2017年10月24日

一番搾り(黒生)、黒ラベル(黒)の飲み比べ

一番搾り(黒生)と黒ラベル(黒)を飲み比べてみました。

1710_KISA黒飲み比べ.JPG

見た目は同じような感じで、泡の色が若干一番搾りのほうが濃い印象。

香りについては一番搾りのほうがはっきりしていて
焙煎の香りがより強めに感じられました。

飲み口も一番搾りが酸味、コクともに強かった印象。
黒ラベルは全体的に軽めなんですが、クリアな印象が強かったです。
これは原料の違いからくるものなんでしょうか。
(黒ラベルは、米とコーン、スターチを使用)

両方ともおいしくて、個人的な好みでは一番搾りなんですが、
黒でもすこし勢いをつけて飲みたい人には黒ラベルがお勧め。
合わせる食べ物の幅も広がりそうです。
のんびりしっかりと飲みたい人には一番搾りがお勧めですかね。

何より、大手のビールの価格で、このレベルの黒が飲める環境が
整ってきたのがうれしいところですよね。

飲み比べるとしっかり違って、飲み比べしてみて良かったビールたちでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:45| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする