2018年08月12日

SAPPORO ラガービール

SAPPORO ラガービールをいただきました。

1808_SAラガー.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
初めに少し甘みを感じるんですが、
そのあとにガツンと苦みがあります。
とがったというか、ごつごつしたというか、
そんな飲み口でもあります。

1883年当時のラベル多刻まれる裏面にはこんなことが。

1808_SAラガー解説.JPG

『文明開化が進む中、まだまだビールは庶民には高嶺の花でした。
大瓶一本の値段は、現在の価格に換算すると4,500円という高級品。
当時のラベルには、「夏は冷たい水につけて冷やして、
冬は適温に温めて、春秋はそのまま飲んでよい」との
ビールの飲み方への解説が記されており、
ビールが普及する前であったことがうかがえます。
ラベルの赤い星は「北極星」。
日本で最も歴史あるビールブランド、サッポロラガービール。』

歴史を感じさせてくれながら、
いい味を保っているなと思います。

しばらくお世話になりそうです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:55| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。