていたので、軽いもので。
香りが本当に餃子で、面白いカシューナッツでした。
なんだか癖になる感じで、このパウダーを販売されていたら
間違いなく買っていましたね。

お次はろまんちっく村のセッションIPA。

1608_BMロマンチック.jpg

鼻を近づけるとフローラルな香り。
酸味はあるんですが、苦みはそこまで感じません。
ドライな印象で、ごくごく飲むのにはよさそう。

最後はUSAペールエール。

1608_BMUSAPA.jpg

香りがしっかりとしていて、
シトラスとか、グレープフルーツの皮のような香り。
しっかりと香りがする割にはそこまで苦くないんですが、
いいペールエールだなぁ、と思いました。

行ったのはだいぶ前のことなので、
餃子と合わせ技で、またぜひ訪れてみたいビアバーです。

1608_BMコースター.jpg

宇都宮駅からは少し歩くので、早く行きたい人は路線バスがいいかもしれません。
ただ、その前に餃子ストリートがあるので、お勧めは歩き。
餃子&ビールも素敵ですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

SAPPORO カンパイエール

コンビニ限定発売のSAPPORO カンパイエールをいただきました。

1608_SAカンパイ.JPG

色は少し濃いめで、きめの細かい泡ができますが、
もちはあまりよくありません。

鼻を近づけると少し柑橘系の香り。
飲んでみるといつもの大手のビールのような
少し辛いホップの香りがしてきます。

炭酸が強めな印象で刺激が残る感じがします。
ただ、切れはいいんですよね。
この切れは副原料に米、コーンスターチが
使われていることからくるんでしょうか?

1608_SAカンパイ原材料.JPG

そして、解説にはこんなことが書いてあります。

1608_SAカンパイ解説.JPG

『思わず笑顔になる、華やかな香り。
驚くほどスムーズな、飲みやすさ。
ビール愛好家とともに「日本一の笑顔になれるビール」を目指した、
乾杯の輪をつなぐエール』

香りはそこまで華やかではないし、
炭酸がきつめなのでそこまでドリンカブルな印象もありません。
ただ、1杯目にごくごく飲むにはいいのかもしれません。

ビール愛好家がほしかったビールって、こういうビールなんでしょうか。
本当に作りたかったビールがほかにあって、万人に受けそうな方向にもっていった結果、
何となく丸くなってしまった、という感じなんですかね。

なかなか難しいなぁ、という印象です。

昨年一昨年といい印象の百人ビールがあったので、
来年はどんなビールになるのか、楽しみにしてみます。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

SUNTORY CRAFT SELECT BITTER ALE

SUNTORY CRAFT SELECT BITTER ALEをいただきました。

1608_SUクラセレビター.JPG

色は薄めの茶色。きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると甘めで、柑橘系のホップの香り。
オレンジ系ですかね。

飲んでみると少し香りは衰えますが、
それでもホップの香りがしっかりとしてきます。

きつくはないんですが、苦みがしっかりしていて後を引く印象。

缶にはこんな解説が。

1608_SUクラセレビター解説.JPG

『キリッとすがすがしい香りと
キレのいい苦み。』

いい感じに再現されていると思います。

スタイルでビターというと、
イングリッシュスタイルのビターを思い出しますが、
こういうビターもあるなぁ、と改めて確認してしまいました。
(スタイルでいうとスペシャルビターでしょうか)

なかなかおいしいビターだと思いました。


ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする