2018年11月14日

サン・レミ・ド・プロヴァンス (山口地ビール) ~その3

続いての飲み比べは左からIPA、スタウト、ヴァイツェン、ペールエール。

1811_山口飲み比べ2.JPG

IPAは柑橘系の香りがいい感じ。
飲んだ後に感じる少し甘めの香りが気になるくらいで、
なかなかのIPA。

スタウトは香りが高くウェットな感じのスタウト。

ヴァイツェンは濁りがあるヘーフェヴァイツェン。
バナナのような香りがしっかりとしていて、
ミドルボディの好みのヴァイツェンでした。

ペールエールは甘味がしっかりと感じられて、
少し薄めに感じました。発酵臭も少し気になるところ。

飲んでいるときに、グラスの仕掛け(?)に気づきました。

1811_山口飲み比べ2しかけ.JPG

癒されます。

最後にがっつり行きたいなぁと思って頼んだのが
骨付きスペアリブの和風煮込み。

1811_山口スペアリブ.JPG

写真で伝わるかわかりませんが、すごいボリュームでした。
2人でもちょううどいいくらいじゃないでしょうか。

山口市のお隣、防府市にある老舗、桑田醤油さんの熟成金醤油を
使用した特製のつけダレに2日間も付け込まれているようです。

身は柔らかでうまいんですよね。

最後のビールに山田錦ラガー。

1811_山口山田錦.JPG

酒米、山田錦をふんだんに使用し、酒酵母で発行させたというだけあって、
完全に香りが日本酒!飲む前も飲んだ後もしっかりと日本酒の香りがします。

ビールらしく、炭酸や苦みもありつつ香りが日本酒で、
感覚が混乱しそうです。

全種類飲んでみましたが、一番おいしかったのはゆずエールでしたね。
そして、びっくりしたのはマロンエールと山田錦ラガー。
また飲みたいなぁ。

最初は一人占めでしたが、飲んでいるうちに数組のカップルが入ってきて、
誕生日やらなにやらのお祝いのイベントみたいなことが執り行われていました。

ウェディングもやられるところなので、そういう人が結構多いんでしょうね。
地元に根差したクラフトビール。いいですね。また行きたいと思いました♪

サン・レミ・ド・プロヴァンス 公式HPリンク/食べログリンク

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:42| Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。