2016年10月28日

銀河高原ビール 白ビール

銀河高原ビール 白ビールをいただきました。

1610_銀河高原白.JPG

色は少し濃いめ。
はっきりと濁りが確認できます。
それから、いい泡ができますね。

鼻を近づけると少し酸味がありつつ、
オレンジの香りやスパイシーさを感じます。
飲んでみてもその印象は変わりません。

少し酸味があって、苦みはほぼなし。
何となく、ジューシーな感じがします。

解説にはこんなことが。

1610_銀河高原白解説.JPG

『フレッシュシトラスを思わせる華やかな香りと
酸味のオリジナルホワイトエール。
酵母沈殿時でも品質に問題はありません。』

ヴァイツェンではないんですよね。
ただ、オレンジピールやコリアンダーを使ったホワイトでもない。
これが、うまいんです。

お店でなかなか見かけませんが、あると買ってしまう。
そんなビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

KIRIN 一番搾り 熊本づくり

KIRIN 一番搾り 熊本づくりをいただきました。

1610_KI一番搾り熊本.JPG

色は少し濃いめ。ただ、泡はいまいちです。
鼻を近づけると焙煎のような香りもしつつ、
ほうじ茶のような香りもしてきます。

飲んでみるとその香りは薄めになりますが、
少し焙煎の香りが強くなる気がします。

甘みが先行しますが、苦みはしっかり。
コクもそれなりに感じられます。

解説にはこんなことが。

1610_KI一番搾り熊本解説.JPG

『熊本もんは、みんな、がまだしもん!
ひとつになって、前に進む力を持っている!
熊本の皆さまと、地元のことを語り合いました。
仲間と力を合わせ、いつも前向きにがんばる、
熊本の人に一番似合うビールをつくるために。
すっきりと、あとしまりのある味わいと、
火の国の"赤色"をイメージした一杯。
熊本の誇りを込めた一番搾りを、どうぞ。』

いろいろな意味をかみしめつつ、
おいしくいただきました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

SUNTORY PREMIUM MALT'S The Black

SUNTORY PREMIUM MALT'S The Blackをいただきました。

1610_SUPM黒.JPG

色はもちろん黒。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけるとしっかりと焙煎の香りと、
ホップの香りもしてきます。

飲んでみてもその印象は変わりません。
なめらかで、少し酸味もありつつ苦みもそこそこある。

あいかわらずおいしいなぁ、という印象です。

缶の解説にはこんなことが。

1610_SUPM黒解説.JPG

『厳選素材がもたらす豊かなコクとうまみ』
あんまり意味のない解説なので、無視してもいいと思いますが、
プレモルのホップの香りがしながら黒っていうのは
やっぱり唯一無二だと思うんですよね。

プレモル好きにはたまらない黒になっていると思います。
香り好きで、普通の黒では満足できない、という人にお勧めなビールだと思います。

売られているうちは何度か買ってしまいそうなビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

西小山 タイヨウ酒場

西小山にあるタイヨウ酒場に行ってきました。

ここは焼きトンをメインに居酒屋料理を楽しみながら、
クラフトビールと日本酒が楽しめるお店。
駅からのアクセスも徒歩数分でアクセスもいいんですよね。

1610_タイヨウ外観.JPG

雰囲気ありますね〜。

樽生ビールは8種類。
パイントが1000円でハーフが600円というわかりやすい設定です。
クラフトじゃなくてもいい人はスーパードライが500円で楽しめます。

最初に頼んだのは志賀高原ビールのベイビーブロンドミヤマ。

1610_タイヨウ志賀.JPG

アメリカンホップのしっかりとした柑橘系の香り。
苦みがきりっとしていてすっきりうまい感じです。

飲みながらメニューとにらめっこ。

1610_タイヨウ串Menu.JPG

全部惹かれてしまいますね。
このほかにも、壁にメニュー票がずらりと貼ってあります。

最初に頼んだのはもつ煮込み。

1610_タイヨウもつ.JPG

根菜までしっかりと柔らかい煮込み。
こういうところだと結構味がしっかり目のところが多いと思うんですが、
ここは本当にいいお味。ご飯とも合いそうでした。

1杯目が消えてしまったので、次は大山のヴァイツェン。

1610_タイヨウ大山.JPG

鉄板のうまさです。

このあたりで最初の串が到着。

1610_タイヨウたんハラミ.JPG

タンとハラミです。
塩で頼んだんですが、良い塩加減です。
そして、大きさも結構しっかりあってうれしいですね。

ワイマーケットの柳ケ瀬クロニクル。

1610_タイヨウワイマ.JPG

スタイルはアルトのようですが、
少しホッピーで、グラッシーな印象。
ドライで飲みやすい、面白いビールでした。

基本の枝豆も。

1610_タイヨウ枝豆.JPG

ちょっと固めにゆでられていておいしい。

珍しいところで、豚ののど肉も。

1610_タイヨウのど肉.JPG

かみごたえがしっかりとしていて、
かめばかむほど甘みが出てきます。

最後はうしとらのハーフステップペールエール。

1610_タイヨウうしとら.JPG

甘めの柑橘系の香り。
苦みもしっかりするんですが、すっきり系です。

家の近くにあったら通い詰めてしまいそうな、
危険なお店でした。

タイヨウ酒場:食べログリンク

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

AVERY BREWING IPA

AVERY BREWING IPAをいただきました。

1610_AIPA.JPG

色は茶色。きめ持ちともにいい泡ができますが、
泡は多くはありません。

遠くからでもしっかりと感じる柑橘系のホップの香り。
苦みのあるグレープフルーツのような香りですね。

飲んでもその香りは衰えず、しっかりとしてきます。

最初しっかり苦くて、あとから少し甘みを感じて、
最後はやっぱりと苦いという印象がありました。

結構どっしりとしているのですが、
アルコール度数は6.5%でそれほど高くありません。

これは素敵なIPAですね。
最後にゆっくり飲みたい一杯。
そんな感じです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

REVOLUTION BREWING FIST CITY

REVOLUTION BREWING FIST CITYをいただきました。

1610_RBFC.JPG

色は少し濃いめ。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると甘めの香り。
グレープフルーツのような香りですが、
裏にしょうがのような香りも感じます。

飲んだ後もその香りはしっかりとしてきますね。
そこまで苦くないんですが、苦みがシャープな気がします。
それよりも、香りが結構しっかりとしていて、
あとまで残る感じがしました。

香りといい、苦みといい、いいペールエールだなぁと。
見かけたらぜひおすすめしたいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

SUNTORY HOP TIME PM9:00

SUNTORY HOP TIME PM9:00をいただきました。

1610_SUHT9.JPG

色は少し薄めで、泡もちはよくありません。
鼻を近づけるとメロンのような甘い香りがしてきます。
裏に、シトラスや少しだけアルコールっぽい香りも。

飲んでみるとその香りはだいぶ抑えめになりますが、
シトラスのような香りはしてきます。

だいぶ甘みが先行している印象で、苦みはあとから薄く感じられます。
香りはいい気がしますが、味は新ジャンルなり、なんでしょうか。

解説にはこんなことが。

1610_SUHT9解説.JPG

『きらめく星空のようなフルーティでときめく味わい
シトラホップを使用したフルーティーでさわやかな香りが特長。
まさに、PM9:00きらめく星空に乾杯するのにぴったりの、
ちょっと気分がときめく味わいです。』

時間に着目したところは面白いビールだなぁ、と思いましたが、
この時間に飲みたいのってそういうビールだっけ?という疑問も感じました。

6:00と9:00どちらが好みかというと、PM6:00かなぁ。
でも、これを求めているのはどんな人なんだろう。

色々と、難しい新ジャンルですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

SUNTORY HOP TIME PM6:00

SUNTORYの新ジャンル、HOP TIME PM6:00をいただきました。

1610_SUHT6.JPG

色は少し濃いめ。泡持ちは新ジャンルらしく、よくありません。
鼻を近づけると甘めのホップの香り。

飲んでみてもそれなりにホップの香りがしてきます。
刺激が強めですが、飲み口は甘みが先行していて、
ほぼ苦みはありません。

解説にはこんなことが。

1610_SUHT6解説.JPG

『夕暮れの空のような華やかで優雅な味わい。
ハラタウブランホップを使用した華やかな香りが特長。
まさに、PM6:00夕暮れの空に乾杯するのにぴったりの、
ちょっと気分が優雅になる味わいです。』

缶の色は夕焼けのイメージなんでしょうか。
いつも新ジャンルを飲んでいる人であれば、
このホップの印象はちょっと違っていいのかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

銀河高原ビール ヴァイツェン

銀河高原ビールのヴァイツェンをいただきました。

1610_銀河高原ヴァイツェン.JPG

色は黄色。しっかりとした濁りが見えます。
きめ持ちともにいい泡ができますね。

鼻を近づけなくてもヴァイツェン独特のバナナのような香りがしてきます。
飲んでみてもその香りは衰えません。

甘みがあって、少し酸味も感じられます。
苦みはなく、見た目よりもコクがありますね。

何度飲んでもやっぱりうまいんです。

銀河高原ビールといえば、小麦のビールがありますが、
小麦のビールは加熱処理、ヴァイツェンは非加熱処理なんですね。
小麦のビールもおいしいですが、こちらもやっぱりおいしい。
ただ、よく流通しているのは小麦のビールのほうなので、
こちらのビールを見かけたら買ってみることをお勧めします。

銀河高原ビール:小麦のビールとヴァイツェンの違い
※3つ目のQA

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

第1回 Fresh Hop Fest in 東京に行ってきた

代官山にあるSPRING VALLEY BREWERY(KIRINの「クラフトビール」を醸造)で開催されている
第1回 Fresh Hop Fest in 東京に行ってきました。

1610_FHFのぼり.JPG

入り口でチケット(1,800円:入場料300円と300円チケット×5)を購入します。

1610_FHFチケット.JPG

フードや飲み物はこれと交換になりますし、
再入場の際にも必要になります。

この日のビールメニューはこんな感じでした。

1610_FHFビール.JPG

さらに、フードも結構充実しています。

1610_FHFフードメニュー.JPG

チケット1枚で交換できるものから、3枚必要なものまで。

お店の奥のカウンターに置かれています。

1610_FHFフード1.JPG

定番のものや、

1610_FHFフード2.JPG

「麦」と縁が深いものや、

1610_FHFフード3.JPG

「HOP」なものまで。

1610_FHFフード4.JPG

幅広いです。

そんなフードを横目にまずはイベントのために醸造された、
Hop Fest Lager 2016をいただきます。

1610_FHFFHL.JPG

香りが甘めで、苦みはそこまで感じられません。
ちょっと渋みがあるのが気になりました。

さらに、大山Gビールのヴァイエンホップ。

1610_FHFヴァイエンホップ.JPG

イチゴのような甘い香りの裏に、いつものヴァイツェンっぽい香りも。
ホップを前面に押し出していますが、苦みはやっぱり抑え目で、
バランスがいい印象でした。

いわて蔵ビールのエクストラスペシャルビターIBUKI。

1610_FHFESB.JPG

スタイルがイングリッシュスタイルESBということで、
飲む前の香りはほとんどなく、飲んだ後に麦茶のような
香ばしさを感じました。冷え冷えで提供されているので、
少し時間をかけて飲むのがいいかもしれません。

こちらもSPRING VALLEY BREWERYの
MURAKAMI SEVEN Fresh Hop 2016。

1610_FHFMS.JPG

MURAKAMI SEVENは今年デビューした新種のホップの名前だそうです。
柑橘系のフルーティーな香り。
結構強めの甘みが先行していて、苦みは控えめです。
面白いビール。

最後は常陸野ネストビールの
HITACHINO 20Freshhops Session IPA。

1610_FHFSIPA.JPG

醸造開始20周年を記念して20種類の異なるホップを使用して醸造したようです。
鼻を近づけると香りは甘めに感じるんですが、
飲んだ後はショウガのような少し辛みのある香りもしてきます。
確かに、香りは複雑ですねぇ。
しっかりと苦いんですが、全体的な印象は軽くて、さすがセッションIPAという感じです。

最近のブームに乗ってさぞ大盛況なのかと思いきや、
自分が行ったときはさほど込み合っておらず、快適に過ごせました。

1610_FHF会場.JPG

代官山での会期は明日まで。
今後、岩手、大阪、神奈川でも開催されるようなので、
興味のある方は行ってみると面白いと思います。

第1回 Fresh Hop Fest:公式HP
posted by きょう at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

KIRIN 一番搾り Single Malt飲み比べ

KIRIN 一番搾りの普通のバージョンとSingle Maltを
飲み比べて見ました。

1610_KI一番搾り飲み比べ.JPG

色は一目瞭然、Single Maltのほうが濃いですね。

鼻を近づけた時の香りはノーマルが辛めのホップの香りで、
ちょっととがっている印象があります。
Single Maltは少し甘めよりで、香りも柔らかな印象。

飲んでみると、Single Maltのほうがモルトのキャラクターが
出ている気がしました。

Single Maltはまろやかなんですが、しっかり苦く、
ノーマルのほうは刺激が少し強めに感じましたね。

こうやって飲み比べてみると、しっかりと差がわかります。
ビールとしての好みはSingle Malt、ほかのものと合わせるなら
ノーマルの一番搾りかなぁ。

なかなか面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

KIRIN 一番搾り Single Malt

KIRIN 一番搾り シングルモルトをいただきました。

1610_KI一番搾りシングル.JPG

クリアなんですが、色は少し濃いめ。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると苦めのホップの香り。
飲んでみると少しモルトっぽさが出てくる気がします。

少し味は薄めな印象なんですが、
なめらかでまろやかでもあります。

解説にはこんなことが。

1610_KI一番搾りシングル解説.JPG

『麦のあまみとふくよかさを堪能できる一杯です』
確かに飲んだ時の麦っぽさはこれなんでしょうか。

その隣、ビールの下に「有機農産物加工種類」という記載もあります。

原材料には有機麦芽と有機ホップのみが書かれています。

1610_KI一番搾りシングル材料.JPG

これは前回と同じようですね。

ただ、今回のは一番搾りとの違いが気になりました。
飲み比べ、やってみたいなぁ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

SUNTORY CRAFT SELECT I.P.A.

SUNTORY CRAFT SELECT I.P.A.をいただきました。

1610_クラセレIPA.JPG

色は薄めの茶色。泡があまりよくないような印象があります。
鼻を近づけるとクリアなグレープフルーツのような香り。

飲んでみてもそれなりにホップの香りがしっかりとしていて、
少しグラッシーさが強めになる気がします。

最初に甘くて、しっかりと苦みを感じられます。
少し重みもあって、飲みごたえも十分です。

缶にはこんな解説が。

1610_クラセレIPA解説.JPG

『鮮烈でさわやかな香りと
力強い飲みごたえ』

確かにそんな印象のビールに仕上がっています。
昨年もIPAは販売されていて、
そのときの印象からはだいぶ変わっている気がしていて、
このビールはお勧めしたいビールだなぁ、という印象です。
前回の印象

クラフトセレクトって、当たり外れが激しい気がしていて、
そのあたりもクラフトビールっぽくて好きなんですよね。

次はどんなビールが出てくるのか、楽しみです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

六本木 BeerBar 富士桜 Roppongi

六本木にあるBeerBar 富士桜 Roppongiに行ってきました。

1610_富士櫻看板.JPG

六本木の駅からすぐのところにあります。

この日はカウンターだったんですが、いい雰囲気です。

1610_富士櫻カウンター.JPG

目の前に見えるグラスたちも素敵ですね。

1610_富士櫻グラスたち.JPG

そんな環境で、まずはサマーヴァイツェンから。

1610_富士櫻サマー.JPG

やっぱり少しドライな印象。
うまいんです。

お通しはこちら。

1610_富士櫻お通し.JPG

ハムやクリームチーズ、パンの入ったテリーヌです。
舌触りが滑らかで、胡椒がいい仕事をしています。

さらに砂肝のから揚げ。

1610_富士櫻砂ぎも.JPG

こちら、間違いなくビールに合いますね。

ビールはさらにRoppongi Draft1。

1610_富士櫻ドラフト1.JPG

香りがしっかりしていて、
アルコール度数が高いこともあり、どっしりしています。
いい感じです。

少しつまめるものを、と思い、カプレじゃねーゼ。

1610_富士櫻カプレ.JPG

見た目カプレーゼかと思いきや、そうじゃないぜ、というもの。
鶏肉、トマト、シラスにバジルソースがスモーク豆腐に載っています。
バケットではなくスモーク豆腐というのが面白いですよね。
そして、この組み合わせがとても合うんです。おススメ。

1610_富士櫻コースター.JPG

予定があったので少しの滞在でしたが、
次はのんびりと飲んでみたいなぁ、と思います。

BeerBar 富士桜 Roppongi公式サイト:http://www.beerbar-fujizakura.jp/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする