2017年03月15日

スワンレイクビール セッションIPA

スワンレイクビール セッションIPAをいただきました。

1703_スワンSIPA.JPG

色は黄土色。濁りがはっきりと見て取れます。
泡は少なめですが、意外としっかりしています。

鼻を近づけるとグレープフルーツのような
柑橘系のホップの香り。

飲んでみても香りがしっかりしてきますが、
若干抑えめになります。

最初に感じるのはモルトの甘み。
そのあとからしっかりと苦いんです。
少しボディも感じられますが、あとはすっきり。

セッションIPAという名前と見た目に少しギャップを感じ、
飲んでみるとやっぱりセッションIPAだなぁ、という印象のビール。

なかなかおいしい一杯でした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

志賀高原 House IPA

志賀高原 House IPAをいただきました。

1703_志賀HouseIPA.JPG

色は薄めの橙色。はっきりと濁りが見て取れます。
きめ持ちともにいい泡ができますが、泡の量は多くはありません。

鼻を近づけるとグレープフルーツのような柑橘系の香り。
飲んでもその香りは衰えません。

飲んでから最初に感じるのが甘み。
そのあと、しっかりとした苦みを感じます。
苦みはそこまで強くはないんですが、長く続く感じです。
アルコール度数が8%あって、コクもそれなりに感じるんですが、
重すぎず、ごくごく行ってしまうジューシーさがあります。
危険なビールですね。

解説にはこんなことが。

1703_志賀HouseIPA解説.JPG

『厳選した麦芽をふんだんに使い、大量のホップを10回以上に分けて加え、
長期熟成させた、インペリアルIPAスタイルのビールです。
豊かな味わいと圧倒的な香り、爽快な苦みのバランス(を)お楽しみください。』

この香りと苦みは手間暇かけたホップのおかげなんですね。
寒い時期にのんびりと飲みたいビールが、また増えた気がします。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

SUNTORY TOKYO CRAFT PALE ALE

SUNTORY TOKYO CRAFT PALE ALEをいただきました。

1703_SU東京PA.JPG

色は少し濃いめ。きめのいい泡ができます。

鼻を近づけると少しストロベリーのような甘い香りがして、
そのあと柑橘系の香りがしてきます。しっかりホップが効いてそうです。

飲んでみると最初にしっかりとした甘みを感じます。
そのあとにとがっていない苦みがあります。

全体的には悪くないペールエールの印象です。
ただ、普段クラフトビールを飲んでいる人からすると、
ちょっと物足りない気がするビールだと思います。

ちなみに、昨年飲んだCRAFT SELECT PALE ALEも
同じような感想だったみたいです。

解説にはこんなことが。

1703_SU東京PA解説.JPG

『TOKYO CRAFTは東京の地で、半世紀にわたり
伝統と革新をテーマに新たなビールづくりに挑戦し続けてきた私たちが、
伝統と革新が融合する街「TOKYO」に
愛着と敬意をこめて作り上げたビールです。』

昨年CRAFT SELECTとして売られていたビールがリブランドされているので、
愛着とか敬意とかはしっくりこない感じですね。

当たりはずれのあるCRAFT SELECTはそれはそれで
面白いビールだなぁと飲んでいたんですが、
何となく一歩引いてみてみようかと思ってしまうリブランドです。

ただ、ビール自体には非はないので、
5月に出てくる予定のセゾンも期待したいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

SUNTORY CRAFTMAN'S BEER 千都の夢

イオン限定、SUNTORY CRAFTMAN'S BEER 千都の夢をいただきました。

1703_SUCB千都の夢.JPG

色は黄金色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると甘いホップの香り。
はちみつやストロベリーのようですね。

飲んでみるとその香りは落ち着きます。
じわっと苦くて若干コクも感じられます。
最後まで苦みがしっかり続く印象ですね。

解説にはこんなことが。

1703_SUCB千都の夢解説.JPG

『上品な京の都をイメージしながら
京都ブルワリーにて、こだわって造った
華やかな香りと豊かなコクが特徴のビールです。』

スタイルはゴールデンエール。ちょっと物足りない気もしますが、
こういうスタイルに大手が挑戦しようとするところは
面白いと思うんですよね。

イオン限定なので気になる方はぜひ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

SAPPORO YEBISU 華やぎの時間

SAPPORO YEBISU 華やぎの時間。1月に発売されたんですが、
大好きなので、色々なグラスで飲み比べてみました。

最初は普通のグラスです。

1703_SAロブションヱビス1.JPG

マスカットのようなホップの香りと、透き通った苦み。
軽く感じるコクもあり、ぐいっと飲んでものんびり飲んでもいいビール。

解説にはこんなことが。

1703_SAロブションヱビス解説.JPG

『厳選された3種のホップの個性を引き出した、
口に含んだ瞬間に広がる華やかな薫りとコク、清々しい味わい。
乾杯や食前酒として、料理を華やかにひきたてる、
フレンチの巨匠も認めた、限定醸造のヱビスです。』

シャンパンのような印象もあるので、確かに飲むシチュエーションとしては
乾杯や食前酒もいいですね。

このビール、こんなグラスや、

1703_SAロブションヱビス2.JPG

香りがしっかりと感じられるこんなの、

1703_SAロブションヱビス3.JPG

似合わないなぁと思いつつ、こんなのでも飲んでみました。

1703_SAロブションヱビス4.JPG

ただ、やっぱり一番似合ったのはこのグラス。

1703_SAロブションヱビス5.JPG

香りがしっかりと感じられて、
苦み、コクもバランスよく感じられるんですよね。
2つ目のグラスだと、少し香りがうるさすぎる印象もあって、
こちらのグラスが一番でした。

好きなビールをいろいろなグラスで飲み比べるのも楽しいですよね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

志賀高原ビール 其の十

志賀高原ビールのインペリアルIPA、其の十をいただきました。

1703_志賀高原其の十.JPG

色は黄色。きめ持ちともにいい泡ができます。
泡の量は少なめ。濁りがはっきりと見て取れます。

鼻を近づけると甘めで柑橘系のホップの香り。
グレープフルーツ系ですね。
飲んでみてもその香りは衰えません。

最初に苦くて、甘みもしっかりと感じます。
フィニッシュはやっぱり苦い印象があります。
ボディもしっかりしているんですが、意外とすっきりしているんです。
アルコール度数が7.5%なので、これは危険なビールですね。

解説にはこんなことが。

1703_志賀高原其の十解説.JPG

『志賀高原ビールの十周年を記念して生まれた十番目のIPA。
大量のホップと酒米の使用で、度数を感じさせないスッキリとした飲み口と、
華やかな香り、きれいな苦みが特徴。和食と一緒でもいける、
日本のインペリアルIPAです!』

このすっきり感は酒米から来ているんですね。
綺麗でおいしいIPAでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

FIRESTONE WALKER BREWING COMPANY FIRE STONE DBA

アメリカのFIRESTONE WALKER BREWING COMPANYが作った
FIRE STONE DBAをいただきました。

1703_DPA.JPG

色は明るめの茶色。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけるとほんのりホップの香り。
甘めですね。

飲むと、少しホップの香りが強くなるんですが、
モルトの甘みの印象も強いです。

ボディもミドルぐらいある印象ですが、
まったりとしているわけではなく、
重い印象はありません。

しっかりとした苦みが感じられるのですが、
あとはひかない印象です。

このビール、冒頭に書いた通りアメリカで作られているんですが、
スタイルはイングリッシュIPA。
アメリカンホップがっつりのIPAが多い中、なかなか珍しいですよね。
おいしい一杯でした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

サンクトガーレン インペリアルチョコレートスタウト2016

サンクトガーレンのインペリアルチョコレートスタウト2016をいただきました。

1703_サンクトICS2016.JPG

色は黒。泡はちょっと失敗してしまいましたが、、、
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると焙煎の香り。
これが少し甘く感じるから不思議でなりません。

飲んでみても香りの印象は変わりません。
しっかりと苦くて、その苦みは少し丸みを帯びている気がします。

熟成は1年と少し、ということになるでしょうか。
個人的には、このくらいの熟成もバランスが良くて好きなんですよね。

こういうビールが似合う季節もあと少し。
楽しんでいきたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

金シャチビール ピルスナー

金シャチビールのピルスナーをいただきました。

1703_金シャチピルス.JPG

色は少し薄めで、若干濁りが見られます。
きめ持ちともにいい泡ができますね。

鼻を近づけると甘めのホップの香り。
飲んでみてもしっかりと香ってくる印象です。

キリッと苦くて、見た目よりもボディがあるんですよね。
そして、結構苦みがあって、あと引く苦さがあるんです。

しばらく飲んでいなかったですが、
やっぱりいいピルスナーですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

リニューアル(予定)のプレミアムモルツ飲み比べ

3/14にリニューアル予定のプレミアムモルツですが、
運よく先行体験キャンペーンに当選しました。

1702_プレモル当選.JPG

まずは外観から。
左が新しいプレモル。右が今のプレモルです。

1702_プレモル缶1.JPG

SUNTORYの位置が変わってプレモルのロゴが前面に。
天然水100%も天然水醸造という記載に変更されています。
個人的には落ち着いた印象でいい感じです。

成分が書かれている面です。

1702_プレモル缶2.JPG

成分の内容は全く変わっていないようですね。
解説の位置が上に移動してきました。

反対側の側面はサントリーのマークが小さくなったかも?

1702_プレモル缶3.JPG

「試飲缶」の表記がなくなると違ってくるんでしょうか?

グラスに注ぐとこんな感じになります。

1702_プレモル飲み比べ.JPG

見た目はほぼ変わらないですが、
新しいほうは若干泡立ちが弱くなった気がします。

ただ、香りは新しいほうが強くなっています。
特に、飲む前の香りがクリアになっている気がしますね。

現行のプレモルは泡がしっかりと出たのに、
刺激がまだ強めに感じました。
新しいほうがその分、コクが強めに感じたり、
フィニッシュの甘みを強めに感じた印象です。
苦みが柔らかになってしまったのはちょっと残念ですね。

全体的に、新しいプレモルは香り、コク、甘みが増して、
苦みが丸くなった感じで、総合的には新しいほうが好みかな。
前回のリニューアルの記事からは、先祖がえりをしているような気もします。
商品が出回り始めたら、また飲んでみたいと思います。

今回のキャンペーン、箱にもこだわりがあったので、
ついでにご紹介します。

正方形の箱に入っていて

1702_プレモル箱1.JPG

上の箱に下の箱が入っていました。

下の箱を広げると、中にプレモルが。

1702_プレモル箱2.JPG

プレモルを取り出すと中にはビールを飲んだ後のグラスがデザインされています。

1702_プレモル箱3.JPG

「またお会いできる日を楽しみにしております。」
新しいほうを飲んでうまいと思ったので、
その日は近そうですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by kefu at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする