2009年08月10日

伊豆ツーリング

ツーリング仲間と、久々の一泊ツーリングに行ってきました。
伊豆方面なんですが、主な目的地は怪しい少年少女博物館、石廊崎、となっています。

週末は天気がなかなかよかったんですが、箱根ターンパイクの上のほうは
霧がかかっている状態。

あいにくの.JPG

ここで天気がよかった思い出があまりありません。
涼しくて(気温21℃!)よかったんですが、前が見えにくいのはつらいですよね。

ターンパイクを抜けた後は、伊豆スカイラインへ。
そこから東へ抜けて、激込みの135号から怪しい少年少女博物館に向かいます。

怪しい.JPG

この外観はわかりやすい。135号を通っていると、なんだこれ?と思ったことが
ある方も多いのではないでしょうか?

この博物館は、中のことを書くと楽しみが減ってしまいそうなので、
あまり書きませんが、サブカルなものがたくさんおいてあったり、ちょっとしたお化け屋敷もあって、思ったよりも楽しめました。
気になる方はぜひいってみてください。

お昼は川奈のほうに少し戻って、「海女の小屋」というお店で丼ものをいただきました。

丼1.JPG

頼んだのはおまかせ丼。その日に獲れたよい魚をアレンジしてくれる、
という素敵などんぶり。
どれも厚切りで、身がぷりぷりしていてうまかったです。

ここからは西伊豆のライダーハウスに向かうため、山道をひた走ります。
途中で、こんなご褒美も。

ソフト.JPG

道の駅「天城越え」で売っている、わさびソフトです。
この道の駅の中では2種類のわさびソフトが売っていて、
ひとつが、バニラソフトにわさびがトッピングしてあるわさびソフト、
もうひとつがこのわさびが練りこまれているわさびソフトです。

自分が食べたのは練りこみのほうですが、ふつう、色づけだけか?と
思ってしまう練りこみ系のソフトですが、このわさびソフトはしっかりと
わさびの香りがしつつ、最初は甘くてあとからツーンとくる、いいソフトでした。

近くに行かれる方はぜひ食べてみてください。

泊まり.JPG

宿泊はこのライダーハウス。ちょっと奥まったところにあるので、
迷いそうになりながら到着したんですが、本当に周りに何もないので、
静かですし、いい感じのライダーハウスでした。

しかも、客はうちらの団体だけ、ということで、貸切状態。
食材やお酒を買い込んで、前日の睡眠時間が短かったにもかかわらず、
0時過ぎまで飲んだり、他愛もないおしゃべりで盛り上がっていました。

オーナーも面白い方で、一緒に遅くまでしゃべってくれていました。
あまり宣伝をしたくないということだったので、検索にひっかからないよう、
文面には宿名は書きませんが、ライダーの方にはおススメです。

翌日は石廊崎へ。初めて行ったのですが、景色がすごかったですね。
駐車場から長い上り坂を登ってきた甲斐がありました。

石廊崎.JPG

その後、昼食は紆余曲折を経て、黄金崎の三京食堂へ。
行ってみると、お昼時だというのに、表の駐車場に1台も車が
止まっていなかったので、これは?!とおもったのですが、
お店の中に入るとほぼ満席。地元の人に好かれる店、というのに悪い店は
ないでしょう、ということで一安心しました。

丼2.JPG

いただいたのは小鰺丼。鰺が見えませんが、、薬味の下にたっぷりと入っています。
ぷりっとしていて、こんなに薬味はいらないでしょう、と思うくらい、臭みも少なく絶妙でした。

そこからはひた走り、帰宅は日が完全に落ちようとすることでした。
2日あわせて500km程度。色々な道も走れたし、ちょっとしたアクシデントもありながら、
楽しいツーリングでした♪
posted by きょう at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック