2018年09月25日

オクトーバーフェスト in ラゾーナ川崎

先週末までラゾーナ川崎で行われていた、
オクトーバーフェストに行ってきました。

1809_川崎オクフェス正面.JPG

商業施設のラゾーナ川崎の中庭のようなところで開催されていました。

JR川崎駅からの連絡口から見て、左右にお店が並んでいて、その数は9つ。

1809_川崎オクフェス左側.JPG

1809_川崎オクフェス右側.JPG

なかなかこじんまりとした感じですが、
商業施設の中なので、飲めるところはいろいろとあります。

あまり飲んだことないところを中心にと思い、
最初に選んだのがこちら。

1809_川崎オクフェスヴァイツェン.JPG

Alpirsbacherのヴァイツェン。
しっかりとバナナのような香りがしつつ、
苦みもなく、なかなかいいヴァイツェンだなぁ、と思いました。
天然軟水100%で作られているということ。

続いてはHacker-pschorrのブラウマイスターピルス。

1809_川崎オクフェスピルス.JPG

ブラウマイスターのピルスということで期待したんですが、
香りは青リンゴのような香りや発酵臭がしっかりとしてきて、
苦みよりも酸味が目立つビールでした。

つまみにチキンフィンガーとフライドポテトのバスケット。

1809_川崎オクフェスポテト.JPG

ビールとポテトは最強の組み合わせですよね。

最後はコナのハナレイアイランドIPA。

1809_川崎オクフェスIPA.JPG

少しフルーティーな感じはしたんですが、
そこまで香りは強くなく、苦みもIPAにしては弱め。
なんだかボヤっとした感じでした。

オクトーバーフェストと名の付くものには久しぶりに行った気がするのですが、
やっぱり雰囲気はいいんですよね。
デポジットがかかるんですが、他の売り場でビールを買う時にグラスを返すと、
再度デポジットを払う必要がなくなるみたいな運用改善も見られて、
飲むほうからは少し良くなったのかな、なんて思いました。

そんな飲みたくなる感じではあるんですが、
ビールの品質とか、値段設定とかが毎回気になってしまいます。
どちらも、海外から運んでくるビールということで仕方がないところは
あるとは思うんですが、特に品質は致命的な気がするんですよね。
海外の(それなりの品質の)ビールを飲むよりは、
国内の質のいいクラフトビールのビールを飲んだほうがいい、みたいな。

数あるビール好きな方のブログでもオクトーバーフェストの記事って、
本当に見なくなったと思うんですよね。

日本でやるオクトーバーフェストって、なんだっけ?
なんてことを考えながら飲んでしまいました。
次にオクフェスに行くのは何年後でしょうか?!

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。