2011年01月10日

東京ドームのふるさと祭りに参戦

東京ドームで開催されている、ふるさと祭りに行ってきました。
昨年に続き2回目。ちょっと慣れたつもりで、夕方からの参戦です。

1101_会場雰囲気.JPG

相変わらず混んでいます。
通常、土日祝日は入場料が1,500円ですが、
16時以降の入場にすると1,000円になるので、
ちょっとお得です。

今年は「どんぶり選手権」が開催されていたので、
最初は丼をチョイス。

帯広の豚丼と、

1101_豚丼.JPG

和歌山のまぐろ中トロカツ丼です。

1101_マグロカツ丼.JPG

豚丼は現地で食べたこともあるんですが、
1枚1枚がしっかりしていて、炭火の香りが香ばしくておいしいですよね。

中トロカツ丼は上に土佐酢で作ったゼリーが乗っていて、
それを絡めて食べるという、面白い食べ方。
もうすこしカツがあると嬉しかったかな〜。

今回は地ビールの醸造元さんもたくさん来ていました。
志賀高原・福島路・箕面・金シャチ・富士櫻・サンクトガーレンなどなど、
そうそうたる面々ですね。

そのなかから、福島路ビールのエクストラピルス。

1101_福島路ビールEピルス.JPG

去年の思い出のツーリングでお供に選んだビール。
限定のピルスとあっては飲まないわけにはいきません。

ちょっと色が濃い目のビールですが、見た目よりすっきり。
ホップの香りがしっかりしていて、苦みもしっかり。
なかなかおいしい。定番にならないかなぁ。

そして、富士櫻高原のプレミアムヴァイツェン。

1101_富士櫻Pヴァイツェン.jpg

いつものヴァイツェンより重めな感じがします。
香りもしっかりで、本当においしい。おすすめのビール。

最後は金シャチのIPA。

1101_金シャチIPA.jpg

どうしても、〆はIPAにはしってしまうんです。
苦みがほしいんですね。

食べ物の〆はソーキそば。

1101_ソーキ.JPG

これでもか、というくらいソーキが入っていてビックリ。
閉場間近だったからでしょうか?
島唐辛子を入れてもらっていたので、ちょっと辛かったけど、
うまかったですよ〜。

次の週末に行かれる方にはぜひ、16時以降をおすすめします。
後半になると、人が少なめになってきますし、
20時に近くなるとセールが始まって、ちょっとお得に購入できたりします。

ただし、ほしいものが売り切れになっていたり、
店じまいをしてしまう店があったりするので、
狙っているものがある人はお早めに。

来年もまた行きたいイベントですね♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

横浜 オクトーバフェスト!

先週に終わった横浜のオクフェスですが、
今年も楽しく、おいしかったですね。

1010_オクフェス.JPG

飲んだビールで、印象に残ったものを・・・。

1010_富士櫻オクフェスヴァイツェン.JPG

富士櫻のデュンケルヴァイツェン。
カラメルのような香りとしっかりしたバナナの香り。
炭酸も少なめで飲みやすかったです。

1010_HBオクフェス.JPG

ホフブロイハウスのオクトーバフェストラガー。
麦の香りというか、風味というか、見た目よりも
ずっとしっかりしたラガー。
この甘みはやっぱり特別な感じがしますよね。

1010_HBオクフェスP.JPG

とてもポテトとあった感じでした。

1010_横浜オクフェスIPA.JPG

横浜のオクフェスIPA。
この日はとても暖かくて、ビールも温まるのが早かったんですが、
最後までしっかりとした香りと味で楽しませてくれました。

来年も楽しみにしてます!

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

横浜ビアフェス

記憶がなくなってしまう前に、、横浜ビアフェスに行ってきました。
もうあれから2週間くらい経ってしまったんですね。

今回のテーマは、
・まずは飲みたいビールを(季節限定、数量限定などが多し)
・この間かじったアルトを
・アメリカンが充実しているので、輸入物を
という感じで飲んでいました。

印象に残ったビールをいくつか。

横浜・ヘーフェヴァイツェン

1009_横浜ヘーフェヴァイツェン.JPG

今回飲んだヴァイツェンの中ではぴか一。
すばらしいヴァイツェンでした。

あまおうノーブルスイート
(写真なし・・・)
一緒に行った友人に一口もらったんですが、その甘さは今でも
覚えているくらい、あまーいビール。その甘さにびっくりします。

カナディアンブルワリー・IPA

1009_カナディアンIPA.JPG

やっぱり、ここのIPAはうまい。
香りと苦味が絶妙だと思います。

ヤッホーブルーイング・インドの青鬼(特別無濾過)

1009_ヤッホー青鬼無濾過.JPG

香りが高いけど、なんとなく甘い香りがしていました。
でもやっぱり苦味は強烈。

スカルピン・IPA

1009_スカルピンIPA.JPG

これぞアメリカン。アロマもホップですが、
フレーバーのほうがホップっぽい。
口に入れると広がるホップはさながら、ホップ爆弾?!

TYハーバー・IPA

1009_TYIPA.JPG

インターナショナルビアコンペで金賞をとり、
横浜市長章にいも輝いたIPA。
たしかにしっかりとしたIPAでしたが、
少しの量では違いがいまいちわかりません。。
これがビアフェスの痛いところ。

ホテルオークラ福岡・シェーンアルト

1009_オークラアルト.JPG

アルトをいろいろ飲んだ中で、これが一番ドイツで飲んだアルトに
近かったような気がしたんですよね。
全体的に、甘みが強かったり、苦味が弱かったり、炭酸が強すぎたりと、
ドイツの味が再現できているものはありませんでした。
うまいのはいくつかあったんですけどね。

なんだかIPAが多くなってしまいましたが、
ここに書いた以外にもいろいろとおいしいビール、
珍しいビールがありました。
やっぱりビアフェスは面白い♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ビアパラ2010に行ってきた!

六本木ヒルズアリーナで行われている、東京ビアパラダイス2010に行ってきました。

去年はビールデンウィークというイベントが行われていたんですが、
今年はビアパラという形に姿を変えてのビールイベントです。

1006_ヒルズ.JPG

久々の巨大グモ。

去年のことを思い出します。

平日の昼間に行ったので、会場はだいぶすいていました。

1006_会場.JPG

夜や、土日は結構一杯になるようです。
まあ、のんびりとすわって飲めるのはいいことですよね。

ちなみにこのイベント、参加料が200円かかります。
でも、平日はtwitter割引があって、公式アカウントをフォローして、
ダイレクトメッセージを送ると、それが無料になります。

1006_バンド.JPG

今回はそれを使ってリストバンドをゲット。
では、のんびりとビールをいただきましょうか。

1006_クリスタル.JPG

まずは、サンクトガーレンのクリスタルヴァイツェン。
このイベント限定のビールです。
サンクトガーレンは出展社中一番の品揃え。
力の入れようが伺えます。

このヴァイツェンはちょっとベルジャンっぽい香りもして、
おもしろいヴァイツェンでした。一杯目にはぴったりの一杯でした。

次は同じくサンクトガーレンのパイナップルエール。

1006_パイナポー.JPG

通常のパイナップルエールよりも1.5倍のパイナップルを
使っているということで、楽しみにしていました。

飲んでみるとやはり、ビンで飲んだときよりも、
はるかにパイナップル感が高く、酸味も少なくて、うまいんです。
これはあえてフルーツビールが苦手な人にもおススメしたい一杯。

続いてサンクトガーレンのベルジャンゴールデンエール!

1006_ベルジャン.JPG

こちらも、ビアパラ限定ビール。
ブルワリー開放日のときにベルジャンゴールデンストロングエールを
飲んでいたんですが、こちらのほうが好みにあっていました。
以前のはやっぱり少し酸味があったんですが、こちらは酸味もなく、
しっかりした味に仕上がっていました。

最後は富士櫻高原のチョコレートウィート。

1006_チョコレート.JPG

焙煎の香りがしつつ、ヴァイツェンの香りもする、1杯で2度おいしいビール。
やっぱり少し甘みがあるのが特徴ですよね。

どれも500ml以上あるので、4杯飲めば結構いい感じでした。
会場は数時間おきににぎやかな音楽で盛り上がっていました。
晴れの日に行くのがベストですが、梅雨時なので、そうも言っていられないですね。

1006_ステージ.JPG

会期は明日まで。まだいかれていないビール好きは、明日の天気にかかわらず、
行くべし!です♪

ビアパラ:HPリンク

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

サントリー武蔵野ビール工場 トワイライト・ツアーに行ってきた♪ 〜試飲編

やっとのご対面、プレミアムモルツたちです。

1006_対峙.JPG

タップにかけてあるタグも素敵。

1006_タップ.JPG

でも、ビールの姿がもっと素敵。

1006_至福の一杯.JPG

きれいな黄金色と、すばらしいホップの香り。
飲むとしっかりした苦味が。うまいですな〜。

つまみもプレミアムモルツに合わせたものが準備されていました。

1006_つまみ.JPG

中でも個人的に気に入ったのが、

1006_ビーフパイ.JPG

モロゾフのビーフパイ。この薄いパイの中にビーフのうまみが。
香りもプレミアムモルツと一緒に食べても負けません。

2杯目はプレミアムモルツの黒。

1006_プレモル黒.JPG

久々に飲みました。
初めて飲んだときはとても香りが強くて、確かにプレミアムモルツ!
と思ったのを思い出しました。

泡も素敵ですよね。

1006_黒泡.JPG

最後はおいしい手酌の仕方を勉強してきました。

1006_ビールセット.JPG

サントリーがCMでも提唱している3度注ぎの実践です。
まず、少し高いところからビールを注いで、7分目まで泡を出します。
そのあと、10秒程度待ちます。(←ここポイント)
泡が落ち着いてきたら泡の下にビールを注ぎます。
最後に、グラスの淵に沿わせるようにビールを静かに注ぐと・・・

1006_成果.JPG

おいしいビールの完成です!

ポイントはしっかりと泡を出すことと、少し待つこと。
炭酸ガスは充填されるときに10〜25%程度多めに炭酸が添加されるといいます。
これをしっかりと出してやることが大切なんですね。

それから、落ち着かせることで細かい泡だけ残って、よい"ふた"ができます。
手ほどきを受けて、みんな上手に注がれていました。

楽しかった時間はあっという間に過ぎるもので、工場とのお別れの時間です。

1006_さようなら.JPG

このあとは、ほかのブロガーさんとの交流を図るオフ会が開かれました。
半分くらいの方と話したような気がしますが、いろいろな方がいらして
やっぱりビールの縁は楽しいなぁ、と思った一日でした!
運営されたサントリーの方々と、お会いできたブロガーの方々に感謝♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

サントリー武蔵野ビール工場 トワイライト・ツアーに行ってきた♪ 〜見学編

サントリー武蔵野ビール工場の、トワイライト・ツアーに参加してきました。
今回はブロガー限定イベント。

本当のトワイライト・ツアーは6,7月に企画されていたんですが、
すでに満席になるほどの人気イベント。
今後の動向に期待ですよね。

最寄り駅の分倍河原(JR南武線)でシャトルバスが待っていてくれます。

1006_出発のとき.JPG

ここからおよそ10分程度で工場に到着します。

1006_工場外観.JPG

ガラスの向こうには大きな樽が待ち受けていて、期待が高まります。

1006_モンドセレクション.JPG

館内にはお土産やがあるのですが、その向かいにはモンドセレクションの
メダルが一段と目を引きます。これがプレミアムモルツの勲章ですね。


講習会ではプレミアムモルツの歴史や、こだわりについて説明がありました。
その中でも印象に残ったのが毎日行われるという官能試験。

1006_スライド.JPG

毎日お昼前のおなかがすいて感覚が鋭くなっている11:30という時間に
ビールを飲んでその品質を確かめるといいます。
時にはほかの工場のものもあわせて確認をして、品質に差分がないかを
確認しているとか。

それに、出来上がったビールだけではなく、原料についても官能試験を
行っているということです。麦芽やホップはもちろんのこと、
炭酸についても水に溶かしてどうなるか、ということを確認するとは、
品質に対するこだわりがわかりますよね。

座学のあとは工場内の見学です。

工場内でも製法についてのVTRを見せていただいて、中身を理解できたことが。

1006_製法ポイント1.JPG

ひとつはダブルデコンクション製法。
通常は仕込み時間に対して温度を段階的に上げていくんですが、
この製法では2度、急激に温度を上げて、発酵を促しています。
独特の製法ですね。

それから、アロマリッチホッピング製法。

1006_製法ポイント2.JPG

2度のアロマホップの添加で、より深い味を演出しているんですね。
先日見たドライホッピングを思い出してしまいました。

このVTRを見せていただいたのがこの釜の近く。

1006_大釜.JPG

粉砕した麦芽を煮たり、発酵したりする、大きな釜です。
そのためか、この部屋はだいぶ暖かかったです。

それから、イベント限定ということで、プレミアムモルツが生まれたという、
ミニブルワリーも見せていただきました。

1006_ミニブルワリー.JPG

こちらは通常の機材の1/20サイズで、ビールの試作をするときに
使われるブルワリーです。今後も個々から新たな製品が出てくるのでしょうか?
大変楽しみなところですね。

そして、終盤のひとつの見所になっていたのがこのトンネル。

1006_タンクトンネル.JPG

ビールを貯めて寝かせておくタンクを再利用して作ったトンネルです。
ちょっと近未来的でカッコいいですね。

そして、最後に驚かされたのが、サントリーのごみに対する取り組み方。
すべてのごみをリサイクルすることで、ごみをゼロにしているとのこと。
そのために、こんなに分別が必要になってきます。

1006_分別.JPG

その数なんと、36種類。うちの会社でも8種類くらいの分別はしていますが、
(しかも、めんどくさい、とぶつぶついいながら?!)
これは圧巻ですよね〜。

1006_分別2.JPG

こんな努力の結晶が、プレミアムモルツになるんですが、いよいよ、
試飲タイムです!

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

日比谷 オクトーバーフェスト

念願のオクトーバーフェストin日比谷、に行ってきました。

18時30分過ぎだったので会場は満員。
座る場所もないくらいでしたが、とりあえず、ビールの確保を♪

最初はやっぱりフランチェスカーナ。

1005_日比谷OFタップ1.JPG

このタップは壮観ですよね。

選んだのは日本樽生初上陸、に惹かれて選んだ、デュンケルヴァイツェン!

1005_日比谷OFヴァイツェン.JPG

適度な甘みとしっかりとしたバナナのような香り。
やっぱりうまいですな〜。ゆっくり飲もうと思っていたんですが、
口が待ってくれませんでした。

2杯目はやはりこれ。

1005_日比谷OFメルツェン.JPG

富士櫻高原のメルツェン。こちらも会場限定のビールです。
富士櫻高原はソーセージもおいしそうで、食べ物には長蛇の列が。
間違えてその列に並んでしまったことは秘密です。

こちらも甘みがあって、ゆっくりと飲めるビール。
温度が変わっても飲み続けられるビールは、
外で飲むときには本当に貴重ですよね。

3杯目はSPATENのプレミアムボック。
この頃になると、だいぶ夜も更けてきて、ビールに並ぶ人も
少なくなっていたので、またタップをパチリ。

1005_日比谷OFタップ2.JPG

手前で注がれているビールが手元に届きますと、

1005_日比谷OFボック.JPG

こんな感じ。こちらも麦の甘みがはっきりとして、
ボックで、本当にしっかりとしたボディなんですが、
アルコールの強さをそんなに感じさせないという、素敵なビールでした。

この日はこれで時間切れ。体調が悪かったのもありますが、
次の横浜ではしっかりと体調管理をして、いろいろ飲みたいと思います♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ベアードブルワリー見学ツアー♪

ベアードブルワリーの見学兼試飲会のバスツアーに参加してきました。

1005_ベアードブルワリー.JPG

沼津港の裏側(?)あたりにブルワリーがあります。
タップルームから5分ほどのところでしょうか。
この中で3人のブルワーさんがすべてのビールを手がけています。
どんな感じになっているのかわくわくです。

まずは原材料から、モルトを見せていただきました。

1005_ベアードモルト.JPG

モルトも何種類もあって、これは基本のものなんですが、
もう少し色の濃いものや、焙煎しきったもの、小麦などもありました。

1005_ベアード黒モルト.JPG

焙煎しきるとこんな感じです。
両方とも食べさせていただいたんですが、普通のモルトはあっさりしていて
おいしいんですが、焙煎しきったものは後味がとても苦くて、
食べるには適していませんでしたね。

焙煎しているものはものによってですが、1割程度普通のものに混ぜると、
色付けができてしまうほど、強烈な個性の持ち主とか。

このモルトを破砕機に入れて、

1005_ベアード破砕機.JPG

破砕するとこんな感じになります。

1005_ベアード破砕モルト.JPG

これでビールに使うモルトが出来上がるわけです。

1005_ベアード仕込み樽.JPG

そのモルトをこの樽の中でお湯と一緒に漬け込んで、ろ過してあげると
麦汁の出来上がりです。

それから、ビールには欠かせない、ホップも見せていただきました。

1005_ベアードホップ.JPG

普通はホップのチップ(成分を抽出してタブレット状にしたもの)を
使うところが多いようですが、ベアードでは生のホップを使っています。
このホップからあの香りが出るんですね。

苦味を出したいときは長いこと漬け込み(煮出す)、
香り付けだけしたいときは短い間浸すだけ、という使い分けがされているとか。

麦汁は酵母と一緒にタンクに入れられて、発酵が始まります。
最初は炭酸が勢いよく出るようなので、それを外に逃がすんだそうです。

1005_ベアード炭酸.JPG

これが、逃がしている炭酸。
ビールにとけこむ炭酸の具合は、これをどこでとめるかで決まるようです。

ここでは、まだ出されていない10周年のフルーツビールの試飲も
させていただきました。
まだ若いビールなので、荒々しい感じでしたね。
店頭に並んだら買ってみようと思っています。

最後に見せていただいたのが、ドライホッピングの工程。

1005_ベアードドライホッピング.JPG

2次発酵中のビールが眠っている樽があるのですが、
この金網の中にホップを入れて、その樽に仕込むのが、
ドライホップのやり方。これでもか、とホップの香りをつけるときに
行われる工程です。

このあと、瓶詰めやラベリングを行ったものが、私たちの手元に届きます。

作られる工程がわかるとビールのうまさもちょっと割り増しになりますよね。
次回はタップルーム編です♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

エクストラコールドのイベントに参加!

1005_アサヒイベント1.JPG
アサヒ・スーパードライの、エクストラコールド試飲イベントに参加してきました。

スーパードライについての紹介と、エクストラコールドをサーブする仕組み、
の説明を経て、エクストラコールドの試飲をするイベントでした。
こういうイベントに参加するのは初めてだったので、ちょっとどきどきです。

説明で気になるのはやっぱりマーケティングについて。

1005_アサヒイベント2.JPG

エクストラコールドも大事なマーケティングの一部として扱われるようです。
真ん中にインパクトのある広告、があるのがいかにも、という感じです。

プレゼンの中で面白かったのは温度で感じる味の違い。

1005_アサヒイベント3.JPG

一般のモニターに試飲をしてもらって、感想をまとめたものがこれです。
感じ方の違いがはっきり出ていて面白いですね。
それから、自分の感覚とも若干違っていたのも面白い。

プレゼンが終わるとようやくビールタイム!

1005_アサヒイベント4.JPG

サーバーには温度計がついていて、どれだけ冷えているかが見えるように
なっています。ここら辺を見えるようにしたのは、いかにもアサヒっぽい。

まずは最初の一杯です。

1005_アサヒイベント5.JPG

素敵な泡。

1005_アサヒイベント6.JPG

飲んでみるとやっぱりうまい。ちょっと炭酸が強すぎな感じもしますが、
先ほどのプレゼンによると、冷たいほうが炭酸を感じやすいということなので、
ちょっと納得。でも、これが続くと何杯も、は飲んでもらえないですよね。

エクストラコールドと、普通の感のドライとの飲み比べもしてみました。

1005_アサヒイベント7.JPG

個人的には常温のほうは酸味が強めに感じました。
それから、エクストラコールドは炭酸が強めに感じましたね。
すっきり感とか、キレという意味では圧倒的にエクストラコールドが勝ち。

エクストラコールドが飲めるお店は、現在は30店舗くらいですが、
今後は全国で200店舗くらいに展開をして、ブランド力を強化していくようです。

イベントの中で、エクストラコールドを家で作れる
エクストラコールドクーラーを紹介していたのですが、
ブロガーのみのイベントということで、カメラを構えた人だかりがすごかったです。

1005_アサヒイベント8.JPG

そんな様子を後ろから撮ってしまいました。注目度満点?!
そのエクストラコールドクーラーはドライについているシールを
48枚集めて送るともらえるようです。
もれなく、ということなので、気になる人は手に入れてはいかがでしょうか?

ビールのイベントですが、ビール好きだけが集まるものではなかったので、
いろいろな方とお話ができたのが、また面白かったですね。
こういうイベントは結構あるようなので、機会があればまた参加したいと思います。

エクストラコールドスペシャルサイト:http://www.asahibeer.co.jp/superdry/#/extra_cold/

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

春のビールミーティングに参加!

麦酒男さんが主催された、春のビールミーティングに参加してきました。
日本の大手4社のビールを飲み比べて、さらに地ビールが試飲的な感じで
2種類提供されるということで、楽しみにして会場へ。

お店はこちら。

1004_BMTG店.JPG

六本木の豚組しゃぶ庵というお店です。
普段はしゃぶしゃぶのお店のようですが、しゃぶしゃぶは冬のものなので、
夏はビヤホールのようなものをやられるということで、
そのお試しメニューがおつまみとして提供されました。

待ちわびたビールの1本目は黒ラベル。

1004_BMTG黒ラベル.JPG

ビールミーティング参加者の一番人気がこの黒ラベルだったそうです。
自分も好きなビールなんで、ちょっと嬉しいですね〜。

こんな感じで次々と、ひとつのテーブルに2本ずつ位、
ビンがサーブされていきます。

2種類目がスーパードライ。そして、3種類目は一番絞りとクラシックラガー。

1004_BMTGK&A.JPG

クラシックラガーは久々に飲んだんですが、ちょっと惚れ直しました。
そういえば、新しくなったラガーを飲んでいないなぁ。

そして、次はエビス・ザ・ホップ。

1004_BMTGエビスザホップ.JPG

なかなか飲めないので、これは嬉しいですね。
そして、ラッキーエビスまで出てくるサービスも?!

1004_BMTGラッキー.JPG

初めてみたんですが、普通のエビスとの違いは2種類。
一つ目はびくの中にも鯛が入っています。
そして、二つ目はエビス・ザ・ホップのみの特徴になるんですが、
ホップの絵が描いてあります。ちょっと幸せな気分です。

最後の大手ビールはプレモル。
こちらはすっかり写真を取り忘れていましたが、これだけ飲んだ後でも
やっぱりうまいのはさすがだなー、と感じました。

それぞれのメーカの方が1名ずつ参加されていて、
各社のビールをサーブされるときにお話をいただいたのも面白かったですね。

試飲的な地ビールは、

1004_BMTG湘南ゴールド.JPG

湘南ゴールド。今年のバージョンは初めて飲みましたが、
酸味が利いていて、フレッシュな感じでしたね。
来週末にはXPAのセットが届く予定なので、楽しみです♪

そして、最後が箕面のW-IPA

1004_BMTGWIPA.JPG

こちらも鉄板ですね。ゆっくり飲むのに最適なビール。
うまかったです。

出てきたご飯もどれもおいしかったです。
一番印象に残ったのは角煮かなぁ。
地味だけどおいしい、というのが良いですね。
ビアホールが実現した暁にはぜひ行ってみたいと思います。

この後はプレモルが飲み放題、で、テーブルを転々としていろいろな方と
話をさせていただきました。
今回もいろいろな方とお話ができて楽しかったですね〜。
付き合っていただいたかた、ありがとうございました!

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

六本木ミッドタウンにて

六本木ミッドタウンに桜を見にいきました。
花も団子も、ということで、桜カフェに出ていたCOEDOの白を飲んできました。

1004_桜カフェお店.JPG

桜カフェの中には、移動式の店舗があって、
飲食物はここで買うことができます。

1004_桜カフェメニュー.JPG

メニューはこんな感じでした。
本当は4/4までだったんですが、11日まで延長されたようですね。
そして、メニューの一番下にはCOEDOが5種類も♪

1004_桜カフェ白.JPG

そのなかからえらんだのが白。
すっきり飲みたかったんですよね。

1004_桜カフェ桜.JPG

きれいな桜を見ながら飲むCOEDOも風流でいいですね〜。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

横浜ビール 17BEER FESTIVAL

ツイッターでは色々とつぶやいていましたが、
昨日、横浜ビールの17BEER FESTIVALに行ってきました。

横浜ビールのすべてのラインナップ、17種類のビールが
一堂に会するということで、会場は熱気にあふれていました!

10杯券と17杯券(どちらも1杯130ml)があったんですが、
一人1枚のチケットが必要だったので、
自分と奥さんで10枚券を1枚ずつ購入しての参加です。

結局、自分では12杯のビールを飲んだのですが、
すべて載せるわけにいかないので、印象に残ったビールを♪

まずはヴァイツェン。

1002_横浜_ヴァイツェン.JPG

こんなにうまかったかなぁ?と思うくらい、うまかったです。
香りも、濃さも自分好みで、これだけは2杯飲んでしまいました。

次がダークラガー。

1002_横浜_ダークラガー.JPG

力強い香りと香りがありつつも、飲みやすくて目が覚めた感じです?!

不覚にも写真を忘れてしまったんですが、IPAの中の一番は
アイアンクロー。赤レンガのオクフェスでも飲めたんですが、
ほかのIPAよりもまとまりがいいというか、しまっている感じがしました。

そして、開港ラガーのボック。

1002_横浜_開港ボック.JPG

開港ラガーは飲んだことがあったんですが、ボックになるとまた違います。
ボディが重めで少し甘い感じはしたんですが香りも味も素敵でした。

最後は唯一のW-IPA、スコーピオンデスロック。

1002_横浜_スコーピオン.JPG

プロレスの名前がついたIPAのシリーズの中では一番でした。
アルコール度数が9.5%でボディの重めのIPAで、
香りもしっかり苦味ももちろんしっかりで、まとまりがありました。
2年目ブルワーの方が作られたみたいなんですが、
今後もどんなビールが出てくるか楽しみですね〜。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ビアリストに参加!

今回はお知らせです♪

このブログがきっかけでビアリストという、
クラフトビアのWEBマガジンで記事を書かせていただくことになりました。

おいしいクラフトビールを知ってもらって、
いままで興味をもたなかった人にもビールに出会っていただこうという
素敵なコンセプトのWEBマガジンです。
すでに十数名のビアリストの方々が登録されています。

まずは、自己紹介を投稿していますが、今後はWEBマガジンの読者の方の
質問に対する回答や、自分のテーマに合わせた投稿をしていきますので、
ブログと一緒にお楽しみいただければと思います!!

ビアリスト:HPリンク
posted by きょう at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

エビス祭り

シルクエビスが発売になったので、これ幸いと(?)エビス祭りです。
まずはもちろんシルクエビス。

1002_エビス_シルク.JPG

今年も限定販売で小麦を少しだけ使って滑らかな口当たりを実現した、
シルクエビス。色は通常のエビスと同じ感じですが、
小麦を使っているだけあって、少し泡もちがいいかも。

1002_エビス_シルク表示.JPG

ただ、銀河高原ビールのような小麦の含有量はかかれていません。
(まあ、あちらが珍しいんですが。。)

ホップは少し甘い香りで、飲んだときの香りもやわらかいですね。
さすがに口当たりというか、舌あたりがやさしい感じです。
苦味は薄いんですが、後から少し苦味が残る、というビールです。

1002_エビス_シルク.JPG

せっかくなので、表をアップで。
なんだか、去年よりも完成された感じですね。

そして次は普通のエビス。

1002_エビス_金.JPG

こちらはしっかり苦味があって、さすがのお味。
入れ方の問題かもしれませんが、シルクエビスがより滑らかに感じられました。

最後は超長期熟成エビス。

1002_エビス_超長期缶.JPG

こちらはそろそろなくなってくるんでしょうか?

1002_エビス_超長期.JPG

ちょっと濃い目の色をしていますね。
少しだけ焦げたような香りがしますが、飲むとホップの香りがふんわりと。
しっかりした苦味で、コクもあってうまい!ですね。

エビスビールは120周年を迎えたようで、種類が増えたのは
それをにらんでのことだったんでしょうか?!

現在、トラックバックキャンペーンもやっているようなので、
気になる方は応募してみては♪

エビス・トラックバックキャンペーン:HPはこちら!

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

「侍のプリン」がうまかった件について

ふるさと祭りで、お土産を買ってきました。
まずは名古屋の手羽先のから揚げです。

1001_ふるさと手羽.JPG

思ったより大きくてびっくり。
香りがとてもしっかりしていて身も締まってしっかりしているものの、
筋張ってはいなくて、ジューシーでスパイシー。
もちろん、ビールにあいそう。

ピルスナーもいいけど、茶色で香りが高いといえば、と思って、
似たもの同士であわせてみたのが軽井沢高原ビールのESB。

1001_ふるさと軽井沢ESB.JPG

冷やしていなかったので泡がぶつぶつになってしまいました・・・。
ただ、これはこれで合うなぁ、と自画自賛。うまいです。

ただ、手羽もビールもうまかったんですが、何気なく買ってきた侍のプリンが、
とても自分の好みにマッチしていたんです。

1001_ふるさと侍プリン.JPG

のぼりには「男は黙って、侍のプリン」と書いてあって、お、サッポロの
パクリか?と興味をもって買ったんですが、大当たり。

甘みが少しのプリンと、苦いカラメルが絶妙です。
量が多いのですが、途中で止まることなく食べきってしまいました。
一緒に飲みたいなぁと、スタウトを探しましたが、在庫にはなく・・・。

これは取り寄せても食べたい、と思った逸品でした。
男向けとありましたが、奥さんが食べてもうまいといっていたので、
甘すぎないプリンを求める万人に受けると思います。

プレミアム侍のプリンがセット販売されていたのを買ってこなかったのを
ちょっと後悔しました。今度見たら絶対買ってみよう。

1001_ふるさと侍横.JPG

この横顔も素敵です。

参考までに侍のプリンを作っているマルキタプリン本舗のHPリンクを。
マルキタプリン本舗:HPリンク

あれ、これ何のブログだっけ^^;

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ふるさと祭り2010

東京ドームのふるさと祭りに行ってきました。
入り口が狭いので外にも列ができていて、中に入ってもこの混雑ぶり。

1001_ふるさと会場上.JPG

お店がたくさん並んでいるのが見えますが、その間を人の群れが。
グラウンドに下りるとこんな感じです。がんばっていきましょう。

1001_ふるさと会場.JPG

たくさんのお店がある中で、地ビールを扱っているのは、富士櫻高原ビール、
サンクトガーレン、いわて蔵ビール、ろまんちっく村ビール、御殿場高原ビールと、
箕面ビールの6店舗。

まず最初は富士櫻高原ビールのヴァイツェン。

1001_ふるさと富士櫻ヴァイツェン.JPG

すっきりしていて飲みやすい。最初の一杯にぴったりです。
そんなヴァイツェンには佐世保バーガー。

1001_ふるさと佐世保.JPG

かなり口を大きく開けないとかぶりつけないサイズ。
肉もバンズを飛び出すぐらい大きく、そのバンズもしっかりしていてうまいです。

2杯目はろまんちっく村のドルトムンダー、冬の奇跡。

1001_ふるさとろまんドルトムンド.JPG

麦の香りがほのかに香って、しっかりとした苦味が心地いい一杯でした。
ろまんちっく村のビールって、初めてだったんですが、またひとつ、
おいしいビールを知ることができました♪

3杯目はいわて蔵のIPA。

1001_ふるさといわて蔵IPA.JPG

何かで見つけると必ず飲んでしまう一杯。今回もリアルエールだったので、
タップと一緒に撮らせていただきました。
このころ、竿灯祭りが行われ、会場は大盛り上がりでした。

1001_ふるさと竿灯祭.JPG

メインステージから少し離れた休憩席までパフォーマーの方がこられたときは、
会場がひとつになった感じがしました。

最後はサンクトガーレンのスイートバニラスタウト。

1001_ふるさとサンクトスタウト.JPG

デザートのスイーツと一緒にいただきましたが、やっぱりよい組み合わせですね。

1001_ふるさとフラ.JPG

フラガールの舞台、福島のハワイアンセンターからこられていた、
フラのステージもあって見入っていたんですが、最後にフラガールの曲で
踊っていたときは、フラよりもジェイクシマブクロのウクレレに
聞き入ってしまいました。いいなぁ、やっぱり。

写真の掲載はしていませんが、このほかにも各地のおいしいものを色々いただきました。
来年もおいしものとおいしいビールを求めに、参戦したいと思います♪

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

Craftheadsでビールオフ♪

昨日は麦酒男さんの呼びかけで、オフ会に参加していました。

場所は渋谷のCraftheads。前から気になっていたところでもあったので、
とても楽しみにしていました。

0911麦酒OFF_到着.JPG

お店はちょっと奥まったところにあって、渋谷初心者の自分にはちょっと
どきどきです。入り口から、にぎやかな声が聞こえてきます。

おそらく普段の収容人数の倍くらいは入っているんじゃないかと思う店内。
60人以上の人が集まったようです。いろんな人がいて楽しかったですよ♪

0911麦酒OFF_雰囲気.JPG

肝心のビールですが、飲んだことのないものがいろいろと飲めました。

まずはサンクトガーレンの湘南ゴールド。

0911麦酒OFF_SG.JPG

ブルワリー開放日よりも湘南ゴールド感(フルーツ感)が高まっていたような。

次がCask Pale Amarillo ver.

0911麦酒OFF_CPA.JPG

こちらもサンクトガーレンのペールエールですが、基本な感じのペールエール。

3杯目はベルジャンタイプのビールだったんですが、準備されていたものが
なくなったために代わりに出されていた樽です。

0911麦酒OFF_ベルジャン.JPG

名前を失念してしまいましたが、飲んだときにカツオのような香りが。
気のせいかもしれませんが、、なんだか不思議なビールでした。
酸味も多すぎず、すっきりです。

4杯目はTitan IPA。

0911麦酒OFF_TitanIPA.JPG

7%とアルコールは高めですが、ホップの香りがすばらしく、
お手本のようなIPAでした。飲んだ中ではいちばんおいしかったなぁ。

次はiniquity black ale(Southern Tier)。

0911麦酒OFF_BIPA.JPG

見てのとおり、黒い色をしていますがこちらもIPA。Ach9%ということで、
がっつり系のIPAでした。でもやっぱりきつくない感じが怖いですね。

さらに、un-earthly double IPA。

0911麦酒OFF_WIPA.JPG

Ach11%はさすがにききます。うまいんですけど、飲みすぎると
絶対にやられそうな一杯です。

この後も2,3杯飲んでいたと思うんですが、写真は撮らず、周りの方との
会話に集中していました。あっという間の3時間でしたね。

ちなみに、軽食はこんな感じのものが出ていました。

0911麦酒OFF_料理.JPG

こちらもおいしかったです。行く前にがっつり食べてしまったのを
ちょっと後悔。今度は食べ物も楽しみたいです。

飲んでいる間に、チェイサーのお水を飲んだり、出された軽食をつまんだり、
いろいろな方とお話をしたりして、ペースを調整したつもりだったんですが、
どうも飲みすぎたらしいです。

最後は乾杯で〆。

0911麦酒OFF_乾杯.JPG

いやぁ、楽しかった&おいしかったです♪

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 17:22| Comment(4) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

オクトーバーフェストin赤レンガ

引越しのために長いこと更新をあけてしまいましたが、本日より復活です♪

昨日は赤レンガでやっていたオクトーバフェストに行ってきました。

2009オクト_天気.JPG

ちょっと天気はよくなかったんですが、その分、人の出も少なくなっているだろう、
という読みでした^^;

会場に着く前から、まずはヴァイツェンからいきたいなぁ、
と思っていたところにHBの文字が!

2009オクト_HB店.JPG

これは飲んでおかなければ、と思い、ホフブロイハウスのヴァイツェンを♪

2009オクト_HB.JPG

きめ細かい泡はさすが。透き通った小麦独特の香りがします。
苦味はまったくなく、酸味も程よい感じで、最初の一杯にまさに最適!
新婚旅行で飲んだビールが思い出されます。

日本に初上陸、とありましたが、新宿に樽生がのめる店舗がオープンするようで、
そちらも楽しみですね。

2杯目はホップ好きのかたがたのブログで好評を得ていた、横浜ビールの

2009オクト_横浜.JPG

アイアンクロー♪

2009オクト_アイアンクロー.JPG

もちろん(?)IPAです。久々にこんなアメリカンホップの
つよーいビールを飲みました。
まったく嫌味のないホップの香りと、最初も苦いんですが、
後からも効いてくる苦味。
そして、飲んだ後もなおホップの香りが漂います。
確かに、ホップ好きにはたまりませんねー。

最後はサンクトガーレンのフェストビール。

2009オクト_フェスト.JPG

先日、休業に入ったベッケンの醸造されていたビールがサンクトガーレンブランドで
取り扱われていました。
ボディが重めで麦の香りが素敵なビールでした。

ほかにも飲みたいビールが色々あったんですが、1日では無理ですね。。
来年はもう少し調整をして、日比谷とあわせて全種類飲みたい?!

ちなみに、会場はテント内、囲いの中、とあり、その中は入場料を払って入ります。

2009オクト_会場テント.JPG

テントの中は大盛り上がりでした。

で、再入場もできるので、席の確保できなかった人々は、
その囲いの外でも飲んでいたりして、そういう方も大勢いらっしゃいました。

2009オクト_会場外.JPG

であれば、もう少し場所を大きくして座れるスペースを増やしたほうが、
オクフェスとは関係なく赤レンガに来た人も安心なんじゃないか、
と思ってしまいました。
本場のオクトーバーフェストみたいに会場が大きいといいんですが、
どうなんでしょうか??
テントの中だけではない、一体感の楽しめるイベントだとさらにもりあがると
思うんですが。

そんなところを差し引いても、今年も楽しいイベントでした!
来年もぜひ、行きたいですね♪

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 16:35| Comment(4) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

サンクトガーレン ブルワリー開放日

行ってきました。本番に(?)。(練習はこちら)
サンクトガーレンのビールが1杯500円で飲めて、食べ物は無料だなんて、
こんな素敵なイベントはないですよね。

さらに、秋晴れのいい天気で、太陽の下だと汗ばむほどの陽気。
うれしい限りです。

開始直後に行ったんですが、ビールを買うところは長蛇の列でした。

0910サンクト_雰囲気.JPG

最初にいただいたのはゴールデンエール。

0910サンクト_Gエール.JPG

ホップの香りがさわやかで、苦味もしっかり。
一杯目にはよいビールですね。

奥さんは嶋崎農場のももももももも桃エール。

0910サンクト_モモエール.JPG

香りはちょっと桃のような、フルーティーな香りがしました。
若干酸味もあり、飲みやすいビールでしたね。

フルーツビール3種あてでも思ったんですが、何のフルーツを使っているのかを
当てるのってとっても難しいですよね。逆に、とてもフルーツ感があるビールは
尊敬してしまいます。

2杯目はXPAをいただいたんですが、なぜか、画像が・・・。
相変わらず素敵なアロマと素敵な苦味、でした。
初めて飲んだときはそうでもなかったんですが、好きなIPAのひとつです。

3杯目が「超・湘南ゴールド」

0910サンクト_超湘南ゴールド.JPG

「超」がつくだけに大人気でした。
湘南ゴールドはその名のついているオレンジが使われているのですが、
それをいったん干してから使って、より「湘南ゴールド」感がでている
ビールということで、出た瞬間に長蛇の列が。

飲んでみると確かにオレンジっぽい香りと柑橘系の苦味が感じられました。
フルーティというよりは、オレンジを皮からいった感じです。
面白いビールですね。

それから、最後が今日イチだったベルジャンストロングゴールデンエール(長い!)

0910サンクト_BSGエール.JPG

その名のとおり、ベルジャンで、ストロングなゴールデンエールです。
似ているスタイルのビールはデュベル、といえば想像できるでしょうか?
香りは少しスパイシー。少しの酸味と少しの苦味で4杯目なのに
一番ペースが早かったのがこのビールです。

食べ物は豚焼きやらソーセージやら、ホルモンやらがあったのですが、
どれもやはりビールにあってうまかったですね。
それに、昼間から外で飲むビール、最高です。
また行ってみたいイベントですね♪

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

恵比寿麦酒祭

渋谷を出たその足で、恵比寿に向かいます。
狙いは恵比寿麦酒祭のエビス・ザ・ホップの樽生。
あまり見たことがないので、楽しみです♪

0909恵比寿麦酒祭.JPG

会場に着くと人がいっぱいで、入場ゲートに行列ができていました。
さすが、人気なんですね。

並ぶこと10分ほど。ステージの音楽に聞き入っているとすぐ順番が回ってきました。
年齢確認のリストバンドをつけてもらってチケット購入♪

0909恵比寿麦酒祭_ホップ.JPG

ありつけました、エビス・ザ・ホップ。
ちょっとあの華やかなホップの香りが薄かった感じもしますが、
外で飲んでいたからなのか、3杯目だったからなのか。
自分が購入した直後には売切れてしまっていたので、
真偽のほどは確かめられませんでしたが、また樽生に挑戦したいと思います!

0909恵比寿麦酒祭_クリーミートップ.JPG

クリーミートップは相変わらず、いい感じにドライです。

0909恵比寿麦酒祭_琥珀.JPG

お膝元で飲む琥珀エビスもうまかった。
やっぱりもう少し炭酸が弱めのほうがうまいと思うんですが、
最近炭酸の分量でも変えたんでしょうか?

こんなイベントのハシゴは初めてだったんですが、楽しいですね〜。

※恵比寿麦酒祭も本日まででした。

ビールのブログが探したいときは→ブログランキング
posted by きょう at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする