2018年06月26日

軽井沢高原ビール Session IPA

軽井沢高原ビール Session IPAをいただきました。

1806_軽井沢SIPA.JPG


色は薄目の黄金色。
鼻を近づけるとグレープフルーツの皮のような香りと、
レモンのような少し酸味のある香りがします。

飲んでみると少し香りは抑え目になります。
飲み口はなめらかで、しっかりと苦いんですが、
セッションIPAだけに味わいは軽めな印象はあります。

そして、最後に鼻に抜ける香りがカボスっぽいんです。
やっぱりここでも少し酸味が勝っている気がします。

解説にはこんなことが。

1806_軽井沢SIPA解説.JPG

『一歩木陰に入ると、カラマツを渡る
涼やかな風を感じる軽井沢の夏。
日常の喧騒からはなれて、
木漏れ日のハンモックでうたた寝したり、
家族や友人と新鮮な食材で
バーベキューを楽しんだり。
そんな思い思いに過ごす
夏にぴったりなエールビールを造りました。
トロピカルフルーツを思わせるフレッシュな
ホップの香りと、爽やかな飲み口。
夏の軽井沢を思い切り楽しむための、夏限定ビールです。』

原材料に大麦麦芽とホップ以外に、
小麦麦芽、小麦、オーツ麦が使われていました。
軽井沢産の「ゆめあかり」という小麦も使われているそうです。

アルコール度数も4.5%でぐいぐい飲めるセッションIPA。
これからの暑い時期に、いいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:10| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。