2018年11月11日

サン・レミ・ド・プロヴァンス (山口地ビール) ~その2

最初のつまみはフグのフリッター。

1811_山口ふぐ.JPG

山口といえば、のフリッターです。
揚げたて熱々でふわふわな食感。
いいですね。

色々なビールが飲みたいと思って、飲み比べを。

1811_山口飲み比べ1.JPG

左から、なるたきビター、サマーセゾン、厚保栗マロンエール、萩ゆずエール。

なるたきビターはホップの香りは控えめですが、
最初からしっかり苦くて、後にかけて苦みが増す印象。
うまいビターですね。

サマーセゾンはホップのフルーティーさと、
ベルジャンなスパイシーさがしっかりと共存していて、
これもうまい。

厚保栗マロンエールは鼻を近づけた時の印象は麦が強めなんですが、
飲んでみると襲い掛かってくる甘い栗の香り。
面白いですね。

萩ゆずエールも鼻を近づけた時はふわっと香ってくるゆずの香りが、
飲んでみるとゆずのジュースでも飲んだんじゃないかというくらい、
しっかりとしてきます。でも、ちゃんとビールなんです。

ふぐはすぐになくなってしまったので、
お次はフライドポテトとチーズポテトの盛り合わせ。

1811_山口ポテト.JPG

ポテトはサクサクでからっとあがっています。
チーズは花畑牧場のチーズを使っているようでした。
濃厚で滑らかなチーズボールはビールにもピッタリ。

さて次も飲み比べ、いってみましょう。

サン・レミ・ド・プロヴァンス 公式HPリンク/食べログリンク

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:21| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。