2017年11月28日

ノンアルビール飲み比べ

最近、2人目の子供が産まれたわけですが、
予定日の少し前から飲もうと思っていた準備していた
大手の主力の主力と思われるノンアルコールビール。

ただ、これを飲むことなく産まれたので、
まとめて飲み比べしてみました。

まずはKIRINの零ICHI。

1711_ノンKI.JPG

とても香りが強く感じられて、その香りが気になります。
青リンゴのような香りというんでしょうか。
遠くからでもしてくるので、わかりやすいと思います。
飲み始めの炭酸強めで、刺激が強い印象です。

続いてSUNTORYのALL-FREE。

1711_ノンSU.JPG

鼻を近づけると零ICHIと似たような香りがしてきます。
意外と泡持ちがいいんですよね。
炭酸は零ICHIと同じように強めです。

最後はASAHIのDRY ZERO。

1711_ノンAS.JPG

気になる香りが一番少ない印象があります。
泡は立ちにくいんですが、泡持ちはいいんですよね。

この3つの中だと、やっぱりDRY ZEROが一番無難な印象でした。
ただ、ビールに近いというものは一つもなく、
うまい、と思えるものはありませんでした。
これだったらノンアルビールを飲むよりも炭酸水でも飲んでいた方がましです。

もっとうまいノンアルビールができないものでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:21| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

サンクトガーレン Un angel

サンクトガーレン Un angelをいただきました。

1711_サンクトangel.JPG

色は赤茶色。
鼻を近づけると柑橘系のホップの香り。
それが、甘く、瑞々しく感じられます。

飲んでみると甘みを強めに感じます。
苦みもあるんですが、甘みでサンドイッチされている感じで、
そこまで苦みが強調されていない印象です。

el Diabloと同様、こちらもできたてで若い感じがするんですが、
味わいがとがっているというよりは丸い印象。

これでも十分完成していると思いますが、
熟成させても楽しそうですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:10| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

SAPPORO ルビーベルグ

SAPPORO ルビーベルグをいただきました。

1711_SAルビー.JPG

色は薄めの赤色。
遠くからでも甘い香りがしてきます。

飲んでみるとチェリーの香りと甘さがしっかりとしてきて、
ビールというよりジュースのようです。

解説にはこんなことが。

1711_SAルビー解説.JPG

『ベルギーのフルーツビールに学んだ、チェリーの甘酸っぱい
香りと爽やかな後味。特別に造られたルビーのような色合いと
フルーティな味わいをお楽しみください。』

残念ながら、ベルギーっぽさはしないかなぁと。
もう少しビール感を残してくれると嬉しかったかな。
まあ、新ジャンルなので、色々と使って作ってみるのは面白いこと。
次のベルグに期待です。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:55| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

サンクトガーレン NEW GINGER BEER 〜PINK GINGER PALE ALE〜

サンクトガーレン NEW GINGER BEER 〜PINK GINGER PALE ALE〜をいただきました。

1711_サンクトNGB.JPG

色はびっくりするほどピンク。
そして、濁りが確認できます。

ほのかにピンクの泡ができますね。
鼻を近づけるとしっかりとショウガの香り。

飲んでみると少し、ホップの香りもしてきますが、
圧倒的にしょうがの香りが強いですね。
残り香もしょうが。

でも、しっかりと苦くて、ビールっぽさを残しています。
舌に残るピリピリ感はしょうがの余韻でしょうか。
笑えるほど生姜が強いです。

以前飲んだジンジャーIPAはそれでもしっかりとホップが香っていて、
ビールの中にしょうがが入っている印象がありましたが(シャレではない…)、
これはもう、ジンジャーエールといっちゃってよいんじゃないでしょうか。

解説にはこんなことが。

1711_サンクトNGB解説.JPG

『アメリカンホップの華やかな香りと深いコクに、
岩下の新生姜のさわやかな風味と
喉ごしの刺激が融合した奇跡の味わいを実現。
ピンクの泡もお楽しみいただけます。』

一言でいうと面白い。
合わせるならやっぱり生姜焼きなんでしょうか?
面白いビールが飲みたい人に、お勧め。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:12| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

サンクトガーレン el Diablo 2017

今年もボジョレーと同時に解禁になった、
サンクトガーレン el Diablo 2017をいただきました。

1711_サンクトDiablo.JPG

色は薄めの茶色。
鼻を近づけると柑橘系のホップの香り。
それが、濃く、甘く感じられます。

飲んでみると甘みが最初にきて、
後からしっかりと苦い。余韻を残す苦さです。

飲み口がどっしりとしていて、炭酸の刺激は少ないんですが、
アルコールはしっかりと感じる仕上がりになっています。
ごくごく飲むビールではありませんが、
じっくり味わうには本当にいいビールだと思うんです。

若い感じが強いので、これが熟成されていくと、
どんな感じになるのかも楽しみなところです。
何本か残しておきたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:15| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

KIRIN のどごし 華泡

KIRIN のどごし 華泡をいただきました。

1711_KIのどごし華泡.JPG

色は薄め。
鼻を近づけると甘めの香り。
イチゴのような香りでしょうか。

飲むとその香りは豆っぽいというか、アルコールっぽいというか、
最初の香りとは違う香りに変わります。

見た目よりもコクはある気がするんですよね。
これは、アルコール度数が少し高めの6%だからでしょうか?
味わいというものはあまりなく、全体としてはあっさりとした印象です。

飲んだ時の香りが非常に気になりますが、
少しコクがあってのどごしがいい。

いつもと違った新ジャンルを飲みたい人に、おススメのビール。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:13| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

SAPPORO 琥珀ヱビス オリジナルグラス

先日、プレモルのグラスを買ってみましたが、
気になっていたもう一つ、琥珀ヱビスのオリジナルグラスを手に入れました。

1711_琥珀ヱビスグラス外観.JPG

箱にも、中にも何も書かれてはおらず、
ただ、グラスだけがありました。

1711_琥珀ヱビスグラス.JPG

とりあえず、ピルスナーと同じくらいの泡の感じで入れてみました。

1711_琥珀ヱビスグラスいまいち.JPG

これでは、缶の中身がすべて注ぎきれませんでした。

少し調整をしてみると、こんな感じで缶が空に。

1711_琥珀ヱビスグラス適量.JPG

泡がこれくらいが琥珀ヱビスのおすすめ、というのは確認できました。
もう少し少なめでもいいのかと思いつつ、これが適量なんですね。

IPAのグラスにも似ていて、ちょうど350ml入るので、
そういう用途でも使ってみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:13| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

SUNTORY TOKYO CRAFT WEIZEN

先日発売された、SUNTORY TOKYO CRAFT WEIZENをいただきました。

1711_SUTCヴァイツェン.JPG

色は黄金色。
鼻を近づけるとしっかりとバナナっぽい香りがしてきます。

飲んでもその香りはしっかりと香ってきます。
苦みはほぼなく、甘みが結構強めに感じます。
刺激は強めですが、後味はクリア。
しっかりとヴァイツェンしていると思います。

個人的には重めのヴァイツェンが好きなんですが、
このビールはしっかりとおいしい。

解説にはヴァイツェンの特徴が書かれていました。

1711_SUTCヴァイツェン解説.JPG

大手からこんなヴァイツェンが出てくる時が来るとは。
普通においしいヴァイツェン。おススメのビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:42| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

SAPPORO YEBISU 和の芳醇

ギフト限定で販売されているSAPPORO YEBISU 和の芳醇をいただきました。

1711_SA和の芳醇.JPG

色はいつもと同じ黄金色。
鼻を近づけると、甘く華やかなホップの香り。
飲むとよりいつもと違う香りに気が付くと思います。

最初に甘くて、じわっと苦い。
コクはそれほどなく、ぐいっといってしまう感じ。

解説にはこんなことが。

1711_SA和の芳醇解説.JPG

『北海道富良野産のホップ
「リトルスター」を一部使用することで、
繊細で洗練された香りに仕上げました。
いつもよりさらに贅沢な
限定醸造のヱビスです。』

リトルスターというホップの香りなんですね。
主張しすぎず、いつもとちょっと違うところが何となく好印象。
これからいろいろなビールに使われていくのでしょうか?

ギフト専用のビールを2種いただきましたが、
違いがはっきりしているという意味で、こちらの方が好みかなぁ。

とはいえ、どちらともおいしいので、
見かけたら両方試してみることをお勧めします。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:32| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

SAPPORO サッポロラガービール

夏にも出ていたこのビールが再販になったので、
早速飲んでみました。

1711_SAラガー.JPG

色はいつもと同じ黄金色。
鼻を近づけると辛めのホップの香りがしてきます。

飲むと麦の印象と一緒に
ガツンと強めの苦みがします。
飲み口はざらっとしていて、
スッキリしているんですが、余韻は強めに残ります。

この辺が、なんとも男っぽいというか、
グッとくるビールですよね。

解説にはこんなことが。

1711_SAラガー解説.JPG

『サッポロラガービールは、1881年に
第二回内国勧業博覧会で有功三等賞を受賞。
翌1882年、開拓使廃止に伴い、醸造所の名称を札幌麦酒醸造所と改称。
ここから、明治、大正、昭和、平成と引き継がれることになる
民間事業としてのビール産業が本格的に始動することになります。
ラベルの赤い星は「北極星」。
日本で最も歴史あるビールブランド、サッポロラガービール。』

前回は1908年のラベルでしたが、
今回は1881年のラベル。

ラベルは変われど、やっぱりうまい。
おススメです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

SUNTORY 京の贅沢 冬の氷点貯蔵

SUNTORY 京の贅沢 冬の氷点貯蔵をいただきました。

1711_SU京の贅沢.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると少し甘めのホップの香りがしてきます。

飲んでみてもその香りの印象は変わりません。
最後に残るアルコールっぽい香りは少しだけ気になるところ。
しっかりと味わいがあるというか、
新ジャンルにしては味が濃いなぁ、という印象。

さらっとしていて、苦みは少なめ。
アルコール度数が6%あるので、飲みごたえは十分にあります。

この新ジャンル、アロマホップ100%と旨味麦芽を1.3倍使っているとのことで、
香りと旨味が特徴のビールになっています。
悪くないと思います。

新ジャンルをいつも飲んでいる方には、お勧めできるビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:09| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

SAPPORO YEBISU 和のつむぎ

ギフト限定で販売されているSAPPORO YEBISU 和のつむぎをいただきました。

1711_SAヱビス和のつむぎ.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると麦っぽい香りがしてきます。

最初にほんのりとした甘みがあって、
しっかりと苦くて、濃い味わい。
本家よりはコクが薄めで軽く飲める印象はあります。

解説にはこんなことが。

1711_SAヱビス和のつむぎ解説.JPG

『国産麦芽を贅沢に使用し、
その旨味をじっくりと引き出すことで、
上質でまろやかな味わいに仕上げました。
いつもよりさらに贅沢な
限定醸造のヱビスです。』

国産にこだわって、少し残念な味わいになるビールも多い中、
これはいい感じにまとまっていると思います。
良いビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:37| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

SUNTORY ザ・プレミアムモルツ グラス

最近、グラス付きのセットが増えていますよね。

プレミアムモルツ、香るエール、琥珀ヱビスも
グラス付きのセットが発売されています。
そのうち、気になっていたプレモルのセットを買ってみました。

グラスの箱がこちら。

1711_プレモルグラス外装.JPG

泡持ち1.2倍が魅力です。

横には注ぎ方も書かれています。

1711_プレモルグラス外装横.JPG

中には泡持ちの理由が。

1711_プレモルグラス説明表.JPG

グラスの内面に凹凸があるんですね。

裏面にはその想いが書かれています。

1711_プレモルグラス説明裏.JPG

飲食店で使われているのと同じグラスなんですね。
家でも外で飲んでいるような気分で飲めますね。

注いでみると、キレイな泡ができました。

1711_プレモルグラス.JPG

胴の部分が細身で、すごく持ちやすくて、
グイっと飲むにはいいグラスだなぁ、と思うわけです。

風呂上がりに専用グラスで1杯、なんて良いですよね。

他のグラスに手を出そうか、悩み中です。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:10| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

サンクトガーレン Golden Haze IPA

サンクトガーレンのGolden Haze IPAをいただきました。

1711_サンクトGHIPA.JPG

色は薄めの茶色。
遠くからでもしっかりとホップの香り。
グレープフルーツの皮のような香りですね。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
少し、しょうがのような香りも混ざります。
そして、グラッシーな印象も増す感じがしますね。

最初から最後までしっかり苦いんですが、
次の一口が楽しみになる、そんなビールです。

ぐいぐい飲むビールではないので、
この時期にぴったりですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

サンクトガーレン Weizen

サンクトガーレン Weizenをいただきました。

1711_サンクトヴァイツェン.JPG

色は濃いめの黄色。
鼻を近づけるとしっかりとバナナのような香り。
飲んでもその香りがしっかりとしてきます。

最初に甘みを感じて、苦みはなく、後味も甘い印象。
少しコクがある感じで、
ともすればヴァイツェンボックのような飲み口でもありますが、
アルコールは5%とおとなしめ。

以前のヴァイツェンってもっと軽い印象があったんですが、
今回は重めのヴァイツェン。
もう少し甘みが抑えめのほうが好みですが、
これはこれでありですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:34| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

SAPPORO 冬物語

30年目となった、SAPPORO 冬物語をいただきました。

1711_SA冬物語.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとモルトの印象が強い気がします。

飲んでみると少し甘みがあるんですが、
そのあとしっかりとした苦みが感じられます。

大手のビールの中ではコクがあって
味わいもしっかりした感じがしています。
毎年思いますが、飲みごたえがりますよね。

今年も10月の発売はちょっと早すぎる感じもしましたが、
発売当初からなんだかだいぶ涼しくなっていますよね。
こんな時期にのんびりと飲むにはいいビールなんじゃないでしょうか。

しばらく、お世話になるビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:59| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

KIRIN 一番搾りの黒 飲み比べ

KIRINから一番搾りの2つの黒、
一番搾り 黒生と一番搾り STOUTを飲み比べてみました。

1711_KI黒飲み比べ.JPG

鼻を近づけた時の焙煎の香りが、黒生のほうがしっかりしています。
飲んだ時の香りも黒生が強め。

味わいとしては、酸味が黒生のほうが強い気がします。
くちあたりがSTOUTのほうが滑らかですね。

STOUTの名前を信じると、スタウトとダークラガーでスタイルは違います。
飲み比べはどうかとも思ったんですが、一応、黒生はSTOUTの後継として
発売されているということで、新旧黒飲み比べ、という感じですね。

どちらかというと、香りが立っている黒生のほうが好み。
黒生、飲食店でも飲んでみたいですね。

KIRIN:黒生発売のニュースリリース

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:09| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

GILGAMESH BREWING C-HOP IPA

GILGAMESH BREWINGのC-HOP IPAをいただきました。

1711_GILGAMESH IPA.JPG

色は薄めの茶色。
鼻を近づけるとしっかりとグレープフルーツのような香りがしてきます。

飲むとその香りは少し甘い印象が加わる気がします。

苦みはそこまで強くはないんですが、しっかりと苦いです。
薄く長く続く苦みの印象ですね。
刺激も弱めで自分好み。

良いビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:24| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

SAPPORO 麦とホップ 赤 2017

SAPPORO 麦とホップ 赤 2017をいただきました。

1711_SA麦ホ赤.JPG

色は赤茶色。
鼻を近づけると少し甘めの香りがしてきます。

飲むと香りはだいぶおとなしくなります。
甘みがあるんですが、嫌な甘みではありません。
それなりにコクが感じられて、
「麦とホップ」の対比でいえば、麦の印象が強めですね。

解説にはこんなことが。

1711_SA麦ホ赤解説.JPG

『本場ドイツの収穫祭で楽しまれるスタイルを参考に、
「一口目の麦の甘み」
「しっかりとしたコク」
「美しい赤い色」
を実現しました。「赤」が仲間との乾杯を楽しくします。』

このビールも確かにおいしい。
同じ新ジャンルの琥珀のくつろぎよりもこちらが好みですが、
こちらは2杯目以降にお勧めしたいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:24| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

KIRIN とれたてホップ一番搾り2017

KIRINのとれたてホップ一番搾り 2017をいただきました。

1711_KIとれたて.JPG

色は透き通った黄金色。
鼻を近づけるとしっかりと辛めのホップの香りがしてきます。
いつもよりもフローラルな印象。

飲んでみると、その香りがふわっとしてきます。
液温が少し上がってくると瑞々しさが増す感じがします。
甘みがあって、しっかり苦くて、最後が甘い。
そしてキレが良いのでスーッと引く感じですね。

解説にはこんなことが。

1711_KIとれたて解説.JPG

『とれたての今しか味わえないおいしさを。
ビールの里・岩手県遠野市で今年収穫したばかりの
みずみずしいホップ「IBUKI」をたっぷり使った、
華やかな香りをお楽しみください。』

ホップのみずみずしさ、確かに感じました。
これはうまいと思います。おススメ!

今年も楽しみ待っていた甲斐がありました♪
フレッシュなうちに飲むのがいいかも!?

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:54| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする