2016年11月06日

発表会2016 〜ウクレレ練習帳

久々のウクレレネタですが、
先日行われた発表会の振り返りをしたいと思います。

今年も2クラス合同で3曲弾いてきました。
メンバーが一人遅れて、演奏ぎりぎりに到着するハプニングもありつつ、
楽しんできました♪

1、明日にかける橋
スローなナンバーで全員同じ内容を弾きます。
ところどころに難しい運指があったり、
譜割りがちょっと難しかったりする曲です。
いくつかの個所で音が途切れるところがあって、
直前まで調整を続けながら頑張って、良い仕上がりになっていたと思います。

2、Mr.Lonry
メロディーと伴奏に分かれて弾きました。
曲自体はゆったりとした曲なんですが、
パートによって役割が違って、途中転調もあるちょっと忙しい曲。
全体では3パートあるんですが、自分は最初の伴奏(テンポを決める大事なところ)と、
転調を挟んでのメロディーを2パートと、個人的にはチャレンジングな内容で挑戦。

いくつかポイントがあって、それは何とかクリアしたんですが、
気が緩んだのか、最後の最後で次の曲が気になって練習ではミスしないところで
ミスをしてしまいました。周りの皆さんは間違わないので、
全体的には全く気にはなりませんでしたが、
個人的にはやっちゃったなぁ、という曲でした。

3、My Way
これが難曲でした。先生のデモ演奏を聴いて、
弾けるととってもかっこいい、ということでチョイスしたんですが、
譜割りも難しいし、運指もなかなか難儀しました。

ストロークが混ざったソロ弾きで結構スピードが速いんです。
できるだけゆっくり弾こうとするんですが、盛り上がってくると
自分たちでも気づかないうちに早くなってしまいます。

発表会でもこの傾向は顕著で、最初からだんだんとスピードが速くなって、
盛り上がるラストのところでさらにスピードが上がるという、
おそらく見ている人にとってはハラハラする1曲だったんじゃないかと思います。

ただ、聞いてみると結構弾けていて、この曲があったからこそ、
盛り上がった私たちのクラスの発表だったと思っています。

練習しているときも一番楽しかったのはこの曲だったし、
発表会の2回前くらいのレッスンで、自分たちのクラスだけで弾いてみて、
きちんと弾けていた時は、クラスメイトが「涙が出そう」、と言っていたくらい、
頑張った曲でした。こういう曲に出会えたのは本当にうれしいことです。
一人で弾いてもキチンと聞こえるように、これからも練習したいですね。

今年もレベルが上がったと思える発表会だったんですが、
やっぱり課題がいくつかあります。

最終的には楽譜を見ずに、前を見て弾きたいんですよね。
ただ、暗譜するまで弾き込めていないので、なかなか難しいところ。
弾き込めていないのは、練習をやっていなかったのか、
というとそういうことでもなく、期間が短かったことがあります。
なぜ期間が短かったのかというと、曲を決めるのが遅かったことにあります。

毎年、だいたいGWくらいには何となく決まっているものですが、
3曲決まったのは夏になってからでした。
来年は早めに曲の案出しと曲決めをやって、
譜面を見ない演奏を試みたいと思います♪
posted by きょう at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック