2012年05月13日

ウクレレスーパージャム2012に行ってきた 〜ウクレレ練習帳

今年も、ウクレレスーパージャムに行ってきました。
今年の出演者はこちら(敬称略)。

高木里香
JazzomCafe
Vance Helen
山本家
フラリーパッド
勝誠二
シントー・ナムチョク:ゲスト Lula
Vance K Band
ライアテア・ヘルム
フィナーレ

高木里香さんはMCも務められました。
最初にひょっこりひょうたん島で会場を温めてくれました。

JazoomCafeさんは胴着を着ていて、派手な入場をされましたが、
元総合格闘家と聞いて納得。
インターナショナル・ウクレレ・コンペで優勝された方ということで、
見た目とは裏腹に(←失礼)、すごくテクニックのある方で、
え?あれでどうやって音がでているの?というくらいの
見たことのない弾き方もされていました。

Vance HelenはVance Kが1.5時間のワークショップを実施して、
練習をされた方々の演奏でした。

山本家さんはジ・ウクレレコンテストの優勝者。
なんと、まだ中学3年生ということ。
MCをやるときにマイクを通すのを忘れそうになるという
かわいいハプニングもありましたが、
演奏はきっちりしていました。

本当はお父さんと一緒に出場する予定だったとのことでしたが、
そんな親子、いいですね〜。

フラリーパッドさんと勝誠二さんは説明することもないでしょう。
さすがプロ、という演奏を聞かせていただきました。
勝さんの「一人でもさみしくない」がパワーアップしていてビックリしました。

シントー・ナムチョクさんんはタイのウクレレコンテストの優勝者。
弾き語りの方なんですが、ハスキーな声が素敵な方でした。

Vance K Bandはハワイのヒロ市出身のバンド。
ハワイアンな曲からポップな曲まで何でもこなすバンドでした。
ボーカルのVance Kさんは低音のいい声をしています。
ハワイアンウォーターのCMの声もされているそうで、
その再現もしてくれるサービスぶり。

最後のライアテア・ヘルムさんはハワイアンソングで
グラミー賞にノミネートされたほどの実力の持ち主。
本当にきれいな声で、癒しの歌をきかせてくれました。

16時前から始まったんですが、19時20分くらいまで
ほぼノンストップで演奏がありました。

今回も楽しいステージが盛りだくさんだったんですが、
若干気になったのはお客さんの少なさと、
出展しているブースの少なさ。
来年以降、大丈夫かなぁ、なんて心配をしてしまいます。

来年はさらに盛り上がるといいな♪
posted by きょう at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック