2019年02月25日

BEER PORT KIRINビール横浜工場 生麦

京浜急行の生麦から徒歩15分くらい。
KIRINビール横浜工場にある、BEER PORTに行ってきました。

SVBも気になるところだったんですが、
工場で醸造されたラガーが飲めないので、BEER PORTを選択。

ビールのラインナップはこちら。

1902_KI工メニュー.JPG

ここで作られているのは一番搾りとラガー。

最初の一杯にはやはりこちら。

1902_KI工一番搾り.JPG

一番搾りです。
自宅やお店で飲むよりも明らかに香りがフルーティ。
ここに来たら飲んでおかないと損、な一杯です。

まずは枝豆から。

1902_KI工枝豆.JPG

塩がそこまできいていなくて、
豆の甘みが引き立っています。
ビールにぴったり。

一番搾りはすぐに消えてしまったので、
2杯目にラガービール。

1902_KI工ラガー.JPG

しっかりした苦みがありつつ、すっきりしています。
苦みがシャープに感じるのが普段と違うところ。

グラスのラベルがそれぞれのマークになっているのが憎い。
これもうまいですねー。

はまポークのねぎ塩焼きそば。

1902_KI工焼きそば.JPG

ここはバーベキューなんかができるので、
肉は間違いない!?
ネギもいい仕事をしてくれています。
いいつまみになりました。

最後に、ブラウマイスター。

1902_KI工BM.JPG

缶でまた売ってくれないかなぁ、
と思うこのビール。

少しフルーティなんですが、ラガーに比べたら滑らか。
ただ、しっかり苦いのと、麦の印象があります。

それにしても、ここで飲む一番搾りは別格な感じでした。
ラガーも1杯目に飲むともっと印象がすごいんですかね。
また飲みに来たい、そう思わせてくれるビールたちでした。

1902_KI工出口.JPG

レストランビアポート公式:https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/restaurant/beerport.html

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:51| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

GILGMESH BREWING Doug FlRocious

GILGMESH BREWINGのDoug FlRociousをいただきました。

1902_GBFIR.JPG

色は薄めの茶色。しっかりと濁っています。
鼻を近づけると桃やザラメのような甘めの香り。

飲んでみるとその香りはおとなしめになります。
甘みが強めで、苦みはそこまで強くありません。
アルコール度数は8.7%ということで、
それなりにアルコール感があります。

すこし舌にザラッとした感触が残るのが気になるところですが、
重みがあって、のんびりと飲みたいビール。

アメリカのビールということで、
ホップがっつりかなと思いきや、
そうでもない感じ。

面白いビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:16| Comment(0) | ビール-海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

Orion いちばん桜

Orion いちばん桜をいただきました。

1902_ORいちばん桜.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでもその香りはしっかりとしてきます。
最初に甘みが来て、そのあと優しい苦み。
コクも少し、感じられます。
細かい炭酸の刺激がしっかりとしてくるので、
重ったるい感じはなく、全体的にはさらっとしている印象。

なかなかおいしいビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:40| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

プラチナフィッシュクラフトビアバル アトレ川崎店

JR川崎駅のアトレ改札口から左手に歩くこと30秒、で到着できる
プラチナフィッシュクラフトビアバル 川崎に行ってきました。

この日のビールメニューはこんな感じ。

1902_PFメニュー .JPG

最初はbrand new day IPA(伊勢角屋麦酒)から。

1902_PFbndIPA.JPG

濃いめの茶色で、鼻を近づけた時には
焙煎の香ばしさとホップのフルーティーさが
混ざって感じられます。

見た目よりあっさりしているんですが、特に麦の印象が強めです。

まず頼んだのは枝豆のアンチョビソテー。

1902_PF枝豆.JPG

アンチョビの香りがすごい!
強めの塩加減でビールが進みます。

続いてはうしとらの11AM。

1902_PF11AM.JPG

色は薄めで濁りがあって、香りは白ブドウっぽい感じ。
飲み口は軽めですいすいいけます。1杯目でもよかったですね。

午前11時から飲んでも大丈夫なくらいライト!ということで、
この名前が付けられたということですが、その名の通り、という印象。

メインのかこみ豚のローストポーク丼。

1902_PFどんぶり.JPG

メニューと実物が違ってがっかりすることがよくあるんですが、
この丼はしっかりとローストポークがのっています。

ローストポーク自体はスパイシーなオニオンソースがかかっていて、
ご飯はいい感じの固めの焚き具合。そこに卵黄がのっかっていて、
3つのハーモニーを楽しめるのがうれしいですね。
これで630円はお値打ちです。

最後のビールは箕面ビールのW-IPA。

1902_PFW-IPA.JPG

麦の印象がしっかりとあって、
久々に飲んだけどうまにがです。

少しつまみたくなったのでミックスナッツ。

1902_PFナッツ.JPG

ナッツの種類もしっかりあって、
1杯は余裕で飲める量があります。

箸休め(おさめ?)にはうれしいおつまみですね。

駅から近く、カウンターがしっかり(10席)あるので、
手軽に寄れるというのがうれしく、何度でも通ってしまうお店です。

食べログリンク:https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14070483/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:29| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

ASAHI クリアアサヒ 桜の宴

ASAHIのクリアアサヒ 桜の宴をいただきました。

1902_AS桜の宴.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると結構しっかりとした甘辛のホップの香り。

飲んでみるとその香りはさすがに落ち着きます。
苦みは少なめですが、いやな甘みもほとんどなく、クリア。

新ジャンルの中でもクリアアサヒって
そんなに注目していなかったんですが、
このビールは香りがしっかりと立っていて、
珍しいなぁ、と思いました。

ホップにはモトゥエカ(モチュエカ)とレモンドロップを使っているそう。
クラフトビールを飲んでいると聞いたことがあるホップの名前かと思いますが、
希少なホップ(世界生産量1%未満)なんですね。

新ジャンルでも香りが楽しみたいときに、
おすすめできるビールです。

Asahiニュースリリース:https://www.asahibeer.co.jp/news/2019/0111.html

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:24| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

SAPPORO 黒ラベル リニューアル

色々な新ジャンルがリニューアルされる中、
SAPPORO 黒ラベルも1月下旬製造分から
新しくなったというころで、飲み比べてみました。

1902_SA黒ラベルデザイン.JPG

右が新しいもの、左が以前のものです。

<生>という文字が消えて、非加熱処理だけになりました。

原材料は変わらず。

1902_SA黒ラベル成分.JPG

スペックもほとんど変わっていませんが、
糖質が少しだけ高くなっています。

製造年月日はこんな感じ。

1902_SA黒ラベル製造.JPG

さて、グラスに注いでみます。

1902_SA黒ラベル飲み比べ.JPG

見た目はさっぱり変わりません。
鼻を近づけた時の香りも差分が分からず。

飲み口ですが、新しいほうが最初の甘みが強めに感じられました。
そして、若干麦の印象が薄れて、すっきりと飲みやすくなった印象があります。

HPから引用します。

『原料・製法・お客様のお口に届くまでの品質管理への徹底した取り組みに加え、
製造方法をさらに工夫し、その測定技術を活用することで、味は変えずに、
より「白く美しい泡」を実現しました。これにより「完璧な生ビールを。」を
訴求し続ける「サッポロ生ビール黒ラベル」がさらに進化しました。』

え。味は変えていないんだ。
なんてあてにならない自分の舌(汗)
リニューアルの事実だけメモっていた自分が恨めしい!?

せっかくなので、泡の色も撮ってみました。

1902_SA黒ラベル泡.JPG

いわれてみれば、新しいほう(右)が白いような。
写真で見るとほとんどわかりませんが、
目で見ると・・・、ほとんどわかりません。

まあ、前のも新しいのもうまいなぁ、と思ったので、
痛み分け(?)ということで。

サッポロ ニュースリリース
http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000022084/index.html

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:30| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

DHC ヴァイツェン

DHCのヴァイツェンをいただきました。

1902_DHCヴァイツェン.JPG

色は薄め。しっかりと濁っています。
鼻を近づけると甘く、バナナのような香り。

飲んでもその香りはしっかりとしてきます。
甘みが先行して後にしっかりと酸味が来るんですが、
後味はすっきりな印象です。

重みが適度にあって、飲みごたえがあるビール。
いいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:08| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

FIRESTONE WALKER BREWING Co. LUPONIC DISTORTION IPA SERIES No.11

FIRESTONE WALKER BREWING Co.の
LUPONIC DISTORTION IPA SERIES No.11をいただきました。

1902_FWB_LDSNo11.JPG

色はかなり薄め。
うっすらと濁っています。

鼻を近づけるとパイナップルやグレープフルーツ、
グァバやレモンのような、フルーティーな香り。

飲んでみると最初にかなりしっかりと甘みを感じます。
そのあと、しっかりと苦いんですが、すっと消える印象。

すこし舌にザラッとした印象が残るのが気になりますが、
全体的には軽く飲める部類のIPAに感じました。

この香りがかなり特徴的。
最初の甘みもあって、かなりジューシーなIPAですね。
いいビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:07| Comment(0) | ビール-海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

SUNTORY 金麦 リニューアル

新しくなった、SUNTORY 金麦をいただきました。

1902_SU金麦1.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘めの香りがします。

飲んでみるとその香りはおとなしめになります。
苦みは少なめですが、いやな甘みも少なめ。
残り香がちょっと気になりますが、許容範囲です。

新旧の飲み比べもしてみました。

1902_SU金麦2.JPG

パッケージも全体のフォントが大きくなって、
シャープになっている印象ですね。

いまだけ、裏には「新しい」という記載があります。

1902_SU金麦3.JPG

新しいのは1月上旬。古いのは12月中旬です。

1902_SU金麦4.JPG

グラスに注ぐとこんな感じ。

1902_SU金麦5.JPG

外観は全く変わりません。
香りは、新しいほうが強くなっている印象があります。

飲んだ時のすっきり感は前のほうが強い気がします。
もしかしたら、新しいほうのまったりとした感じは
「麦のうまみ」と表現されているものかもしれません。

そして、味わい的には新しいほうが厚みがあるように感じるのです。
以前のものはすっきりといいつつ、全体的に薄いとなれば、
新しいほうがより飲みごたえが出ているといえると思います。
個人的には新しいほうが好みです。

ただ、以前の金麦のすっきり感が好きだった人には
ちょっと残念なリニューアルなのかもしれません。
面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:42| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

SUNTORY 金麦 GOLD LAGER

SUNTORY 金麦のGOLD LAGERをいただきました。

1902_SU金麦GL.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘めで、少しフルーティーな香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
それに加えて、アルコールっぽい香りも。

飲み口としては甘味が先行して、苦みは薄め。
どちらかというとすっきりした印象です。
ただ、アルコール度数ゆえの重ったるさはあります。

なんとなく、金麦のアルコール度数を高めて、
コクが増えた印象なんですが、
狙ったところがそこなのかが不思議なビール。

パッケージの色から、本麒麟を意識しているようにも思えますが、
そこには追いついていないなぁと思うわけです。

そうなると、このビールはどこを狙っていたのか。
これからの進化があるとすれば、気になるところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:28| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

志賀高原ビール 1t IPA Habanero

志賀高原ビール 1t IPA Habaneroをいただきました。

1902_志賀高原ハバネロ.JPG

色は薄めの茶色。
少し濁っています。

鼻を近づけるとしっかりとオレンジのようなホップの香りと、
ハバネロの印象がこれまたしっかりと。

飲んでみるとハバネロの香りが強くなります。
最初は甘くて、次に苦くて、最後に辛い。
しかも、辛さは結構あります。
まあ、ハバネロが入っているので当たり前ですが。

ラベルの解説にはこんなことが。

1902_志賀高原ハバネロ解説.JPG

『あの1tIPAに、Mellow Habaneroで有名な、
ハバネロマンが無農薬で育てた、
とれたてのハバネロを加えた特別版。
強烈なホップ、爽快な辛さ、そして他にはない
ハバネロのフルーティーさの競演をお楽しみください!』

自分は辛いものは好きなんですが、強くはないです。
ただ、甘みがあったうえでの絶妙な辛さだけに、
うまくバランスが取れている感じでした。

ほんとに、しっかりと辛いので、辛い物が得意でない人は要注意です。
面白いビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:25| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

KIRIN 本麒麟リニューアル

新しくなった、KIRIN 本麒麟をいただきました。

1902_KI本麒麟.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると辛めで、少しフローラルなホップの香り。

飲んでみるとその香りはおとなしくなります。
少しコクがあるんですが、すっきりとしている印象です。
苦みもしっかりとあります。

せっかくなので、新旧の飲み比べもしてみました。

1902_KI本麒麟成分.JPG

パッケージに〇新とあるのでわかりやすいですね。

二つの製造年月日は1月上旬と1月中旬。

1902_KI本麒麟製造.JPG

できるだけ近いものを選んでみました。

1902_KI本麒麟成分.JPG

成分などはほとんど変わりがありません。
発泡酒に「国内製造」と記載されたのが気になるところ。

グラスに注いでみます。

1902_KI本麒麟飲み比べ.JPG

見た目は変わりません。

香りもほぼ変わらず。
飲んだ印象ですが、古いほうは若干強めに甘みを感じます。
それから、飲んだ後のすっきり感は新しいほうが強いです。
甘みが少なくなって、よりビールに近づいた印象があります。

比べてみると、確実にレベルアップしてますね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:49| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

伊勢角屋麦酒 八重洲店

東京駅や日本橋駅からほど近い、伊勢角屋麦酒 八重洲店にいってきました。

1902_伊勢角屋タップ.JPG

この日はカウンターだったんですが、
目の前にある木で覆われたタップがかっこいいんです。

最初はコンフォータブルエール。

1902_伊勢角屋CA.JPG

鼻を近づけるとパインのような香りがします。
コクがあって、切れがいい。
1杯目には最適なエールでした。

合わせたのは「旨し!志摩鯖の冷燻」。

1902_伊勢角屋さば.JPG

脂がのっていて、うまみがすごいんです。
しっかりとジューシーな印象。
日本酒が飲みたくなるつまみですね。

2杯目にHybrid IPA。

1902_伊勢角屋HIPA.JPG

ウエストコーストとニューイングランドのいいとこどり、とのこと。
香り高く、ただ、澄んでいて、グイっといってしまいそうなんですが、
アルコール度数が8%と高め。
のんびりと飲みました。

ゆで豚タンの塩ネギも。

1902_伊勢角屋タン.JPG

とっても柔らかです。
塩加減とごま油の風味、香りが絶妙な一品。

これもまた、日本酒に合わせてもいいつまみです。

お会計を待つ間に出される赤だしの味噌汁。

1902_伊勢角屋赤だし.JPG

こういうのもうれしいですよね。

またのんびりと立ち寄りたいと思います。

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13224097/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:38| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

SUNTORY The PREMIUM MALT'S <香る>エール 初仕込2019

SUNTORY The PREMIUM MALT'S <香る>エール 初仕込2019をいただきました。

1902_SU香るプレモル初仕込み.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘めのホップの香り。
通常のプレモルよりはおとなしい印象。

飲んでもその印象は変わりません。
優しい苦みがあって少しコクがあります。

解説にはこんなことが。

1902_SU香るプレモル初仕込み解説.JPG

『チェコとその周辺国のみで収穫される
希少なダイヤモンド麦芽。
うまみが多く詰まったこの麦芽から
<香る>エールのフルーティな香りと
調和する「豊かな味わい」を引き出すために、
時間と手間をかけて仕込みました。』

プレモルが完成されているだけに、
ちょっとおいついていない印象の香るエール。
初仕込みでもその印象は変わりませんでしたが、
通常のものよりはおいしいはず。
店頭で見かけたら手に取ってみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:31| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 初仕込2019

SUNTORY The PREMIUM MALT'S 初仕込2019をいただきました。

1902_SUプレモル初仕込み.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲んでみるとその香りは甘めに寄ります。
しっかりと苦く、コクもあるんですが、
そのあとすっと切れていく印象があります。

解説にはこんなことが。

1902_SUプレモル初仕込み解説.JPG

『チェコとその周辺国のみで収穫される希少なダイヤモンド麦芽。
うまみが多くつまったこの麦芽からザ・プレミアム・モルツに
かかせない「上質なコクとうまみ」を引き出すために、
時間と手間をかけて仕込みました。』

まあ、普通のプレモルとあまり変わりはないのですが、
やっぱり初仕込ということで、新しいからうまい、
というのがあると思います。

この時期に飲むなら初仕込みを選ぶのが吉でしょう。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:53| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする