2018年02月10日

志賀高原ビール HouseIPA

志賀高原ビール HouseIPAをいただきました。

1802_志賀HouseIPA.JPG

色は薄い茶色。濁りがしっかりとあります。
鼻を近づけるとグレープフルーツのような柑橘系の香り。

飲んでみてもその香りは衰えません。
最初に甘みを強めに感じて、そのあとはしっかり苦い。
でも、あとに残らないくらいの苦さ。
フィニッシュの香りはよりグラッシーに感じられます。

解説にはこんなことが。

1802_志賀HouseIPA解説.JPG

『厳選した麦芽をふんだんにつかい、大量のホップを10回以上に分けて加え、
長期熟成させた、インペリアルIPAスタイルのビールです。
豊かな味わいと圧倒的な香り、爽快な苦みのバランスをお楽しみください。』

コンディションが良い時のこのビールは、ジューシーそのもの。
ビールは冷蔵庫で保存が基本ですが、
この時期は30分くらい前に冷蔵庫から出しておいて、
のんびり飲んで印象の変遷に注目するのも面白いビールだと思うんです。

志賀高原ビールの準定番ビール。
侮れません。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。