2018年01月25日

COEDO 毬花

COEDO 毬花をいただきました。

1801_COEDO毬花.JPG

色は薄めの黄金色。
鼻を近づけるとシトラスの様な香りがしてきます。
濃いというか、とがったというか、突き刺さるような香り。

飲んでみてもしっかりとその香りはしてきます。
苦みもしっかりしているんですが、あとはクリアな印象。
アルコール度数が4.5%と少なめなんですが、
飲み口がしっかりしているので、ごくごくというよりは
少し味わいながら飲んでしまいます。

解説にはこんなことが。

1801_COEDO毬花解説.JPG

『淡い黄金色と純白の泡にシトラスを想わせる
アロマホップの華やかに香るセッションIPA。
香り高く洗練された苦みのあるしっかりとした
フレーバーと、低めのアルコール度数にクリアな飲み口の
ドリンカビリティを両立させた味わいです。
ホップの個性とその風味を最大限に引き出す製法にちなんで
「毬花-Maribana-」と名付けられました。』

イベントなどでもたびたび飲んでおいしかったこのビール。
初めて自宅でも味わえました。
自宅で飲んでもやっぱりうまいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:57| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ヤッホーブルーイング クラフトザウルス

ヤッホーブルーイングのクラフトザウルスをいただきました。

1801_ヤッホークラフトザウルス.JPG

色は薄めの茶色。
鼻を近づけると優しいと柑橘系の香り。
グレープフルーツ系ですね。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
苦みもしっかりしてきてコクも少しあります。

少し香りが強めのバランスのいいペールエールのような気がしました。

解説にはこんなことが。

1801_ヤッホークラフトザウルス解説.JPG

『軽井沢から始まるビールの革命紀。
クラフトビールの異次元体験へ。

グラスに注ぐとグレープフルーツのような、
爽やかなホップの香りがパッと舞い上がる。
誰も知らなかった軽井沢の時間がはじまる。

「クラフトザウルス・ペールエール」で
天地を突き抜ける衝撃のホップ香を体験してください。』

このビール、軽井沢地区限定のようです。
現地に行かれたらぜひ飲んでみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:34| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

SAPPORO 月のキレイな夜に

SAPPORO 月のキレイな夜に をいただきました。

1801_SA月.JPG

色はクリアな黄金色。
鼻を近づけるとオレンジのような香り。
裏にスパイシーさが。

飲んでみると、その香りは落ち着く印象です。
フィニッシュの香りがスミレに似ていますね。
少し甘みがあって、苦みは少なく、後に少し酸味が残ります。
そして、炭酸の刺激が若干強めですね。

解説にはこんなことが。

1801_SA月解説.JPG

『フルーティーな香りと余韻を楽しむBelgian White Style。
コリアンダーシードやオレンジピールを使用した
ベルジャンホワイトスタイルにフレーバーホップを一部使用することで
フルーティーな香りと柔らかい口当たり、心地よい余韻を実現しました。』

いろいろと少し物足りない気もしつつ、
クリアなベルジャンホワイト。
ホワイトベルグとの飲み比べも面白そうですね。
あちらは新ジャンルで、こちらは発泡酒。
このあたりでどう味に違いが出てくるか、興味のあるところです。

このビール、ファミリーマートとサークルK・サンクス限定。
お近くにある方は、ぜひ飲んでみてほしいビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:36| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

FAR YEAST BREWING BICYCLE COFFEE IPA

FAR YEAST BREWING BICYCLE COFFEE IPAをいただきました。

1801_FECIPA.JPG

色は濃いめの茶色。
しっかりした濁りが見て取れます。

鼻を近づけるとしっかりとコーヒーの香り。
苦みや渋みがある香りです。

飲んでみると最初はコーヒーの香りがするんですが、
次第にホップの香りに変わっていきます。
でも、あとに残るのはコーヒーの香り。

苦みがしっかりとしていて、
コクもあって、飲みごたえのある1杯です。

解説にはこんなことが。

1801_FECIPA解説.JPG

『サンフランシスコベイエリア発、
自然派ロースター Bicycle Coffee Tokyoとのコラボビール。
コーヒーのうまみをしっかり抽出したコーヒーIPA。』

コーヒーとIPAがバランスした良いビール。
おススメです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

FAR YEAST BREWING ベルジャンスタウト

FAR YEAST BREWING ベルジャンスタウトをいただきました。

1801_FYBS.JPG

色は漆黒。
鼻を近づけるとしっかりとローストされた香りが。
カモ肉のローストを思い出すような香り。

飲んでみると、スパイシーな香りが前面に出てきます。
この香りの変化は面白いですね。
しっかりと苦くてウェットなスタウト。

解説にはこんなことが。

1801_FYBS解説.JPG

『香ばしいローストモルトと
濃厚な味わいとが楽しめるベルジャンスタウト』

すごく香ばしいスタウト。
ベルジャンっぽさも飲んだ時にしっかりと感じて、
面白いビールだな、と思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:01| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

志賀高原ビール 其の十

志賀高原ビールの其の十をいただきました。

1801_志賀高原其の十.JPG

色は黄色と茶色の間くらい。
しっかりと濁りが確認できます。

鼻を近づけるとしっかりとグレープフルーツの香り。
飲んでみると、甘い香りが少し強めになります。

甘みを感じた後、しっかりと苦くて、
その苦さは後を引きます。

ぐいっとは飲めませんが、のんびりと飲みながら
味わっていきたいビール。

解説にはこんなことが。

1801_志賀高原其の十解説.JPG

『志賀高原ビールの十周年を記念して生まれた十番目のIPA。
大量のホップと酒米の使用で、度数を感じないすっきりとした飲み口と、
華やかな香り、きれいな苦みが特徴。和食と一緒でもいける、
日本のインペリアルIPAです!』

そう。すっきりとしていて度数は感じさせません。
準定番なので、売っていない時もあるんですが、
あると買ってしまう。そんなビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:22| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

エチゴビール RISE UP IPA

エチゴビール RISE UP IPAをいただきました。

1801_越後RUIPA.JPG

色は薄めの茶色。クリアです。
鼻を近づけるとしっかりと柑橘系の香り。

飲んでみてもその香りは衰えません。
最初から最後までしっかりと苦い。

これといった特徴はないんですが、
しっかりとおいしいIPAでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:48| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

軽井沢ビール 軽井沢エール

軽井沢ビールの軽井沢エールをいただきました。

1801_軽井沢エール.JPG

色は薄めの茶色。クリアです。
鼻を近づけるとストロベリーやレモンのようなフルーティーな香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
苦みは強くなく、フィニッシュはちょっと甘め。

悪くないんですが、どこを狙ってるかわかりづらいビールでした。
「エールビールの傑作」はちょっと大ぶろしきを
広げすぎかなぁ、と思ってしまいました。
もしかしたらコンディションがいいと、印象が変わってくるのかもしれません。

機会があれば、また飲んでみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:59| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

SUNTORY ALL-FREE 香り華やぐホップ

SUNTORY ALL-FREE 香り華やぐホップをいただきました。

1801_SUAF.JPG

色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると紅茶のような香り。
少しイチゴっぽくもあります。

飲んでみても、その香りがしっかりとしてきます。

時間を空けて、液温が上がってくると、
その香りはトマトのような香りに変わってきます。

香りがより強くなったというだけで、
ビールっぽさがあがったり、
香りの好感度が上がったりすることはないようです。

ちょっと期待していただけに、
残念だなぁ、と思ってしまいました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:31| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

志賀高原ビール 1t IPA

志賀高原ビール 1t IPAをいただきました。

1801_志賀1t.JPG

色は茶色。
鼻を近づけるとしっかりと柑橘系のホップの香り。

飲んでみると最初に感じるのは甘み。
そして、しっかりと苦い。
あとまで残る苦みなんですが、
甘みも加わってより苦みが強く感じられます。

解説にはこんなことが。

1801_志賀1t解説.JPG

『その名の通り、一仕込みで1トンのモルトを使った
強力なIPA。つかったホップの量も志賀高原ビール至上最高レベル。
なのに、圧倒的なホップの香りとドライな飲み口で、意外と飲めちゃう、
すごく"アブナイ"ビールです。』

アルコール度数は9.5%もあるんですが、そこまで強く感じず、
飲んでしまう危ないビールなんです。
今回のバッチは特に、甘みが強い気がしていて、
飲みやすさがさらにアップしている印象です。
危険なビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:14| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする