2014年06月01日

プレモル飲み比べ

普通のプレモルと香るプレミアムを飲み比べてみました。

1405_プレモル飲み比べ.JPG

もともと普通のプレモルはピルスナー(ラガー)で、
香るプレミアムはエールということで、同じ土俵で比べるのもどうかと思うんですが、
おいしいもの2つを並べて自分の好みが知りたいなぁ、
ということで比べてみました。

見た目はどちらも変わらず、キレイな黄金色ですね。
泡立ちは普通のプレモルが少し強め。
香りでいうと、普通のプレモルのほうが華やかな感じ。
香るプレミアムはちょっと甘い香りがする感じがします。

香るプレミアムは飲んだ時に最初と最後に
甘みのようなものを感じます。

苦味はプレモルのほうが強いかなぁ。

飲み比べて改めて、プレモルの完成度の高さに気づきました。
香りの生もおいしいんですが、普通のプレモルのバランスの良さというんでしょうか、
香り、苦味、コクの総合点が高い気がします。

どっちもうまいけど、好みはプレモル、ということがはっきりしました。
いや、いろいろ考えられるビール、素敵ですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

麦とホップ飲み比べ

新しく出た麦とホップThe gold。
最初に飲んだ時にビールっぽさが少なくなった気がしたので、
飲み比べをしてみました。

1304_麦ホ飲み比べ.JPG

左が麦とホップ。
右が麦とホップ The gold。
見た目はあまり変わりませんね。

香りの面ではスタンダードのほうが上。
感じられるコクもスタンダードのほうが上に感じられます。
ただ、苦味という意味ではThe goldのほうが強め。
クリアなのもThe gold。

個人的にビールっぽさをどちらから感じたかというと、
やっぱりスタンダードのほうがビールっぽかったんですよね。

前回飲んだ時はThe goldに苦みはあまり感じていなかったんですが、
それよりも苦みが少ないスタンダードにビールっぽさを感じています。

そういう意味では、自分は香りやコクでビールっぽさを
感じているということなんでしょうか。

それでも飲み比べてみて、やっぱり麦とホップのレベルは高いなぁ、
と思えるビールたちでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ベアレン ヴァイツェン飲み比べ

ベアレンのヘーフェヴァイツェンとクリスタルヴァイツェンの
飲み比べをしてみました。

1311_ベアレンヴァイツェン飲み比べ.JPG

左が酵母の入っているヘーフェヴァイツェン、
右が酵母が取り除かれているクリスタルヴァイツェンです。

ヘーフェヴァイツェンのほうは、濁りがあって、
泡持ちがよく、香りが複雑で、しかも強めに感じます。
飲んだ時もなめらかな印象。

クリスタルは香りもクリアで、
飲んだ時もさらっとしていて後もすっきり。

両方とも特徴的な部分があって、
おいしいビールですね。

自分の好みとしては少しボディがあった方がいいので、
ヘーフェヴァイツェンに軍配かな。

冬に販売されるウルズス(ヴァイツェンボック)も楽しみなところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

冬の新ジャンル飲み比べ

10月に入って冬物語が発売されましたが、
各社の新ジャンルも市場に投入されています。
3種類の新ジャンルを飲み比べしてみました。

まずはKIRINの冬麒麟。
以前は発泡酒でしたが、2010年から新ジャンルになっちゃったんですね〜。
発泡酒のころはたまに飲みましたが、新ジャンルではどうなんでしょうか?

1310_冬麒麟.JPG

意外としっかりと泡ができます。
でも、コシは弱めですね。
飲み口は至ってスタンダードで、特徴は少な目。
苦味も一応感じられますが、後から感じるアルコールっぽい香りは
マイナスポイントですね。

続いて、SUNTORYのくちどけの冬小麦。

1310_くちどけ.JPG

見た目で一番特徴のあったこのビール。
色が薄いのがわかりますね。

泡は弱いんですが、甘いホップの香りがします。
飲んでみるとそのホップの香りがきちんとしてきます。
このホップの香りはモルツっぽい感じがします。
なめらかで苦みはなく、どちらかというと甘い。

最後はアサヒの冬の贈り物。

1310_冬の贈り物.JPG

泡は弱く、色は少しだけ濃いめ。
鼻を近づけると辛めのホップの香りがします。
このビールも苦みはなく、独特の甘みが感じられます。

この3種類で自分が選ぶなら白麒麟ですかね。
一番スタンダードなんですが、
そのほかの2つは気になる欠点があったということで、
ちょっと消極的な選択になりました。

でもやっぱり、冬ビールだったら冬物語ですね〜。
こちらは冬の間、何度もリピートしそうです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

新旧プレモルを飲み比べてみた

先月14日にリニューアルしたプレミアムモルツ。
新旧飲み比べをしてみました。

まずは缶のデザインから。

1104_プレモル缶比べ.JPG

「プレミアム」が白から青に変わっていて、
両サイドの青い部分の絞りがきつくなり、
ちょっとシャープな印象になりましたね〜。

そして、気になる中身です。

1104_プレモル飲み比べ.JPG

本気の比較には重宝するプラカップに入れて比べてみました。
注ぐのは相方にやってもらっているので、
どちらにどちらが入っているのかはわかりません。
見た目はほとんど変わらないですよね。

でも、鼻を近づけるとAのほうが香りが高く感じました。
飲んだ時の香りはどちらも同じくらいで、
そんなに強くはありません。
そして、苦みはBのほうが強く感じられます。

ということで、今まで飲んでいたプレミアムモルツは
Aだということがわかりました。

個人的にはやり過ぎ感があるあの香りが好きだったので、
それがなくなってしまったのは残念なところですが、
苦みが少しシャープになっていて、その点は良かったです。

1104_新しいプレモル.JPG

これからも飲み続けたいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

東北ホップビールを飲み比べてみた

今シーズン発売された、キリンとサッポロから
東北ホップを使ったビールが販売されていますが、
一緒に飲んだら違いがわかるかな、
と思って、飲み比べてみました。

1112_東北ホップ飲み比べ.JPG

色はもう、ほとんど変わりません。
飲む前のホップの香りはサッポロのほうが強め。
甘みも若干サッポロのほうが強いかな。

サッポロのほうがちょっとどっしりとした感じで、
KIRINのほうがキレがいい。

ビールだけで飲むのはサッポロ、
料理と合わせて飲むんだったらKIRIN、
というのがいいですね。

違いはあれども、両方ともうまい、
のには間違いないですね♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

エビス飲み比べ

もう、店頭では見かけなくなったEBISU ASUKA CRUISEですが、
大事に保管していました。
ということで、普通のエビスとのみ比べ。

1012_Wエビス缶.JPG

2つ並ぶと壮観。贅沢な感じですね。

まずはアスカクルーズ。

1012_Wエビス青.JPG

少し色が濃い目です。
そして、飲んだときのホップの香りが気持ちフルーティー。
炭酸が少なめで飲み口が優しくて、苦味も優しい感じ。

そして金色エビス。

1012_Wエビス金.JPG

苦味はやっぱりこっちのほうが強く感じますね。
ホップの香りも荒い感じがします。
たくさん飲めそうなのはアスカクルーズですね。

でも、好きなのは金色エビス。
飲み比べてはっきりしました。
好みはこっちだなぁ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

ベアレン フェストビア飲み比べ

ベアレンの頒布会ビール、フェストビアをいただきました。

フェストビアはメルツェンというスタイル。
ドイツ語で3月という意味ですが、この時期に造られる
夏をこせるように造られた贅沢なビールを
ビールのことをメルツェンといいます。

そのビールが次の仕込みの時期(10月頃)まで持ちこたえた時、
オクトーバーフェストで飲み干される、ということで、
フェストビアとも呼ばれるようになりました。

近年のオクフェスではこの定義は当てはまらないビールも多いですが、
200年前のオクトーバーフェストで飲まれていたものを
イメージして造られたこのビール。どんな感じになっているんでしょうか。

1011_ベアレン頒布会フェスト.JPG

思ったよりも濃い色。ちょっと泡もちは悪いかな。
カラメルっぽい香りと麦の香りがします。
飲んでみると、カラメルのほうが強調されて、
少し香ばしい感じです。

でも、見た目よりは重くないので、軽く感じられます。
苦味もしっかりですが、少し甘みも感じられる、面白いビール。

このビール、9月の頒布会で送られてきたんですが、
なんとなくおいておくと味が深まるイメージがあるんですよね。
もう少し保管しておきたいと思っています。

気になるのがもうひとつのフェストビール。

1011_ベアレンフェスト.JPG

こちらは今年の秋版のフェストビア。
色のとおり、カラメルっぽくはありませんが、
こちらは麦の香りがとてもよくて、甘みが少し強め。
ボディは見た目より重くてしっかりしています。

好みは分かれるかもしれませんが、
どちらもおいしいフェストビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ショコラブルワリー飲み比べ

ようやく、ショコラブルワリーの飲み比べが実現しました♪

コンビニで購入できたのが、右側のビター、
ネット限定販売が左側のスイートです。

1002_ショコラ比較1.JPG

さっそくコップに注いでみるとこんな感じになります。

1002_ショコラ比較2.JPG

比較のときはコンディションが変わらないように
プラスティックのカップを使っています。色気がないですが。。

ビターのほうが泡の色が濃いですね。
香りとしては、スイートのほうがバニラのような香りが強く感じられます。
原材料に香料が含まれているので、その加減なんでしょう。

飲んでみると、スイートは甘みが強めで苦味がうすく、よりチョコっぽいですね。
ビターは甘みが薄め。だからといって苦味が強いわけではなく、
酸味が少し強めに感じられます。

ビールとしてはビターのほうが好みですが、すこし香りや味が中途半端な感じ。
対して、スイートは香りや味にやり過ぎ感がありますが、企画ものとしては
面白いビールに仕上がっていますね。

どちらにしても、このビールは食事と一緒に、というよりは、
休日の昼下がりのんびり飲みたいときに、や、
デザート的な飲み物として飲むのがよいと感じました。

来年はどんなビールになるのか、楽しみですね♪

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

初仕込み・初搾り飲み比べ♪

新一番搾り比較1.JPG

せっかくなので、前の一番搾りと飲み比べてみることに。

新一番搾り比較2.JPG

奥さんに協力をしてもらって、目隠しです。。
1〜3のプラカップに前のものと、今回のもの、2:1で入れてもらいました。

原料の違いは一目瞭然で、新しいのは麦芽とホップだけ。
古いほうは米とコーンスターチが入っています。
この副原料たちが、複雑な味を演出している、というのが、
山田一己さんの著書(ビール職人、うまいビールを語る)で語られていましたね。

自分でも違いを探るべく、色々と見比べてみました。
まず、見てのとおり、外観はほとんど変わりません。
少し香りには差がありますが、一定ではないので差分がわからず。
飲んでみると、飲んだ後に残る苦味というか、雑味がちょっと違う感じ。
少し飲むだけだと結構難しい、というのが感想でした。

俺の舌は節穴か?!と思いながら飲んでいましたが、
味見と思って飲んでいたら、一缶消費してしまったので、、、
がっつりと飲んでみましょう♪

新一番搾り.JPG

すると、一目(飲?)瞭然。
新しい一番絞りのほうが、すっきり感が断然高いです。
苦味が薄れてしまったのと、複雑な味がなくなってしまったので、
今までの一番搾りに慣れていると、ちょっと物足りない気もしますが、
明らかに変わっていることがわかります。
甲乙はつけられないですが、今回の一番搾りもうまいです。

この感覚を忘れないうちに、店頭に並んでいる新しい一番絞りとも
比較をしてみたいなー、と思います。

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ラガー飲み比べ

ラガー発売120周年を記念して、明治と大正のラガーを復刻したものが
発売されましたね。
今回は、いまのラガーと合わせて飲み比べをしてみました♪
(本当はクラシックも並べたかったんですが、、、
一度に4缶も開けるのがためらわれて断念。)

KIRIN_飲み比べ1.JPG

こちらが3種のラガーを並べたの図。
明治の『麒麟』は小さかったんですね。

原料も違っていて
明治:麦芽・ホップ
大正:明治+米
現行:大正+コーンスターチ
となっています。

ただ、見た目はそんなに変わりません。

KIRIN_飲み比べ2.JPG

こちらが注いだもの。
自分の嗜好を見るために、どれに何が入っているかわからない状態に
してあります。(奥に写っている缶の状態は関係ありません。)
泡は入れ方で差が出るので、液体の色のみだと特に変わりはなし。

1番は苦味が少し強めで、後に残る苦味もあり、でもとがっていない。
2番はなめらかで少し酸味を感じました。
3番は一番味がはっきりしない感じでしたが、丸みが感じられました。

好きな順で言うと、1→3→2という順でしたが、
1番のお気に入りは・・・

KIRIN_飲み比べ3.JPG

こちらでした。
1:大正、2:明治、3:現行ラガーという番号だったようで。
個人的には明治のビールに惹かれるのかなぁ、と思っていたので、
ちょっと意外でした。

両方ともまだ店頭で売っているので、また飲んでみたいビールでしたね。

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 15:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

ビアファインと黒ラベル

先日発売された低糖質ビール・ビアファインと従来商品の黒ラベルの飲み比べをしてみました。

原材料は
黒ラベル:麦芽・ホップ・米・コーンスターチ
ビアファイン:麦芽・ホップ・糖類
で、エネルギー、たんぱく質、糖質は
黒ラベル:140kcal、1.1g、10.2g
ビアファイン:34kcal、0.3g、1.3g
となっています。

ビアファインはだいぶがんばっているのがわかります。
外観比較.JPG

外観の差はこんな感じ。
写真ではちょっと現れていないですが、ビアファインのほうがすこーし濃い色。
でも、まあほとんど変わらないレベルですね。
見分けがつきますか?

正解はこちら。



正解.JPG

ただ、香と味には大きな差がありました。

まず、ホップの香は明らかに違います。
黒ラベルは鼻腔をくすぐるホップの香がしますが、
ビアファインは香が薄いです。

口に含む感じでは、黒ラベルのほうが苦味が強めでしっかりとした味が感じられますが、
ビアファインは軽い感じで、味を舌の外側で感じました。
少しえぐみがあるのかもしれません。

トータルでは黒ラベルの圧勝の感があります。
ただ、発泡酒を飲みなれた人だと、違う感想をもたれるかもしれません。

自分がカロリーに気をつけるなら、
ビアファインを2本飲むより、黒ラベル1本で我慢しますね^^;
posted by きょう at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする