2018年02月28日

SUNTORY 頂と新旧飲み比べ

新しくなった、SUNTORY 頂をいただきました。

1802_SU頂.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると少しだけホップの香りがしてきます。

飲んでみると、若干のアルコール臭。
液温が上がってくると、トウモロコシのような香りがします。
喉に引っかかりがしっかりとあって、
甘みが先行しています。
飲みごたえはガツンとくる感じです。

リニューアル前との差が気になって飲み比べ。

1802_SU頂飲み比べ.JPG

リニューアル前はアルコール度数が7%だったんですが、
リニューアルして8%になっています。

香りですが、新しいほうが若干甘い感じでしょうか。
飲み口は、やっぱりコクや飲んだ後のアルコール感に
しっかりとした違いが出てきています。

ただ、何となくバランス的には新しいほうがいいと思うんですよね。
古いほうはちょっと飲みにくい印象があったというか。

同じガツンと系の新ジャンルにはのどごしSTRONG(7%)がありますが、
あちらとの違いも気になるところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:57| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

志賀高原ビール Imperial Indeian Summer Saison

志賀高原ビールのImperial Indeian Summer Saisonをいただきました。

1802_志賀高原IISS.JPG

色は黄金色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけると華やかでスパイシーな香り。
メロンのような香りでもあります。

飲んでみても香りはしっかりとしてきます。
そして、なめらかで、コクがあります。

解説にはこんなことが。

1802_志賀高原IISS解説.jpg

『まあ、名前の通り人気の定番 Indian Summer Saisonの強力版です。
NZとアメリカのホップをふんだんにつかった特別なセゾン。
華やかでありながらも、ドライ。いわゆる危ないやつです。』

アルコール度数が8.5%と結構強烈な感じなんですが、
一口飲むと次が飲みたくなる感じ。
すごいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:54| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

SAPPORO PEACH BELG

SAPPORO PEACH BELGをいただきました。

1802_SAPB.JPG

色は透き通る黄金色。
遠くからでもしっかりとピーチの香りがしてきます。
鼻を近づけるとジューシーで熟したようなピーチの香り。

のんでみてもその香りはしっかりとしてきます。
最初に甘みを感じて苦みはほとんどありません。
香りからもっと甘さを想像しましたが、
このギャップも面白いですよね。

原材料はこんな感じです。

1802_SAPB原材料.JPG

麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ・大麦・糖類・もも・
コリアンダー・オレンジピール・香料。
香料はありますが、桃もしっかりと使っているんですね。

解説にはこんなことが。

1802_SAPB解説.JPG

『ビール大国ベルギーに学んだフルーツビールテイストの発泡酒です。
麦芽のうちベルギー産麦芽を50%以上使用。
もも果汁を1%使用し発酵させています。
サッポロビールの日本国内の工場で醸造しています。』

デザートビールとしてお勧めできそうな、いいビールですね。
posted by きょう at 22:46| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

AUSTRALIAN PALE ALE

AUSTRALIAN PALE ALEをいただきました。

1802_APA.JPG

色は薄い黄色。見ての通り泡立ちがすごいんです。
鼻を近づけると華やかなホップの香り。
ちょっとシトラッシーな印象です。

飲んでみると香りはしっかりとしてきます。
甘みが少ししてきて、苦みはきりっと。
少し酸味もありますが、気になるほどではありません。

アルコール度数は4.8%と若干低めで、
グイっと飲めるペールエールです。

解説にはこんなことが。

1802_APA解説.JPG

『オーストラリア産のホップで造られた、
フルーティーな香りで柑橘系のような味わいが特徴のビール。
ホップを大量に使用しているため、泡立ちが良く、程良い苦みが残ります。
4〜6度に冷やしてお飲みください。』

エールの適温は高めとされていますが、
このビールは冷やして飲むことがお勧めされています。
その通りで、きりっと飲むには低めの温度がいいんでしょうね。

面白いペールエールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

SUNTORY The MALT'S 麦香る3.5%

SUNTORY The MALT'S 麦香る3.5%をいただきました。

1802_SU麦香る.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるとモルツらしい少し華やかな香り。

飲んでもしっかりとその香りはしてきます。
甘みがあって、少し麦の風味もしてくるかなぁ。
若干薄目に感じるのはアルコール度数が低めの影響なんでしょうか。

ただ、味わいはそこまで損ねることなくしっかりとビールです。
何かをオフすると味が犠牲になることが多いんですが、
これはしっかりとまとまっていると思うんですよね。

もちろん、飲みごたえという意味では足りないところが多いので、
軽くビールが飲みたい、というときに
お勧めできるビールだと思いました。

今というよりは、夏にお勧めのビール。
風呂上がりにグイっと飲むにはいいんじゃないでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:31| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

富士櫻高原ビール ヴァイツェンボック

富士櫻高原ビール ヴァイツェンボックをいただきました。

1802_富士櫻VB.JPG

色は茶色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとバナナのような香りと、
少し燻したような香りがしてきます。

飲んでみると燻したような香りが強めになります。
甘みが強くて苦みはありません。
ほんの少しですが酸味もあります。

そして、しっかりとボディがあって飲みごたえがあるんですよね。
ボックなので、アルコール度数は7%。

冬にぴったりのスタイルで、完成されたビールだと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:49| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

富士櫻高原ビール IMPERIAL PILSNER

富士櫻高原ビール IMPERIAL PILSNERをいただきました。

1802_富士櫻IP.JPG

色は薄めの茶色。若干濁りがあります。
鼻を近づけると辛めのホップの香りと、
甘いモルトの印象が伝わってきます。

飲んでみるとモルトの印象が強めになります。
麦茶のような印象というと伝わりやすいでしょうか。

最初は甘くて、あとから苦みがグッとくるんですが、
フィニッシュに甘みが残ります。

コクがあって、ぐいぐいは飲めませんが、
味わいながら飲めるピルスナーです。
アルコール度数も高めの6%に設定。

冬のためのピルスナーという印象です。
おいしいビールでした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:05| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

SUNTORY PREMIUM MALT'S 初仕込み2018 飲み比べ

SUNTORY PREMIUM MALT'S 初仕込み2018をいただきました。

1802プレモル初仕込み.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるといつものプレモルの華やかな香り。

飲んでみてもその香りは衰えません。
ほのかな甘みとしっかりした苦み。
その苦みも飲み終わるとスーッと消えます。
甘みが強めに感じるのは気のせいでしょうか?

解説にはこんなことが。

1802プレモル初仕込み解説.JPG

『チェコとその周辺国のみで収穫される希少なダイヤモンド麦芽。
うまみが多くつまったこの麦芽からザ・プレミアムモルツにかかせない
「上質なコクとうまみ」を引き出すために、時間と手間をかけて仕込みました。』

念のため、ノーマルのプレモルとも飲み比べ。

1802プレモル初仕込み飲み比べ.JPG

香りと苦みは初仕込みのほうが強めに感じられます。
そして、香りがきれいな印象を受けます。

甘みはノーマルのほうが強い感じがしますが、
バランスという意味では初仕込みのほうがいい感じ。
なるほど、甘みの違いでだいぶ印象が違いますね。

まあ、初仕込みのほうが新しいということで、
アドバンテージはあるんですが、それでもうまいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:02| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

KIRIN のどごしSTRONG

KIRIN のどごしSTRONGをいただきました。

1802_KIのどST.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘めの香り。
華やかな香り、ともいえるかもしれません。
そして、ちょっとアルコールっぽい香りもしてきます。

飲んでみても甘い印象とアルコールの香りは変わりません。
残り香のほうが華やかな印象もあります。

そして、喉を通り過ぎると幾分かすっきりとします。
新ジャンルの嫌な甘さはアルコール度数の高さでカバーされていて、
1杯で酔いたい人にはいいビールなのかもしれません。

ちなみに、今回ののど越しも発泡酒に大麦スピリッツのスタイル。
ノーマルののど越しは「その他の醸造酒」に分類される
麦芽を使わないスタイルを貫き通しています。

この区分けも面白いと思いつつ、
いつかのど越しも「リキュール」になるのかなぁ、と思いながら、
新しいのど越しも楽しみにしたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:23| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

志賀高原ビール HouseIPA

志賀高原ビール HouseIPAをいただきました。

1802_志賀HouseIPA.JPG

色は薄い茶色。濁りがしっかりとあります。
鼻を近づけるとグレープフルーツのような柑橘系の香り。

飲んでみてもその香りは衰えません。
最初に甘みを強めに感じて、そのあとはしっかり苦い。
でも、あとに残らないくらいの苦さ。
フィニッシュの香りはよりグラッシーに感じられます。

解説にはこんなことが。

1802_志賀HouseIPA解説.JPG

『厳選した麦芽をふんだんにつかい、大量のホップを10回以上に分けて加え、
長期熟成させた、インペリアルIPAスタイルのビールです。
豊かな味わいと圧倒的な香り、爽快な苦みのバランスをお楽しみください。』

コンディションが良い時のこのビールは、ジューシーそのもの。
ビールは冷蔵庫で保存が基本ですが、
この時期は30分くらい前に冷蔵庫から出しておいて、
のんびり飲んで印象の変遷に注目するのも面白いビールだと思うんです。

志賀高原ビールの準定番ビール。
侮れません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする