2017年12月30日

牛久シャトー 〜その2

まずはへレスから。

1712牛久へレス.JPG

ランチビールサイズは250mlほどということですが、
飲みたい種類が多いので良いサイズですよね。

甘みがあってみ紙は弱め。
麦の印象が強いですね。
全体的に丸くて、うまいんですよね。

ランチのスープ。

1712牛久スープ.JPG

良い塩気で、これだけでビールが飲めます。

牛久ホワイトはグラスサイズで。

1712牛久ホワイト.JPG

ランチビールサイズもいいんですが、しっかり飲んでみたかったので。
地元の小麦を使っているようです。
オレンジピールの香りが優勢で、香りが柔らか。
苦みはなく、おいしいんです。

メインに選んだのはこちら。

1712牛久メイン.JPG

雪室熟成豚の真空低温調理。
肉は柔らかで本当に甘みが強い。
手前の西洋わさびがこのあまみに完璧に合います。
バーニャカウダもソースがおいしくて、
これだけでも持ち帰りたいくらいでした。

メインにあわせて秋あがり。

1712牛久秋あがり.JPG

香りが甘く、飲み口も甘め。
このビールも柔らか。

この秋あがり、パンにも合う印象でした。

1712牛久パン.JPG

メインはパンとライスが選べたのでパンにして正解でしたね。

インペリアルピルスナー。

1712牛久インペリアル.JPG

ニュージーランドホップを使っていると書かれていましたが、
白ブドウのような香りから、ネルソンソーヴィンかなぁと。
甘みとしっかりした苦みがあって、個人的には今日一のビールでした。

ランチがなくなってしまったので、単品でクリームチーズのみそ漬けも。

1712牛久クリームチーズ.JPG

塩加減がちょうどよく、ビールにぴったり。
思っていたよりクリームチーズがしっかりと入っていてびっくりしました。

締めにクリスマスボック。

1712牛久ボック.JPG

チョコレートのような甘いローストの香り。
甘みと苦みがしっかりとあって、少しボディもあります。
良いビールですね。

どのビールもレベルが高くて、うまかったです。
駅からのアクセスもいいですし、気軽に来られるのもいいですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:43| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

牛久シャトー 〜その1

牛久シャトービールを飲むべく醸造所まで足を運んでみました。

JR常磐線の牛久駅からは徒歩10分もかかりません。
駅の東口から左真っ割で陸橋を目指します。

1712牛久道程1.JPG

陸橋の上には日時計とカッパがお出迎え。

1712牛久道程2.JPG

その先の信号で右に曲がりしばらく行くと、

1712牛久道程3.JPG

目的地が見えてきます。

1712牛久道程4.JPG

シャトーの中は広く、散策するのもいい感じです。
11時にレストランは開店するのですが、
この日は早くついてしまったので、シャトー内を散策。

お土産でシャトービールが買えたり、

1712牛久お土産.JPG

シャトービールの歴史が見えたりもします。

1712牛久展示.JPG

まあ、ここはワインの現場なので、
ほとんどはワインに関するものが多いのです。
ビールを楽しみたい人は少数なのかもしれません。

醸造所にはワールドベストを獲ったことが掲示されてます。

1712牛久醸造所.JPG

期待が高まります。

ビールが飲めるラ・テラス・ドゥ・オエノンへ。

1712牛久現場.JPG

ランチメニューはこちら。

1712牛久ランチ.JPG

ランチビールが300円というのは魅力です。

ビールのメニューはこんな感じ。

1712牛久Bメニュー.JPG

8種類で全部は飲めそうにないので、厳選する必要がありますね。

さて、何から飲みますか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:58| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

常陸野ネストビール SESSION IPA

常陸野ネストビール SESSION IPAをいただきました。

1712_常陸野セッションIPA.JPG

色は少し濃いめの黄金色。
鼻を近づけると甘めの柑橘系のフルーティーな香りがしてきます。
少しワサビっぽいスパイシーな香りもします。

飲んでみると香りはおとなしめに。
苦みはそれほど強くなく、あとから甘みを感じます。

解説にはこんなことが。

1712_常陸野セッションIPA解説.JPG

『オレンジのようなフローラルなアロマが特徴の
アマリロホップを使ったセッションIPAです。
淡色で軽い飲み心地の中に、上品なホップフレーバーが際立ちます。』

アルコール度数も4.5%でグイっと飲むにはいいビール。
これがコンビニで手に入ってしまうのが素敵ですね。
自分はローソンで見つけたのですが、どこで売っているのか情報がありませんでした。
検索すると目撃情報はローソンしかないようなので、気になる方はぜひローソンへ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:46| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

SAPPORO 銀座ライオンSPECIAL

SAPPORO 銀座ライオンSPECIALをいただきました。

1712_SA銀座ライオンSP.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとモルトの印象が優勢。
少し焙煎の香りもしますね。

飲んでみるとその香りは優しくなります。
少し甘みがあって、そのあと、優しい苦みがあります。
コクもありますが、いつもの大手ビールより少しあるかな、くらい。

解説にはこんなことが。

『2009年、日本最古のビヤホール「銀座ライオン」創業110周年を記念して、
生ビールの達人たちが集まり、特別な限定ビールが醸造されました。
そのビールをモデルに缶にて限定販売。』

いつものビールより、少し飲みごたえのあるんですが、
何倍でも飲めそうなビール。いいですね。
このビールはジョッキでも飲んでみたいと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:47| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

ASAHI スーパードライ みがき麦芽仕込み

ASAHI スーパードライ みがき麦芽仕込みをいただきました。

1712_ASSDみがき麦.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると辛めのホップの香りがしてきます。

飲んでみるとその香りは控えめに。
少し甘みがあって、苦みも控えめ。
飲み口もあっさりしていて、ぐいぐい飲みやすい。
この飲み口は良くも悪くもさすがドライ、という印象。

ほんの少し、本家よりも香りが華やかな印象があり、
甘みも強めなのかなぁ、と思いますが、このあたり、どうなんでしょう。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:53| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ASAHI ドライプレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション

ASAHI ドライプレミアム 豊醸 ワールドホップセレクションをいただきました。

1712_ASドラプレ豊醸.JPG

色は透き通る黄金色。少し濃いめでしょうか。
鼻を近づけると甘めのホップの香り。

飲んでみるとその香りは落ち着きます。
しっかりと刺激があるんですが、
少しの甘みと苦みがあります。

華やか、とまではいきませんが、
しっかりとしたホップの香りが先導するビールに
仕上がっているなと思いました。

このワールドホップセレクションシリーズ、
以前飲んで、しっかりと香るなと思ったのも、
ドイツ産のホップでした。
今回はマンダリナババリアという品種のようです。

こういった試みも面白いですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:51| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

サンクトガーレン el Diablo 2014

サンクトガーレン el Diablo 2014をいただきました。

1712_サンクトディアブロ2014.JPG

色は濃い紫。
鼻を近づけるとレーズンのような甘い薫り。

飲んでみるとその香りはしっかりとしつつ、
ちょっとレモンのような香りもしてきます。
ハイアルコール感もしっかりとありますね。

苦みはあるんですが、丸い印象です。
これくらいがちょうどおいしい感じがします。

訳あって熟成させてきたビール。
3年は伊達じゃないですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:35| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

宇奈月ビール トロッコ(アルト)

宇奈月ビール トロッコ(アルト)をいただきました。

1712_宇奈月トロッコ.JPG

色は赤茶色。
鼻を近づけると焼き芋のような甘い香りがしてきます。

飲んでみるとその香りはやさしくなります。
最初に甘みを感じて、そのあとはやさしい苦みが。
飲み口も優しい感じなんですが、。
苦みは薄く長く続く印象です。

それなりにコクがあって、
のんびりと飲みたいビール。

解説にはこんなことが。

1712_宇奈月トロッコ解説.JPG

『ドイツ・デュッセルドルフで愛されている「アルトビール」は、
カラメル麦芽をふんだんに配合した、濃い赤銅色が特徴です。
軽い甘みと深いコクが絶妙に調和しています。
このトロッコは、黒部の名水を使用したアルトビールです。』

もう少し苦みがあるほうが好みですが、
良いビールだなぁと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:29| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

宇奈月ビール 十字峡(ケルシュ)

宇奈月ビール 十字峡(ケルシュ)をいただきました。

1712_宇奈月ケルシュ.JPG

色は薄めの黄色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけると甘いホップの香り。

飲んでみるとその香りがピーチやカシスのようにも感じます。
苦みは少なめで、刺激も少ないのでするっと飲めます。

解説にはこんなことが。

1712_宇奈月ケルシュ解説.JPG

『ケルシュビール・・・ドイツ中西部の街
ケルンの豊かな水に育まれ、
淡色麦芽のキレの良い風味が特徴です。
この十字峡は黒部の名水を使用したケルシュビールです。』

若干コクがある気もしますが、
するっと飲めるいいケルシュですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:35| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

SAPPORO Edelpils(エーデルピルス)

WEB限定販売されている、SAPPOROのEdelpils(エーデルピルス)をいただきました。

1712_SAエーデル.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると華やかなホップの香りがしてきます。

最初に甘みがあり、グイっと苦い。
苦さはあとに残るくらいしっかりとしています。
透き通るピルスナー、うまいですね。

このビール、3度注ぎで注いだんですが、
gouさんの「ビールが好きなんです」の記事を見て、
茶坊主注ぎ(ほとんど炭酸を逃がさない注ぎ方)でも飲んでみました。

1712_SAエーデル茶坊主.JPG

泡がないので、ホップの香りは弱めになります。
炭酸が当たり前ですが、かなり強めに感じられます。
そして、飲んだ時には甘みが強めに感じられました。

最初のうちは刺激が強すぎるので、その点はあまり印象が良くなかったです。
ただ、液温が上がってくると炭酸が適度に抜けて刺激が少なくなり、
ホップの香りもしっかりとしてくるようになります。
時間をかけてじっくり飲むときにはいい飲み方ですね。

茶坊主注ぎをした後に、今度は1度注ぎ(泡は出しつつ1回で注ぎきる)で飲んでみました。
2つの中間で、いいとこどりができた気がしました。

ただこれは、どこをこのビールに求めるかとか、
どんな勢いで飲むかで好みが変わってくると思います。
注ぎ方でこんなに印象が変わるのか、というのはすごい勉強になりました。
色々な注ぎ方で飲んでみると面白いと思いますね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:49| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

銀河高原ビール ヴァイツェンボック

銀河高原ビールのヴァイツェンボックをいただきました。

1712_銀河ヴァイツェンボック.JPG

色は薄めの茶色。しっかりと濁りがあります。

鼻を近づけると甘くバナナのような香り。
飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
そして、燻すような香りが強くなる気がします。

飲み口も甘めで苦みはほぼなし。
重すぎないですが、それなりにボディのあるのヴァイツェンです。

ボックのため、アルコール度数は6%と少し高め。
このビールだけでまったりと飲めます。
暖炉脇とかで飲んでみたいですね〜。

毎年この時期に販売されるビールですが、今年もおいしい。
もっといろいろな場所で販売されればいいのに、と思ってしまうビール。

ヴァイツェン好きは見たら買うべし、のビールです。
おススメ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:50| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

KIRIN BRAU MEISTER(ブラウマイスター)

限定販売されているKIRINのBRAU MEISTER(ブラウマイスター)をいただきました。

1712_KIブラウ.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでみると、麦の印象が強くなります。
最初からガツンと苦くて後は引かないのですが、
飲んだ後に苦みが戻ってくる感じ。

解説にはこんなことが。

1712_KIブラウ解説.JPG

『キリンのビール醸造職人たちが目指した
飲み飽きることのない、芳醇でしまりある味わい』

今年の初めころにも販売されていて、その時も飲んでいますが、
やっぱりおいしいビールだと思います。

いまさら気が付いたんですが、原材料は麦芽とホップと米。

1712_KIブラウ原材料.JPG

すっきり感はここからきているんでしょうか?

このビール、セブンアンドアイで限定販売されているので、
しばらくセブンイレブンに通う日が続きそうです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:38| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

KIRIN GRAND KIRIN 梟の森(フクロウノモリ)

KIRINのGRAND KIRIN 梟の森(フクロウノモリ)をいただきました。

1712_KIGKふくろう.JPG

色は薄めの茶色。しっかりと濁りがあります。
鼻を近づけると甘いバナナのような香り。
少し酸味もありますね。

飲むとしっかりとした甘さがあり、
香りもきちんとしてきます。
酸味が強くなる印象があります。
苦みはほぼなく、甘みが結構強め。

香りは濃厚なんですが、ボディはそこまで重くありません。
もう少しまったりとしていても好きなんですが、これはこれでありかな。
アルコール度数が7.5%あるので、ごくごくは飲めません。
のんびりと飲みたいビール。

香りはとてもヴァイツェンっぽいんですが、
ヴァイツェンボックではなくウィートストロングエールとしているのは、
小麦の含有率が足りないからかな。

解説にはこんなことが。

1712_KIGKふくろう解説.JPG

『冬の夜更けにゆっくりと味わいたい、
ふくよかな薫り、深い余韻をお楽しみください。』

確かにのんびりと飲みたい、良いビールです。
昨年飲んだ時もおいしいと思って、今年もいい感じ。
(原材料の糖類も、アルコール度数7.5%も変わらず)

このビールはファミリーマート、サークルK・サンクス限定。
好き嫌いは分かれそうですが、ヴァイツェン好きの方はぜひ、
これを買うためにコンビニに行ってほしいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:12| Comment(2) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

サンクトガーレン Un angel 2016

サンクトガーレン Un angel 2016をいただきました。

1712_サンクトアンヘル.JPG

色は濃いめの茶色。
ちょっと酸味と干しブドウのような香り。

飲んでみると少し香りは薄くなる気がします。
しっかりと苦くて、ボディもある。
後に少しだけ渋みのような刺激が残ります。

出来立てよりも少し丸みがある感じですが、
まだまだ若い印象があります。

このビールはもう少し熟成させると、面白くなるのかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:43| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

KIRIN 一番搾り 横浜づくり

KIRIN 一番搾り 横浜づくりをいただきました。

1712_KI横浜づくり.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘いホップの香りと
少しモルトの印象。

飲んでみると少しホップの印象が強くなります。
しっかりと苦くて、コクがあります。

アルコール度数が6%と少し高めなので、
飲みごたえもしっかりある印象です。

解説にはこんなことが。

1712_KI横浜づくり解説.JPG

『気の置けない仲間たちと、気楽に語らいながら、
自分スタイルでゆっくり、じっくり味わえるように、
より一層爽やかな飲み口を、一番搾り製法で実現しました。
もっと地元の皆さまに愛される味わいを目指して、
地元の皆さまと一緒につくった、ブラウンの色合いが
目にも美しい一番搾りです。』

今までの横浜づくりを経て、
何となく完成に近づいている感じがしました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:07| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

ASAHI Clear Asahi CLEAR BLACK

ASAHI Clear Asahi CLEAR BLACKをいただきました。

1712_ASクリア黒.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけるとうっすらと焙煎の香りがします。

飲んでみても香りは薄く、
若干コクがある感じがします。

新ジャンルっぽい嫌な甘みはあまり感じません。
"黒"っぽさは感じませんが新ジャンルっぽさもない、
なんというか、特徴が良くつかめないというか、
なんとも難しいビールになっているなぁ、という印象です。
難しいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:36| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 香るエール 初摘みホップヌーヴォー 2017

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 香るエール
初摘みホップヌーヴォー 2017をいただきました。

1712_SU香るヌーヴォー.JPG

色は黄金色でクリア。
鼻を近づけると甘いホップの香り。
ブドウやベリー系の香りですね。

飲むと少し香りは薄くなりますが、
しっかりと香ってきます。

しっかりと苦くてあとはクリア。
良いビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:31| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

プレミアムモルツ 飲み比べ

プレミアムモルツの初摘みホップヌーヴォーと
ノーマルのプレミアムモルツとの飲み比べをしてみました。

1712_SUプレモル飲み比べ.JPG

見た目は同じ。

鼻を近づけた時の香りが、ヌーヴォーのほうが深みがある気がしました。

それから、味わいとしてはヌーヴォーのほうが
甘みがしっかりと感じられる印象がありました。
苦みが強いからでしょうか?

それから、ヌーヴォーは全体的にすっきりしているというか、柔らかい印象。
ノーマルは少しどっしりしていて、飲みごたえが少し強い。
どちらもいい感じです。

飲み比べないとわからないけど、飲み比べるとわかる。
そんな違いですけど、飲み比べてみて良かった。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:39| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

サンクトガーレン el Diablo 2016

サンクトガーレン el Diablo 2016をいただきました。

1712_サンクトディアブロ2016.JPG

色は茶色。しっかりと濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとしっかりと柑橘系のホップの香り。
レーズンやベリーのような香りもしてきます。

飲んだ後は柑橘系の香りがより強く感じられます。
どっしりとしていて、十分うまいんですが、
1年たってもまだまだ若い感じがします。
もっと熟成させると味が出てくるんでしょうか。

面白いビールですよね。

しかし、栓を抜いた時にしっかりと吹いてしまい、
泡を立てないように入れたつもりが、
すごいことになりました。

泡を落ち着かせながら飲んだんですが、
最初は入れたてよりも泡が盛り上がって大変でした。

1712_サンクトディアブロ2016後.JPG

結局、飲み終わるまで泡は完全には落ち着かず。
いやはや。しっかりと管理しておかないとだめですね。
反省。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:24| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 2017初摘みホップヌーヴォー

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 2017初摘みホップヌーヴォーをいただきました。

1712_SUプレモルヌーヴォー.JPG

色は黄金色。
鼻を近づけると瑞々しいホップの香り。
このみずみずしいというのがぴったりの香り。

飲んでみてもホップの香りがしっかりとしてきます。
しっかりと苦くて、後味はすっきり。
おいしいビールですね。

解説にはこんなことが。

1712_SUプレモルヌーヴォー解説.JPG

『原産地チェコのホップ農家の支援を行い、
自らも現地に足を運び品質を見定めています。
今年も収穫されたばかりのホップを特別に空輸でお届けします。』

ホップのみずみずしさはわかりましたが、
通常のプレモルとの違いがいまいちわかりません。

飲み比べてみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:08| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする