2018年04月01日

SUNTORY THE PREMIUM MALT'S 黒

SUNTORY THE PREMIUM MALT'S 黒をいただきました。

1803_SUプレモル黒.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけるとしっかりと焙煎の香り。

飲んでみるとその香りがより強まる気がします。
しっかり苦みがあって、フィニッシュに少しの甘み。
見た目よりもドライな印象ですね。

前はもっとプレモルっぽい華やかな香りがあって、
そちらの方が際立っていた感じがしましたが、
香りが落ち着いてしまった印象。

もう1回飲んだら印象が変わるのかなぁ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:25| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ASAHI 瞬冷辛口

ASAHI 瞬冷辛口をいただきました。

1803_AS瞬冷.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると大手ビールによくある辛めのホップの香り。

飲んでみると香りは抑え目に。
最初に甘みを感じて、苦みは控えめ。
ドライらしい刺激の鋭さもあります。
やっぱり飲み口は冷たいと思うんですよね。

そして、本家よりもきめが細かい刺激というか、
あちらはガツンと、こちらはシュワっという感じ。
伝わりづらいかもしれませんが、、、
ドライの刺激が苦手なひとも大丈夫かもしれませんね。

のど越しでグイっと飲めるビール。
たまにはいいですね。
今回もドライとの違いは気になるところなので、
飲み比べもしてみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:16| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

志賀高原ビール 1t IPA

志賀高原ビール 1t IPAをいただきました。

1803_志賀1tIPA.JPG

色は赤茶色。
鼻を近づけるとしっかりとホップの香り。
グレープフルーツのような香りと、若干スパイシーさもあります。

飲んでみてもその香りは衰えません。
強めの甘みが最初にきて、あとから苦く、
最後にまた甘みが来る印象です。
コクがあるんですが、あとには残りません。
不思議な感覚ですね。

アルコール度数が9.5%ありますが、
もう一口、と飲み進めてしまうビール。
甘みが強くなって、さらに危ないビールになっている印象です。

いや、おいしいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:40| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

銀河高原ビール 白ビール

銀河高原ビール 白ビールをいただきました。

1803_銀河白ビール.JPG

色は薄めの黄色。にごっています。
鼻を近づけるとちょっと燻したような香りと、
スパイシーな香りがしてきます。

飲んでみても、その香りがしっかりとしてきます。
味わいとしては、最初にやはり酸味を感じます。
苦みはほぼなく、見た目よりもクリアです。

これで、原料は麦芽(大麦、小麦)とホップだけ。

1803_銀河白ビール解説.JPG

スパイスも使っているのかなぁ、と思わせる香りは
どうやって作られているのか不思議です。

ヴァイツェンもおいしいですが、このビールもおいしい。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:54| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

SAPPORO Premium YEBISU 華みやび

SAPPORO Premium YEBISU 華みやびをいただきました。

1803_SA華みやび.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるとしっかりとバナナのような香りがしてきます。

飲んでもその香りはしっかりとしてきます。
それなりにコクがあって、苦みは少なめ。

鼻から抜ける香りが若干スパイシー。
リニューアルされたようですが、
どうリニューアルされたかはわからず。

でも、これはこれでおいしいと思うんですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:52| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

軽井沢高原ビール seasonal 2017 ESB

軽井沢高原ビール seasonal 2017 ESBをいただきました。

1803_軽井沢ESB.JPG

色は赤茶色。
鼻を近づけるとしっかりと柑橘系の香りがしてきます。

飲んでみてもその香りはしっかりとしつつ、
甘さや燻した印象が加わります。

きりっとした苦みがあって、
最後に甘みが来るんですが、
それもスーッと消えていきます。

ビターというとイギリスのパブで出される
しっかりと苦いけどドリンカブルなビール(香りあまりなし)のイメージですが、
このビールはアメリカンスタイルということで、さらにしっかり香る。

解説にはこんなことが。

1803_軽井沢ESB解説.JPG

『2017年のシーズナルは「エクストラ・スペシャル・ビター(ESB)アメリカンスタイル」です。
ESBは英国の伝統ある醸造所が冬季向けに造っていた「ウィンタービール」が起源といわれています。
「伝統」の英国スタイルが海を渡り、「革新」のアメリカンスタイルへ。
麦芽のしっかりとした風味と、アメリカンホップによるオレンジを思わせる
爽やかな柑橘系の香りをバランスよく仕上げました。』

2017年度限定ビールということで、残りあと少しですが、
飲んでいただきたいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:34| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

志賀高原 Blue Bird Day Saison

志賀高原 Blue Bird Day Saisonをいただきました。

1803_志賀BBDS.JPG

色は薄めの赤茶色。しっかりとにごっています。
鼻を近づけると桃やブドウ、山椒のような、ジューシーでスパイシーな香り。

飲んでみると渋みが少しと、苦みもしっかりとあるんですが、
なんといってもドライな印象が強いです。
香りはしっかりと残るんですがね。

濁りがあって、もう少し重いのかなと思いきや、
ごくごく行けてしまいます。なるほど、セゾン、という感じですね。

解説にはこんなことが。

1803_志賀BBDS解説.JPG

『「最高のスキー日和」に飲みたいような、爽快なセゾン。
淡いオレンジ色、ももやパイナップルのような果実感を感じる香り。
ジューシーでドライ。ごくごくいけちゃいます!』

しまった。自分の感想いらないじゃん、
と思うくらい狙ったところに着地しているビール。

ちなみに、 "Blue Bird Day" というのは、
雪が降った次の日の、完璧な快晴の日とのこと。
これが最高のスキー日和を想起させることで、
このビールの名前が決まったということ。

なるほど、良いビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:42| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

KIRIN 本麒麟

KIRIN 本麒麟をいただきまさいた。

1803_KI本麒麟.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると新ジャンル特有のちょっと甘い香りがしてきますが、
他の新ジャンルよりは抑えめな印象がします。

飲んでみると、炭酸の刺激を強めに感じます。
コクのようなものも強めに感じます。

驚くのは新ジャンルであまり感じない苦みを感じたこと。
新ジャンルというと最後のちょっといただけない甘みもありますが、
これはかなり少なめ。
アルコール度数も高めで、飲みごたえもあります。

これはちょっとうまいんじゃないか、と思ってしまう1杯です。

ただ、"本"麒麟という名前とか、色濃いビールを思わすような赤い缶が、
この新ジャンルと中身とのミスマッチを感じさせてしまうのがもったいない。

でも、これは飲んでほしいと思う新ジャンルです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:42| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

SAPPORO Premium YEBISU 格別の乾杯

SAPPORO Premium YEBISU 格別の乾杯をいただきました。

1803_SAロブション.JPG

色は薄めの黄金色。
鼻を近づけると白ブドウの皮のような香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしています。
しっかりと苦いんですが、後は引きません。
コクもそれなりにあるんですが、キレがいい感じですね。

解説にはこんなことが。

1803_SAロブション解説.JPG

『白ワインのように香りホップ「ネルソン・ソーヴィン」と、
果実のように香るホップ「ハラタウブラン」による、
豊かな薫りと清々しい味わい。
フレンチの巨匠も認めた、乾杯を華やかに彩るヱビスです。』

薫り高く、透き通るビール。
毎年1月に発売されているおいしいビールです。

今年も箱で買って楽しんでいます。
発売されてからだいぶたってしまいましたが、
グラスをいろいろと変えながら楽しんでします。
色々と試したグラスの中では、このグラスが一番おいしくいただける気がしています。

1803_SAロブション一番.JPG

Edelpilsのグラス。
香りも、味わいもいい感じです。

好みのグラスを見つけるのも、楽しいですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:18| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

ANCHOR GOLD

ANCHOR GOLDをいただきました。

1803_ANCHOR GOLD.JPG

色は少し濃いめの黄金色。
鼻を近づけるとちょい甘めの香り。

飲んでみると少し酸味を感じて、
苦みは少なめ。
アルコール度数が4%で飲み口も軽めのビールです。

解説にはこんなことが。

1803_ANCHOR GOLD解説.JPG

『明るい黄金色で、3種類のホップを使用した
軽やかで爽快な味わいのビールです。』

とても軽い感じなので、風呂上がりにゴクゴク、
みたいなシチュエーションが良いんでしょう。

これといった特徴がないので、これを選ぶかは議論の余地がありますが、
いつものビールのかわりに、いかがでしょう?

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:33| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

志賀高原ビール Takashi Imperial Stout

志賀高原ビール Takashi Imperial Stoutをいただきました。

1803_志賀高原TIS.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけると焙煎の香りがしっかりとしてきながら、
ホップの香りもしてきます。

飲んでみるとホップの香りが優勢になります。
飲んだ後に甘めの焙煎の香りが残ってきます。

アルコール度数が10%ということで、
ハイアルコール感はしっかりとあるんですが、
飲み口が重ったるくなく、
見た目よりもホッピーでドライ。

解説にはこんなことが。

1803_志賀高原TIS解説.JPG

『玉村本店の伝説の大番頭「たかしくん」をイメージした
力強いインペリアルスタウト。志賀高原ビールらしくホップたっぷりで、
濃厚でありながらドライ。危険なビールです。』

そうなんです。危険ですね。
のんびりと飲みたいんですが、
何となく飲み進めてしまうビール。

良いビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:58| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

志賀高原ビール Porter

志賀高原ビール Porterをいただきました。

1803_志賀高原ポーター.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけるとしっかりとした焙煎の香り。
バニラのような甘い印象もあります。

飲んでみてもしっかりとその香りはしてきます。
されに甘みが強くなる気がします。

酸味は少なめで、苦みもしっかりとしているんですが、
見た目よりもすっきり。

ポーターを飲むのは久しぶりですが、
このビールもおいしいなぁ、と思うわけです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:08| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

SUNTORY 頂と新旧飲み比べ

新しくなった、SUNTORY 頂をいただきました。

1802_SU頂.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると少しだけホップの香りがしてきます。

飲んでみると、若干のアルコール臭。
液温が上がってくると、トウモロコシのような香りがします。
喉に引っかかりがしっかりとあって、
甘みが先行しています。
飲みごたえはガツンとくる感じです。

リニューアル前との差が気になって飲み比べ。

1802_SU頂飲み比べ.JPG

リニューアル前はアルコール度数が7%だったんですが、
リニューアルして8%になっています。

香りですが、新しいほうが若干甘い感じでしょうか。
飲み口は、やっぱりコクや飲んだ後のアルコール感に
しっかりとした違いが出てきています。

ただ、何となくバランス的には新しいほうがいいと思うんですよね。
古いほうはちょっと飲みにくい印象があったというか。

同じガツンと系の新ジャンルにはのどごしSTRONG(7%)がありますが、
あちらとの違いも気になるところです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:57| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

志賀高原ビール Imperial Indeian Summer Saison

志賀高原ビールのImperial Indeian Summer Saisonをいただきました。

1802_志賀高原IISS.JPG

色は黄金色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけると華やかでスパイシーな香り。
メロンのような香りでもあります。

飲んでみても香りはしっかりとしてきます。
そして、なめらかで、コクがあります。

解説にはこんなことが。

1802_志賀高原IISS解説.jpg

『まあ、名前の通り人気の定番 Indian Summer Saisonの強力版です。
NZとアメリカのホップをふんだんにつかった特別なセゾン。
華やかでありながらも、ドライ。いわゆる危ないやつです。』

アルコール度数が8.5%と結構強烈な感じなんですが、
一口飲むと次が飲みたくなる感じ。
すごいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:54| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

SAPPORO PEACH BELG

SAPPORO PEACH BELGをいただきました。

1802_SAPB.JPG

色は透き通る黄金色。
遠くからでもしっかりとピーチの香りがしてきます。
鼻を近づけるとジューシーで熟したようなピーチの香り。

のんでみてもその香りはしっかりとしてきます。
最初に甘みを感じて苦みはほとんどありません。
香りからもっと甘さを想像しましたが、
このギャップも面白いですよね。

原材料はこんな感じです。

1802_SAPB原材料.JPG

麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ・大麦・糖類・もも・
コリアンダー・オレンジピール・香料。
香料はありますが、桃もしっかりと使っているんですね。

解説にはこんなことが。

1802_SAPB解説.JPG

『ビール大国ベルギーに学んだフルーツビールテイストの発泡酒です。
麦芽のうちベルギー産麦芽を50%以上使用。
もも果汁を1%使用し発酵させています。
サッポロビールの日本国内の工場で醸造しています。』

デザートビールとしてお勧めできそうな、いいビールですね。
posted by きょう at 22:46| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

AUSTRALIAN PALE ALE

AUSTRALIAN PALE ALEをいただきました。

1802_APA.JPG

色は薄い黄色。見ての通り泡立ちがすごいんです。
鼻を近づけると華やかなホップの香り。
ちょっとシトラッシーな印象です。

飲んでみると香りはしっかりとしてきます。
甘みが少ししてきて、苦みはきりっと。
少し酸味もありますが、気になるほどではありません。

アルコール度数は4.8%と若干低めで、
グイっと飲めるペールエールです。

解説にはこんなことが。

1802_APA解説.JPG

『オーストラリア産のホップで造られた、
フルーティーな香りで柑橘系のような味わいが特徴のビール。
ホップを大量に使用しているため、泡立ちが良く、程良い苦みが残ります。
4〜6度に冷やしてお飲みください。』

エールの適温は高めとされていますが、
このビールは冷やして飲むことがお勧めされています。
その通りで、きりっと飲むには低めの温度がいいんでしょうね。

面白いペールエールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

SUNTORY The MALT'S 麦香る3.5%

SUNTORY The MALT'S 麦香る3.5%をいただきました。

1802_SU麦香る.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるとモルツらしい少し華やかな香り。

飲んでもしっかりとその香りはしてきます。
甘みがあって、少し麦の風味もしてくるかなぁ。
若干薄目に感じるのはアルコール度数が低めの影響なんでしょうか。

ただ、味わいはそこまで損ねることなくしっかりとビールです。
何かをオフすると味が犠牲になることが多いんですが、
これはしっかりとまとまっていると思うんですよね。

もちろん、飲みごたえという意味では足りないところが多いので、
軽くビールが飲みたい、というときに
お勧めできるビールだと思いました。

今というよりは、夏にお勧めのビール。
風呂上がりにグイっと飲むにはいいんじゃないでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:31| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

富士櫻高原ビール ヴァイツェンボック

富士櫻高原ビール ヴァイツェンボックをいただきました。

1802_富士櫻VB.JPG

色は茶色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとバナナのような香りと、
少し燻したような香りがしてきます。

飲んでみると燻したような香りが強めになります。
甘みが強くて苦みはありません。
ほんの少しですが酸味もあります。

そして、しっかりとボディがあって飲みごたえがあるんですよね。
ボックなので、アルコール度数は7%。

冬にぴったりのスタイルで、完成されたビールだと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:49| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

富士櫻高原ビール IMPERIAL PILSNER

富士櫻高原ビール IMPERIAL PILSNERをいただきました。

1802_富士櫻IP.JPG

色は薄めの茶色。若干濁りがあります。
鼻を近づけると辛めのホップの香りと、
甘いモルトの印象が伝わってきます。

飲んでみるとモルトの印象が強めになります。
麦茶のような印象というと伝わりやすいでしょうか。

最初は甘くて、あとから苦みがグッとくるんですが、
フィニッシュに甘みが残ります。

コクがあって、ぐいぐいは飲めませんが、
味わいながら飲めるピルスナーです。
アルコール度数も高めの6%に設定。

冬のためのピルスナーという印象です。
おいしいビールでした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:05| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

SUNTORY PREMIUM MALT'S 初仕込み2018 飲み比べ

SUNTORY PREMIUM MALT'S 初仕込み2018をいただきました。

1802プレモル初仕込み.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるといつものプレモルの華やかな香り。

飲んでみてもその香りは衰えません。
ほのかな甘みとしっかりした苦み。
その苦みも飲み終わるとスーッと消えます。
甘みが強めに感じるのは気のせいでしょうか?

解説にはこんなことが。

1802プレモル初仕込み解説.JPG

『チェコとその周辺国のみで収穫される希少なダイヤモンド麦芽。
うまみが多くつまったこの麦芽からザ・プレミアムモルツにかかせない
「上質なコクとうまみ」を引き出すために、時間と手間をかけて仕込みました。』

念のため、ノーマルのプレモルとも飲み比べ。

1802プレモル初仕込み飲み比べ.JPG

香りと苦みは初仕込みのほうが強めに感じられます。
そして、香りがきれいな印象を受けます。

甘みはノーマルのほうが強い感じがしますが、
バランスという意味では初仕込みのほうがいい感じ。
なるほど、甘みの違いでだいぶ印象が違いますね。

まあ、初仕込みのほうが新しいということで、
アドバンテージはあるんですが、それでもうまいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:02| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする