2019年01月16日

志賀高原ビール 1t IPA

志賀高原ビールの1t IPAをいただきました。

1901_志賀高原1tIPA.JPG

色は薄めの茶色。
しっかりと濁っています。

鼻を近づけると甘いホップの香り。
かなり濃厚な甘さを感じます。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。

最初は1t使われているモルトの甘みでしょうか、
しっかりと甘いんですが、後からしっかり
ホップがきいてきて、苦みが強く感じられます。

でも、最後はすっと苦みが消えていきます。
飲み口もだいぶどっしりとしている印象です。

解説にはこんなことが。

1901_志賀高原1tIPA解説 .JPG

『その名の通り、一仕込みで1トンのモルトを使った、強力なIPA。
使ったホップの量も志賀高原ビール至上最高レベル。
なのに、圧倒的なホップの香りとドライな飲み口で、
意外と飲めちゃう、すごく"アブナイ"ビールです。』

飲んだ時にはしっかりとアルコールは感じますが、
9.5%のアルコール度数は感じさせません。

ほんとに、危ないビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:04| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする