2019年05月08日

富士櫻高原ビール シュヴァルツヴァイツェン

富士櫻高原ビールのシュヴァルツヴァイツェンをいただきました。

1905_富士櫻SV.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけるとバナナのような香り。

飲んでみると焙煎の香りが優勢になります。
少しの酸味と少しの苦み。
最後はやっぱり少しの酸味が残る印象です。

いいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:26| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

ヤッホーブルーイング SORRY NIPPON CITRUS ALE

ヤッホーブルーイングのSORRY NIPPON CITRUS ALEをいただきました。

1905_ヤッホーCA.JPG

色は少し薄め。
鼻を近づけると甘く、酸っぱく、
ゆず的な香りがしてきます。

飲んでみるとその香りは落ち着きます。
飲み口はなめらかで、苦みは少なめ。
酸味と、甘いのとしょっぱいのが混ざっている気がします。

ちょっと塩気が強い気がして、
旨いんですが、1杯で次のビールに行きたくなる印象。

塩気があるおつまみと合わせると、
この塩気は気にならなくなるかもしれません。

原材料は、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップと
ゆず果汁、食塩ということで、区分は発泡酒になっています。

アルコール度数が4.5%と飲みやすく仕上がっているこのビール。
これから暑くなる時期にぴったりのビールかもしれません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:42| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

志賀高原ビール KASUMI IPA for 仙人

志賀高原ビールのKASUMI IPA for 仙人をいただきました。

1905_志賀KASUMI.JPG

色は黄色。しっかりと濁っています。
鼻を近づけるとグアバやパッションフルーツ、グレープフルーツなど、
とにかくトロピカルでフルーティーな香りがしてきます。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
しっかりと苦くて、ジューシーなIPA。

解説にはこんなことが。

1905_志賀KASUMI解説.JPG

『玉村本店の"仙人"の結婚を祝う、ヘイジーなセッションIPA。
俗世界での暮らしを選んだ男の明るい未来と、
「霞を食っても生きていける」のを忘れない
リラックスした人生を祈ってます!』

アルコール度数が4.5%。
見た目よりも飲みやすくて、
グイっといってしまうIPA。
いいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:22| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

KIRIN 一番搾り 清澄み

KIRINの一番搾り 清澄みをいただきました。

1905_KI清澄み.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると少し華やかで清涼感がある香り。

飲んでみるとその香りはおとなしくなります。
しっかりとした苦みがあるんですが、
その名の通り、すっと消える清らかさ。

解説にはこんなことが。

1905_KI清澄み解説.JPG

『氷点下貯蔵と希少ホップにより実現した、
心も体も解きほぐすような清く澄んだ味わい。』

HPにはもう少し詳しいことが書いてあります。

HP:https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0418_02.html

『「キリン一番搾り 清澄み(きよすみ)」は、
キリンビール独自の“一番搾り製法”に加え、
“氷点下貯蔵”することにより実現した澄んだ滑らかさと、
希少なニュージーランド産ザーツホップ「モーテカ」を
一部使用することで実現した爽やかな香りが調和した、
清く澄んだ味わいが特長です。

(中略)

昨年は「一番搾り」ブランドから「一番搾り 匠の冴(さえ)」を発売し、
多くのお客様から好評いただきました。
本年も「一番搾り 匠の冴」をさらに進化させた
「キリン一番搾り 清澄み(きよすみ)」の発売を通して、
ビール市場の再活性化を目指します。』

モーテカ(モトゥエカMotueka?)を使っているんですが、
それほどホップの印象は強くありません。
ただ、ノーマルの一番搾りとは香りがはっきり違う印象があります。
これは飲み比べもしてみたいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:19| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

富士櫻高原ビール ヴァイツェン

富士櫻高原ビールのヴァイツェンをいただきました。

1905_富士櫻高原ビールヴァイツェン.JPG

色は薄めの黄色。
しっかりと濁っています。

鼻を近づけるとバナナのような香り。
すこし酸っぱい印象もあります。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
少し甘めに感じますね。

飲み口としても甘みがあって、苦みはなし。
香りではすこし酸っぱさがありましたが、酸味もありません。

少しボディもあるんですが、
するっと飲めてしまう1杯。

富士櫻高原ビールの顔でもあるこのビール。
さすがのうまさです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:45| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

KIRIN 新・一番搾り

新しくなったKIRINの一番搾りをいただきました。

1905_KI新一番搾り.JPG

しっかりと甘辛のホップの香りがしつつ、
飲んでみると苦みがしっかりとしていて、
後味すっきり。

これだけだと新しくなったことがよくわからないので、
早速飲み比べ。

1905_KI一番飲み比べ.JPG

ビールの見た目は同じ。
缶の見た目も同じ、さて、どちらが新しいのでしょうか?

実は、缶の裏側で分かります。

1905_KI一番飲み比べ裏.JPG

香りは、古いほうが強い印象があります。
より甘い香りですね。
新しいほうはみずみずしい香りです。

飲み口としても古いほうが甘みが強い感じがして、
新しいほうがより苦い印象です。
すっきり感というか、切れの良さも新しいほうが強い気がしました。

香りが減って、苦みが強くなって切れが良くなった。
ちょっと前の一番搾りに近づいたんでしょうか?

ちなみに製造年月は古いほうが3月中旬、新しいほうが3月下旬。

1905_KI一番飲製造.JPG

公式HPだと4月上旬製造分からと記載されていましたが、
変わったんでしょうかね。
https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0109_02.html

何はともあれ、パッケージで新の文字を見つけたら、
試してみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:36| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

八ヶ岳ビール TOUCH DOWN FIRST DOWN

八ヶ岳ビールTOUCH DOWNのFIRST DOWNをいただきました。

1905_TD1D.JPG

色は薄め。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲んでみるとその香りは落ち着きます。

ちょっと甘みがあって、苦みもあるんですが、
それも強くはありません。

特筆すべきはそのキレの良さ。
さらっと切れていきます。

原材料には米とコーンスターチが。

1905_TD1D原材料.JPG

キレの良さはここからですね。
タッチダウンというと、清里ラガーとか、
タッチダウンピルスナーがラインナップされていて、
ラガーはやっぱりうまい、という印象です。

1杯目専用生ビールとしてクラウドファンディングで
資金を集めていたこのビール。

その名の通り、1杯目にはぴったり。
これから暑くなってくるとさらに似合う感じがします。

満足の一杯でした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:51| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする