2018年04月28日

ヤッホーブルーイング ハレの日仙人 2016

ヤッホーブルーイング ハレの日仙人 2016をいただきました。

1804_ヤッホーハレの日.JPG


色は濃いめの赤茶色。
鼻を近づけると干しブドウのような甘い香り。

飲んでみても、その香りは変わりません。
最初に甘みを感じて、苦みはそこまで強くなく、
最後に酸味がふわっと来ます。
アルコール度数は9.5%なので、
それなりに強めのアルコール感もありますね。

付属された冊子にはこんなことが。

1804_ヤッホーハレの日解説.JPG

『本製品は、上面発酵製法で造られ、高いアルコール度数と
長期熟成を特徴とする「バーレイワイン」というスタイル(種類)の
エールビールです。
人生の折り目、節目のお祝い事の席でお飲みいただく
「ハレの日」専用ビールとして誕生しました。
熟成にかけた時間が生む深い琥珀の色合い、
キャラメルやコーヒーを思わせる香ばしさ、
デリケートな甘みと苦みが特徴です。
少し温かめの温度(飲み頃温度は十五度)で、
ワインのようにゆっくりと味わってお愉しみください。』

このビールは2016年に醸造されたもの。
賞味期限は2019年11月になっていました。
しっかりと栓ができるので、
ちびちびと味わいながら飲んでいきたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:53| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

COEDO Ruri

COEDO Ruriをいただきました。

1804_COEDORuri.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘くシトラスのような香り。

飲んでもその香りはしっかりとしてきます。
苦みがあるんですがクリア。

苦みも香りも、しっかりとしつつやりすぎではない。
安定しておいしいビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:39| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

SAPPORO 黒ラベル Extra Brew

SAPPORO 黒ラベル Extra Brewをいただきました。

1804_SA黒ラベルEB.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲んでみると、その香りが強くなる印象です。
麦の印象もあり、苦みもしっかり。
刺激が弱めで、それなりにコクのようなものも感じます。

前もうまいと思いましたが、
今回もやっぱりうまい。

そして、どううまいのかを確認するために、
黒ラベルとの飲み比べは必須ですね。
これも楽しみ。

限定醸造なので、あるうちにぜひ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:46| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

銀河高原ビール ヴァイツェン

銀河高原ビール ヴァイツェンをいただきました。

1804_銀河高原ヴァイツェン.JPG

色は薄めで濁りがはっきり見て取れます。
鼻を近づけると甘くバナナのような香り。

飲んでみてもその香りははっきりとしてきます。
少し甘みと酸味があって、苦みはなし。
あっさりでもこってりでもないミドルボディ。

なかなか見ないので、お店で見ると買ってしまうこのビール。

お店でよく見る銀河高原ビールは小麦のビール。
こちらはヴァイツェンと名乗られているビール。
両方ともスタイルはヴァイツェンですが、
後者は無濾過で要冷蔵なんですよね。
そんなところが流通が少ない要因にもなっているんだと思います。

小麦のビールよりもヴァイツェンのほうがまったりと飲めるので、
個人的には好きなんですよね。

そして、今回もうまかった。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:15| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

YOKOHAMA BAY BREWING Co. BAY WEISS

YOKOHAMA BAY BREWING Co. BAY WEISSをいただきました。

1804_YBBヴァイツェン.JPG

色は薄めの黄色。
濁りが見て取れます。

鼻を近づけるとしっかりとばななのような香りがしてきます。
香りがクリアな印象です。

飲むとその香りに燻した香りが加わります。
苦みはほぼなく、あとから酸味がふわっと来ます。
細かい炭酸の刺激が心地いいですね。

少しコクがありますが、そこまででもなく、
重くない部類のヴァイツェンだと思います。

解説にはこんなことが。

1804_YBBヴァイツェン解説.JPG

『ドイツ・バイエルン州で盛んに造られている、
小麦麦芽と酵母による濁りが特徴のヘーフェ・ヴァイツェン。
バナナを思わせるフルーティーなアロマと、
小麦由来のやさしい麦の味が特徴の白ビールです。
JAPAN BREWERS CUP 2017小麦ビール部門優勝。』

そう、やさしい感じのヴァイツェンですね。
なかなか飲む機会がないので、
これからいろいろなところで売られるとうれしい、
そんなビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:27| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

YOKOHAMA BAY BREWING BAY PILSNER

YOKOHAMA BAY BREWING BAY PILSNERをいただきました。

1804_YBBピルス.JPG

色は薄めの茶色。
鼻を近づけると重めのホップの香り。

飲んでもその香りがしっかりとしてきます。
最初から最後までしっかりと苦いんです。

飲み口がしっかりとしていて、
見た目よりも重みがあります。

解説にはこんなことが。

1804_YBBピルス解説.JPG

『ピルスナーの本場・チェコ産のアロマモルティング麦芽、
最高級ザーツホップだけを使用し、
伝統的製法「トリプルデコクション」によって、黄金色に仕上げました。
ホップの爽やかなアロマと上品な苦みが特徴のボヘミアンピルスナーです。
チェコの品評会(GOLD BREEWERS SEAL 2014)でアジア初の金賞受賞。』

金賞を受賞してもしていなくても、うまいビールはうまい。
いろいろなところで見られるようになるんでしょうか?

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:45| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ASAHI SUPER DRY 飲み比べ

4月上旬出荷分から新しくなったという、
スーパードライを飲み比べてみました。

1804_ASドライ飲み比べ.JPG

左が新しいほうで、右が古いほう
缶のデザインも含め、見た目は変化がありません。
香りも変わりなし。

飲んでみると、新しいほうが刺激が弱めで、
切れがいい気がします。
それから、雑味が少なくなっている印象もあります。

ニュースリリース
https://www.asahibeer.co.jp/news/2018/0330_2.html

ニュースリリースによると、泡持ちの良さと切れ味の向上をしたとか。
たしかに、切れ味は上がっているような気がするのと、
「クリア」さが強くなっている印象があります。

ちなみに、飲み比べたのはこの2本。

1804_ASドライ飲み比べ製造.JPG


製造年月日をできるだけ近づけてみたんですが、
飲み比べてみた感じでは違っている気がしました。

ニュースリリースが"出荷分から"になっていたのが気になるところですが、
確かに違うように感じたこの2本。
印象が正しければ、自分の好みのほうに動いた感じなので、
また飲んでみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:06| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

KIRIN GRAND KIRIN ひこうき雲と私 レモン編

KIRIN GRAND KIRIN ひこうき雲と私 レモン編をいただきました。

1804_KIGKレモン.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとレモンのような香りがして、
そのあと、グレープフルーツのような香りがしてきます。
気のせいかもしれませんが、ちょっと塩っぽい印象も受けます。

飲んでみると、グレープフルーツの印象が強まります。
なめらかで、苦みは弱めですが、しっかりとします。
甘みが強めで、最後まで残る印象です。

解説にはこんなことが。

1804_KIGKレモン解説.JPG

『レモンピールを使用した柑橘の風味と、
爽やかな余韻をお楽しみください。』

今まで、新定義ビール的なブームのもので、
副原料にいろいろとつかわれているビールを飲みましたが、
このビールが一番"あり"な気がします。

全体的にレモネードにグレープフルーツを絞ったような印象ですね。
ビールとしてはちょっと薄目に感じるので、
暑い日にごくごく飲むもが似合うビール。

暑くなるというこの週末にはピッタリなんじゃないでしょうか。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:45| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

KIRIN 一番搾り 横浜づくり

KIRIN 一番搾り 横浜づくりをいただきました。

1804_KI横浜づくり.JPG

色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘めのホップの香り。

飲むと甘めの印象が強くなります。
この香りが特徴的ですよね。

コクがあって、少しの甘みから苦みがしっかり。
ただ、あとまで残らずあっさりの印象です。

解説にはこんなことが。

1804_KI横浜づくり解説.JPG

『横浜の風を感じる、爽やかな味わい。
横浜工場限定の特別な味わいです』

今までにないくらいあっさりとした解説になっています。
ただ、着実に成長している感じはしますね。

次の横浜づくりも楽しみです♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:56| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

KIRIN 一番搾り 匠の冴 飲み比べ

KIRIN 一番搾り 匠の冴とノーマルの一番搾りを飲み比べてみました。

1804_KI一番搾り飲み比べ.JPG

見た目はほぼ変わらず。
鼻を近づけた時の香りはノーマルの一番搾りのほうが甘みが強く感じられます。
飲んだ時の香りは逆に匠の冴が強めに感じます。

一番搾りは甘みが強めでキレが良く全体的に丸い印象。
匠の冴は酸味とコクがあって、全体的にとがった印象があります。
苦みは同じくらいなんですが、一番搾りのほうがちょっと強めかも。

単独で飲んでいた時はあまり感じませんでしたが、
個人的には酸味が苦手なので、
ノーマルの一番搾りのほうが好きかな。

なかなか面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:54| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする