2016年12月06日

NEW BELGIUM FAT TIRE

NEW BELGIUM FAT TIREをいただきました。

1612_NBFT.JPG

色は茶色。少し濁りも見えます。
きめ細かい泡ができますが、持ちはいまいちです。

鼻を近づけるとチョコレートのような甘い香り。
飲んでみると香りはだいぶ薄まります。

グッとくる苦みではなく、
薄く長く続く苦みがあります。

スタイルはアンバーエールなんですが、
いまいち、特徴のつかめないビールでした。

状態がもしかしたらよくなかったのかも?
見かけたら、また飲んでみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

HELIOS 肉専用ペールエール

HELIOS 肉専用ペールエールをいただきました。

1612_肉専用.JPG

色は薄めの茶色。濁りが見て取れます。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると甘めのホップの香り。
レーズンのような香りもしてきます。

飲んでみると香りがスパイシーに感じつつ、
苦みがしっかりとしています。
それから、印象がモルティなさにかたよります。

缶の解説にはこんなことが。

1612_肉専用解説.JPG

『華やかなホップの香りと爽やかな苦み、
適度なモルト感が特長です。
商品名は当社でのフードペアリングに基づいて決定したものです。
科学的根拠はありません。
飲み合わせはあなた次第。肉料理以外のペアリングもお試しください。』

華やかなホップはあまり感じませんでしたが、
モルティさは十分感じました。

アメリカンよりはイングリッシュなペールエール寄りだと思います。

肉と合わせるなら濃いめの味のものと合いそうですね。
コンセプトは面白いんですが、「肉」は範囲が広いので、
もう少し絞ってくれたほうが面白かったかも!?

ただ、缶のデザインといい、ネーミングといい、
十分キャッチ―ではありますけどね。

ローソンで先行販売されているようなので、
近くにローソンがある方はぜひ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

SAPPORO YEBISU 和の芳醇

SAPPORO YEBISU 和の芳醇をいただきました。

1612_SA和の芳醇.JPG

色は少し薄めの黄金色。
泡立ちが少なめですが、きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると少し甘めのホップの香り。
飲んでみると少し柑橘系の印象がしてきます。

しっかりとした苦みがあって、
見た目よりもコクが感じられます。

缶の解説にはこんなことが。

1612_SA和の芳醇解説.JPG

『厳選された国産の麦芽とホップを使用。
麦芽100%の深いコクを加え、
芳醇な香りも楽しめる、上質な味わい。
いつもよりさらに贅沢な
ギフト限定醸造のヱビスです。』

コクという意味ではノーマルのヱビスのほうが
しっかりとあると思うんですが、
華やかさはこちらのほうが上。

お歳暮限定のビールですが、
たまにスーパーで見かけます。

見つけたらぜひ、お試しを♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

Green Frash JIBE IPA

Green Frash JIBE IPをいただきました。

1612_JIBEIPA.JPG

色は薄め。泡はあまりできません。
鼻を近づけると柑橘系のホップの香り。
グレープフルーツの皮のような香りですね。
そして、結構グラッシーな印象もあります。

鼻を近づけると、さらにそれが強調される感じがします。
しっかりとした苦みがあって、あとに残るくらい。

缶の横には使っているホップが書いてあります。

1612_JIBEIPA解説.JPG

SIMCOEとCASCADEとAMARILLO。
そうそうたる(?)メンバーですね。

スタイルはセッションIPAでアルコール度数4%の軽いビールのはずなんですが、
しっかりと味あわせてくれるいいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

SUNTORY PREMIUM MALT'S SPARKLING GOLD

SUNTORY PREMIUM MALT'S SPARKLING GOLDをいただきました。

1611_SUプレモルSG.JPG

色は少し薄めの黄金色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘辛なホップの香り。
マスカットのような印象もあります。

飲んでみるとマスカット感が増す感じがあります。
皮に近い甘い部分より、種のような香り。

甘みも感じつつ、キリッと苦い。
はっきりとノーマルのプレモルとは違いますね。
ただ、全体的な印象としては少し軽くなっている気もするので、
普通のプレモルに慣れた人には物足りなさを感じさせるかもしれません。

何となく香りの印象がロブションヱビス(香り華やぐヱビス)と似ているなぁと思ったら、
最近のは分かりませんが、2014年のそれはシャンパーニュの麦芽が使われていたんですね。

サッポロビール:ほし日記
http://blog.sapporobeer.jp/blog/2014/03/07/2029/

いつもと違う香りがほしい、という方にお勧めのこのビール。
セブンアンドアイ限定なので、お近くのセブンイレブンに寄って
試してみるのもいいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

SAPPORO 冬物語

冬ビールの真打、SAPPOROの冬物語をいただきました。

1611_SA冬物語.JPG

色は少し濃いめ。きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると甘みと酸味のあるホップの香り。
少しメロンのようでもあります。

飲んでみても香りは少ししてきます。
甘みとコクが感じられて、苦みはそんなに強く感じられません。

のんびりと飲んでいる間に、まったり感は強くなってくる気がします。
アルコール度数が6%ということもあって、コクが強めに感じられます。

今年も販売している間はたびたびお世話になりそうです。
来年は30周年。どんな進化があるのか楽しみにしたいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

冬の新ジャンル飲み比べ

冬の新ジャンルが出そろったので、飲み比べてみました。

まずは、ASAHIの新ジャンル。クリアアサヒの初摘みの贅沢。

1611_冬新1.JPG

色はクリア。泡持ちはよくありません。
鼻を近づけると少しホップの香りがしてきます。
山形県産ホップを使っているんですね。

飲んでみるとその香りは強くなる気がします。
甘みがあって苦みは少なめ。
クリアではあるんですが、後味の甘さがちょっと気になります。

続いて、KIRINの冬のどごし<華やぐコク>と、
SUNTORYの冬の旬味。

1611_冬新2.JPG

左の冬のどごしは色が少し濃いめ。
泡持ちはよくありません。

鼻を近づけると甘さのあるホップの香り。
結構甘い印象を強めに感じます。

アルコール度数が6%ということもあり、
それなりにコクっぽいものも感じます。

右の冬の旬味は色は普通ですが、
泡持ちは新ジャンルにしてはいい気がしました。

甘めの香りがしてきて、その裏にホップの香りがある印象。
アルコールのような香りがちょっと気になります。

飲んでみるとすごく軽い印象がありますね。

のどごしは単体でも飲めそうですが、
冬の旬味は何かと合わせて飲んでみたい、
そんなビールでした。

個人的な好みだと、
冬のどごし > 初摘みの贅沢 > 冬の旬味
でしょうか。ベースがあるビールのほうが
できがいい感じがしてしまうんですかね。

興味のある方はぜひ飲み比べ、試してみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

SUNTORY PREMIUM MALT'S 黒

SUNTORY PREMIUM MALT'S 黒をいただきました。

1611_SUプレモル黒.JPG

色は黒。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると焙煎の香り。
それから、しっかりとホップの香りがしてきます。

飲むと少し焙煎のほうが優勢になります。
うまみと苦みが同居している印象です。
コクがあって、しっかりと飲ませてくれるビールですよね。

このホップの香りって、余計に感じる人も多いとは思うんですよね。
でも、しっかりと焙煎の香りもしているんで、
個人的にはこのバランスはいいなぁと思うんです。

先月から限定販売されていますが、
細々と楽しんでします。
この時期にはお勧めのビール。
見かけたら、ぜひ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

フタコビール FUTAKO ALE

フタコビールのFUTAKO ALEをいただきました。

1611_FUTAKOALE.JPG

色は薄めの茶色。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると甘めの柑橘系の香り。
飲んでみてもしっかりとホップの香りがしてきます。

苦みがきりっとしていて、甘みも少し感じられて、
バランスのいいエールだなぁ、という印象です。

解説にはこんなことが。

1611_FUTAKOALE解説.JPG

『「フタコエールでこの街にエールを送ろう」をコンセプトに作った
フタコビール定番のペールエールです。
何杯でも飲みたくなる軽快さと柑橘系の華やかなアロマホップが特徴です。
皆様のご意見を反映して、定期的に味を更新、進化させていきます。』

今のままでもおいしいビール。
どう進化していくのか、楽しみですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

KIRIN とれたてホップ一番搾り

KIRINのとれたてホップ一番搾りをいただきました。

1611_KIとれたてホップ.JPG

色は黄金色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘めのホップの香りがしてきます。
すごくフレッシュな香りがします。

飲んでみてもしっかりとホップの香りはしてきます。
甘みもあって、苦みもしっかり。

缶にはこんな解説が。

1611_KIとれたてホップ解説.JPG

『風に揺らぐ「いぶき」という名のホップ。
ビールの里、岩手県遠野市に、今年も収穫の季節がやってきました。
燦々と照りつける太陽と、冷涼な気候が育んだ、
沈丁花のような凛とした華やかな香りをお楽しみください。』

今年のとれたてホップもよかったんですが、
冬のビールが増えてきて、一瞬で見なくなってしまったのが残念。

来年もまた楽しみにしたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

DAY OF THE DEAD BEER DOA IPA

DAY OF THE DEAD BEERのDOA IPAをいただきました。

1611_DODIPA.JPG

色は茶色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘めの柑橘系の香り。

飲んでもしっかりとその香りはしてきます。
頭からしっぽまで苦いという印象ですね。

アルコール度数も6.8%あるので、
どっしりとした印象がありました。

このビールもなかなかでした。
DAY OF THE DEAD BEERはメキシコのビール。

ラベルは、死者の日のシンボルをあしらったもの。
メキシコでは11月1、2日が死者の日とされていて、
故人に想いを馳せて、語らい祈りをささげる日とされているようです。

シーンを決めて飲むビール。
面白いですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

DAY OF THE DEAD BEER HEFE WEIZEN

DAY OF THE DEAD BEERのHEFE WEIZENをいただきました。

1611_DODHW.JPG

色は少し濃いめ。濁りも見て取れます。
きめ持ちともにいい泡ができますね。
鼻を近づけると甘めの香りで、青リンゴのようです。

飲んでみると、少し香りは抑えめになります。
ちょっと穀物っぽい印象ですね。

少し酸味を感じつつ、苦みはありません。
炭酸が強めでドライな印象です。

ラベルはおどろおどろしいですが、
それなりにちゃんとした(?)ヘーフェヴァイツェンです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

CORONADO BREWING CO. ORANGE AVE.WIT

CORONADO BREWING CO.のORANGE AVE.WITをいただきました。

1611_CBOAW.JPG

色は薄め。泡持ちはよくありません。
鼻を近づけると甘めの香り。
少し柑橘系の香りもします。

飲んでみると、コリアンダーの香りがしっかり。
穀物のような香りもしてきます。

苦みは少なめなんですが、なんだかぼやっとした印象。

原料にはオレンジビールとコリアンダー以外にも、
蜂蜜が使われています。

1611_CBOAW原材料.JPG

面白いビールだと思うんですが、ちょっと状態が悪かったのか、
輸入ビールはたまにこんなこともありますよね。
まあ、そんなことも、ビールの面白いところだと思うわけです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

琥珀ヱビスと琥珀の時間、飲み比べ

琥珀ヱビスを飲んだ時に気になっていた、
ASAHIの琥珀の時間(セブンアンドアイ限定)との飲み比べをしてみました。

1611_ヱビス琥珀飲み比べ.JPG

色は琥珀の時間のほうが濃いですね。
泡はヱビスのほうがいい感じにできました。

飲む前の香りはヱビスのほうがは
焙煎の香りを感じるのに比べて、
琥珀の時間はカラメルやブドウ、青リンゴのような
甘めの香りが優勢な印象です。

飲んでみるとその香りの印象が真逆になります。
この感じはとても面白いですね。

琥珀ヱビスは見た目よりもあっさりの印象で、
コクは琥珀の時間が上ですね。
少し酸味もあって、味わいも複雑です。

似ているかなと思ったらだいぶ違っていて、
面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

小西酒造 OSAKA BAY BLUES

小西酒造 OSAKA BAY BLUESをいただきました。

1611_小西OBB.JPG

色は薄めで、きめ持ちいい泡ができます。
少し濁りが見て取れます。

鼻を近づけるとオレンジビールの香り。
飲んでみてもしっかりと香ってきます。

甘みがたっぷりでジューシーな印象。
少し酸味もありますが、苦みは全くないですね。
この甘みとか、重さのバランスが絶妙でいい感じです。

スタイルはベルジャンウィート。
さらっとしたビールが多い中で、
こういう印象のビールは本当に好みです。
ボトル熟成製法ということで、いい感じに熟成ができたんですかね。

しっとりしたベルジャンウィーとを飲んでみたい人にお勧め。
いい1杯でした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

MURPHY'S IRISH STOUT

MURPHY'S IRISH STOUTをいただきました。

1611_マーフィーズ.JPG

色は向こうが見えない黒。
きめ持ちともにいい泡ができます。
缶を開けるときにギネスと同じような音がしたので、
ウェジェットが使われていそうです。

鼻を近づけるとしっかりとした焙煎の香り。
飲んでもその香りは衰えません。

少し感じる甘みと、しっかりとした苦み。
裏に少しだけ酸味も感じます。
アルコール4%ということもあり、飲み口は見た目よりも軽い印象。

液温が上がっても楽しめるのはさすがですよね。

珍しく、日本語での解説もついていました。

1611_マーフィーズ解説.JPG

『1856年アイルランドでも有数のコーク醸造所にて
ジェームス J.マーフィーの手により誕生。(中略)
天然素材のみで醸造されたフローティングウィジェットが
缶を開けると協力に作用し、パブで飲むなめらかで
クリーミーな飲み心地をご自宅でも楽しめます。(後略)』

スタウトというとギネスが有名ですが、
このビールも意外とスーパーで見かけますよね。

飲み比べてみても面白いかもしれません。
なかなかいい1杯でした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

VEDETT EXTRA BLOND

VEDETT EXTRA BLONDをいただきました。

1611_VEEB.JPG

色は薄め。もちのいい泡ができます。
鼻を近づけると、辛めで軽いホップの香りがします。
なんとなく、昔の大手のビールを思い出します。

飲んでみると、ホップの香りがより強く感じられます。
見た目の色の薄さからは、アメリカンライトラガーのような
飲み口が軽くて薄い印象を受けますが、苦みがしっかりとあって、
でもさっぱりとしている、そんな不思議な印象を持ちました。

原料を見ると、米が使われているんですね。

1611_VEEB解説.JPG

さっぱりさはここからくるものかもしれません。

なかなか面白いビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

EPIC BREWING ESCAPE TO COLORADO IPA

EPIC BREWINGのESCAPE TO COLORADO IPAをいただきました。

1611_EPICIPA.JPG

色は黄金色。きめもとともにいい泡ができます。
ただ、泡は少なめです。濁りも見て取れます。

鼻を近づけるとしっかりとホップの香り。
グレープフルーツのような香りがする、
アメリカンホップががっつり使われていますね。

飲んでみてもその香りは衰えません。

きっちりと苦みがあって、あとから甘みを感じます。
コクもあって、のんびりと飲めそうですが、
ごくごく飲んでしまう危険なビール。

1611_EPICIPA解説.JPG

アルコール度数が6.2%でつよすぎないというところも、
ごくごく飲んでしまう要因になっているんでしょうか。

いいビールでした♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

秋の新ジャンル飲み比べ

もう冬物語が発売されて、ビール業界に早い冬がやってきていますが、
各社、秋の新ジャンルを出しているので、飲んでみました。

最初はアサヒのクリアアサヒ 吟醸。

1611_AS吟醸.JPG

少し色は濃いめでクリア。
意外ときめ持ちのいい泡ができます。

鼻を近づけると、豆っぽい香りや、
かき氷のイチゴシロップのような甘い香りもしてきます。
少し温度が上がってくるとアルコール感が強くなるのが気になります。

飲んでみると、香りはあまり感じられません。
やっぱりアルコール感は強めで、飲み口は甘め。

あー、新ジャンルってこんな感じ、というビールでした。
『上質なコクと華やかな香り』というコピーが付いていますが、
うーん、どうだろう、という感じですね。

それから、濃色のスタイルのサントリーの金麦 琥珀のくつろぎと、
サッポロの麦とホップ 赤を飲み比べ。

1611_金麦麦ホのみ比べ.JPG

色は同じ感じですが、金麦のほうは泡持ちが悪い感じがしました。
金麦は甘めの香りで、カラメルっぽい香りも。
麦とホップは焙煎っぽい香りよりホップが強めに感じられました。

飲んだ後の印象は金麦がホップの香りがしてきて、
麦とホップは焙煎が強めに出ていた気がします。
このあたり、逆転するのが面白いですね。

金麦は見た目よりすっきりで、麦とホップは少しコクがありました。

並べてみると、やっぱり麦とホップが一歩リードしつつ、
少し後ろに金麦、最後方にクリアアサヒ、という感じでしょうか。

1611_麦ホ解説.JPG

秋の夜長に飲むなら、麦とホップをお勧めします。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

銀河高原ビール 白ビール

銀河高原ビール 白ビールをいただきました。

1610_銀河高原白.JPG

色は少し濃いめ。
はっきりと濁りが確認できます。
それから、いい泡ができますね。

鼻を近づけると少し酸味がありつつ、
オレンジの香りやスパイシーさを感じます。
飲んでみてもその印象は変わりません。

少し酸味があって、苦みはほぼなし。
何となく、ジューシーな感じがします。

解説にはこんなことが。

1610_銀河高原白解説.JPG

『フレッシュシトラスを思わせる華やかな香りと
酸味のオリジナルホワイトエール。
酵母沈殿時でも品質に問題はありません。』

ヴァイツェンではないんですよね。
ただ、オレンジピールやコリアンダーを使ったホワイトでもない。
これが、うまいんです。

お店でなかなか見かけませんが、あると買ってしまう。
そんなビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする