2018年04月08日

麦とホップ、匠仕込み、本麒麟 新ジャンル飲み比べ

最近おいしい新ジャンルが立て続けにリリースされたので、
飲み比べをしてみました。

飲み比べたのはこの3つ。

1804_新ジャンル飲み比べ1.JPG

SAPPOROの麦とホップ、Asahiの匠仕込み、KIRINの本麒麟です。

3つ同じグラスはないので、プラカップで。

1804_新ジャンル飲み比べ2.JPG

色合いはほぼ同じです。
鼻を近づけた印象では、ホップの香りはやっぱり麦とホップが一番。
匠仕込みはあまり香りがせず、
本麒麟はちょっと青リンゴのような、
ハッカのようなスーッとした香りがします。

飲んだ時の香りですが、本麒麟が一番香りが強い印象です。

飲み口や味わいですが、麦とホップはちょっとコクを感じつつ苦みは控えめ。
全体的にはバランスが取れている感じですね。
匠仕込みが苦みが際立っているんですが、全体的にはすっきりの印象。
最後に酸味が残ります。
本麒麟はコクがありつつ、意外としっかりと苦みがあって、
若干の酸味があります。

バランスでは麦とホップ、苦みでは匠仕込み。
キリンビール好きなら本麒麟ですかね。
個人的には麦とホップ>本麒麟>匠仕込みな感じです。

缶から直接飲むシーンもあるかなと思い、缶から直接も飲んでみました。
その時の、注いだ時との印象との違いはこんな感じでした。

麦とホップはホップの印象が薄まるのと、コクが感じづらかったので、注ぐのがお勧め。
匠仕込みは直接飲むと結構炭酸の印象が強く、
飲んだ後の甘めのホップの印象も強めに感じました。
そして、推しの苦みも強めに感じました。
本麒麟は酸味が少なめに感じました。

麦とホップは注いで、匠仕込みは断然感からのほうがお勧め。
本麒麟はどちらかというと缶からがお勧めな感じです。

缶でいうと匠仕込み>本麒麟>麦とホップ。
全く逆になりました。
これも面白いところです。

個人的には普段飲み(グラスに注ぐ)には麦とホップ、
缶からグイっと生きたいときには匠仕込み、
ちょっと気分を変えたいときに本麒麟、ですかね。

でもやっぱり新ジャンルっておいしくなったなぁ、というのが全体的な印象。
すごいよなぁ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:15| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする