2009年07月14日

キリンとサントリーの経営統合

旅日記の途中ではありますが、ビール業界が騒がしいですね。
キリンとサントリーの経営統合の噂が流れています。

もともと麦100%にこだわってモルツを作り続け、プレミアムモルツで
ようやく開花した、サントリー。

対して、さまざまな商品を開発しながら、最近ようやく麦100%を取り入れた、
多彩なキリン。

一番搾りの麦100%化は、ここへの布石だったんでしょうか?
(邪推ですね・・・)

本当に統合されるのであれば、香りのサントリーと苦味のキリンの
ビールの「統合」はどういう形で行われるのでしょうか?

好意的に捉えるなら、サントリーのよいところをキリンの商品開発力で吸収して、
よりうまい一番搾りが誕生、というのがよいところです。
ただ、足して2で割ってしまうと完璧に中途半端なビールができてしまいそうで、
ちょっと怖い感じがします。

飲んで、幸せな思いに浸れるビール、作ってくれないですかね。

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック