2017年07月23日

KIRIN 今日はうちごはん

KIRINの「今日はうちごはん」をいただきました。

1707_KIうちごはん.JPG

色は黄色に近い色。濁りがはっきり見て取れます。
きめ持ちともにいい泡ができますね。

鼻を近づけるとしっかりとバナナのような香り。
飲んでみてもその香りは衰えません。
すこしスモーキーな印象も出てきます。

ちょっと炭酸の刺激が強い印象があります。
酸味が少しあって、苦みはほぼなし。

小麦麦芽が使われていて、その率は書いてありませんでしたが、
香りや飲んだ時の印象から、おそらくヴァイツェンだと思います。
想定があっていれば、ドライなヴァイツェンに仕上がっているなという印象です。

解説にはこんなことが。

1707_KIうちごはん解説.jpg

『無濾過由来のまろやかさと燻製した
麦芽のほのかな香りが、お肉料理をおいしくします。
いつもの食卓をもっとおいしく。』

もう少ししっとりしているほうが好みですが、
大手からこのレベルのヴァイツェンが出てくるのが
時代だなぁ、と思ってしまいました。

「今日のうちごはん」はセブン&アイ限定。
このビールのために足を運んでみることをお勧めします。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

J-CRAFT 華ほの香 爽快のヴァイツェン

J-CRAFT 華ほの香 爽快のヴァイツェンをいただきました。

1707_JCヴァイツェン.JPG

色は黄色。しっかりとにごっています。
きめ持ちともにいい泡ができますね。

鼻を近づけると、しっかりとバナナのような香り。
しっとりとした印象があります。
飲んでみてもその香りは衰えません。

かなり刺激が強めですが、苦みはなく、
少しドライなヴァイツェンに感じます。

ただ、時間がたつと甘みを前面でとらえられるようになり、
ガラッと印象が変わります。

解説にはこんなことが。

1707_JCヴァイツェン解説.JPG

『小麦麦芽を主に使用したヴァイツェン(ドイツ語で小麦の意味)ビールです。
フルーティな香味と淡い白い液色が特徴です。
岩手県の沢内の清水で醸し、無濾過のまま充填しました。
酵母が沈殿している場合はビンを軽く揺らして全体ににごりを行きわたらせてから、
グラスに注いでください。』

ほとんどはヴァイツェンの説明なんですが、
このヴァイツェン、銀河高原ビールが作っているということで、
道理でおいしいわけです。

1707_JCヴァイツェンブルワリー.JPG

J-CRAFTは国内の厳選された6社が作るビールで、
温度管理を徹底したチルドビール、とのこと。

ヴァイツェンは銀河高原ビールですが、
ほかのスタイルのビールはそれぞれ別のブルワリーが担当しているとのこと。
品質管理がばっちりということなので、味はお墨付きのはず。
見かけたらぜひ飲んでみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

SAPPORO 麦とホップ 夏空のホップセッション

SAPPORO 麦とホップ 夏空のホップセッションをいただきました。

1707_SA麦ホ夏色.JPG

色は少し濃いめの黄金色。きめのいい泡ができますが、
持ちはよくありません。

鼻を近づけると甘く、シトラスの香りがして
後から柑橘系の香りがしてきます。
飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。

苦みは少なめですが、嫌な甘みもほとんどありません。
麦とホップらしいコクが感じられるビールです。

解説にはこんなことが。

1707_SA麦ホ夏色解説.JPG

『シトラスのように香るホップと、フルーティーな香りのホップ。
2つのフレーバーホップが奏でる。
暑い夏にぴったりの爽やかな苦みと驚くほど瑞々しい香りを
お楽しみください。』

前回の「魅惑の」ホップセッションは柑橘系でしたが、
こちらは本当にしっかりとシトラスの香りがあって、
面白いビールに仕上がっていると思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

センター北 D.W.

横浜市営地下鉄のグリーンライン、ブルーライン両方が通る
センター北駅にクラフトビールのお店ができたと聞いて、行ってみました。

1707_DW外観.JPG

駅から歩いて5分程度。隣が目立ちすぎですが、ラーメン屋さんの隣にあるんです。

近くに行くとしっかりと看板が。

1707_DW看板.JPG

お店に入るとカウンターとテーブルがあって、
一人で行っても大勢でも問題ない感じです。

この時のビールのメニューはこんな感じでした。

1707_DWBmenu.JPG

ビールのこだわりなんかもあっていいですね。

最初に選んだのはCOEDOの毬花。

1707_DWCOEDO毬花.JPG

甘めのホップの香りがします。
そして、程よく苦いんですよね。

結構食べてきていたので、枝豆から。

1707_DW枝豆.JPG

しっかりとした硬さで、見た目よりも塩気が少なくて、
ビール的にはもう少し塩気があったほうがいいかもしれませんが、
薄味が好みの自分にはいい感じでした。

2杯目は大山の八郷。

1707_DW大山八郷.JPG

青リンゴのようなフルーティーな香りがしてきます。
苦みは少なめでどっしりとしています。甘みはお米由来みたいですね。

少しこってり目のビールに合わせたのがフライドチキン。

1707_DWフライドチキン.JPG

これが、身がすっごい柔らかでスパイシー。
うまかったー。

お会計を待つ間にお茶を出していただきました。

1707_DWお茶.JPG

こういうサービス、良いですよね。

なかなか横浜市市営地下鉄に乗ることは少ないと思いますが、
良いラインナップもそろっていますし、
気になるビールがある時はここにある場合もあるので、
ぜひチェックしていただきたいお店です。

D.W.Facebook:https://www.facebook.com/BeerDiningDW

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

KIRIN 一番搾り 新潟に乾杯

KIRIN 一番搾り 新潟に乾杯をいただきました。

1707_KI新潟.JPG

色は見慣れた黄金色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると少しチーズの様な発酵臭がしてきます。
めろんみたいな甘めの香りもしますね。
飲んでみると前者が少し強めに感じられます。

苦みよりも甘みを強めに感じます。
見た目よりもコクがあって、キレが良いのも印象的ですね。

解説にはこんなことが。

1707_KI新潟解説.JPG

『地元のことを、新潟の皆さまと語り合って生まれた一杯です。
新潟の豊富な食材を引き立てる、豊穣でキレのある特別な味わいに、
一番搾り製法で仕上げました。
仲間想いで、自分のことは二の次。まじめで、控えめ、我慢強い。
そんな新潟の人に味わってほしい一番搾りです。』

「豊穣でキレのある」は確かにそんな印象だったと思います。
新潟の食べ物と合わせるのは、どんなものが合うんでしょうか。

北海道千歳工場で作られているこのビール。
面白いビールだと思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

KIRIN 一番搾り 東京に乾杯

KIRIN 一番搾り 東京に乾杯をいただきました。

1707_KI東京.JPG

色は黄金色。きめのいい泡ができますが、
泡の量は少なめ、もちは良くありません。

鼻を近づけるとほのかにホップの香り。
飲んでみると辛めのホップの香りがしてきます。

コクがあって、苦みもそれなりにあります。
アルコール度数は5%なのですが、飲みごたえがあります。
ノーマルの一番搾りとの違いはその辺なのかなぁ、と思います。

解説にはこんなことが。

『香りも、うまみも、世界に誇れる、東京らしい一杯。
地元のことを、東京の皆さまと語り合って生まれた味わいです。
目指したのは、世界に誇れる一杯。
麦の芳醇なうまみと華やかな香りを、
一番搾り製法でたっぷりと引き出しながら、
すっきりとした味わいに仕上げました。
つねに新しいものを生み出しつづける東京らしい一番搾りです。』

世界に誇れる一杯かといわれると、ちょっと違う感じもしますが、
これはこれでおいしいんだと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ASAHI ドライプレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション

ASAHI ドライプレミアム 豊醸 ワールドホップセレクションをいただきました。

1707_AS豊醸.JPG

色は少し濃いめ。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけるとフルーティーでちょい柑橘系の甘いホップの香り。。

飲んでみるとその香りは辛めに変わります。
コクが少しあって、しっかりとした刺激。
苦みよりも甘みが強めの印象があります。

ただ、後味はスッキリしていて、
さすがドライの印象です。

面白いビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

SAPPORO 黒ラベル 和の逸品のみ比べ

SAPPORO 和の逸品の味わいが気になって、
黒ラベルと飲み比べをしてみました。

1707_SA飲み比べ.JPG

初めの香りは黒ラベルは弱く、辛めの感じがします。
和の逸品ははっきりしていて甘めの香り。
ただ、黒ラベルは飲んだ後の香りのほうが強いように感じました。

黒ラベルはきりっと苦くて、キレが良い印象で、
和の逸品は比べてしまうとちょっとぼけている印象。

飲み比べてみると、やっぱり黒ラベルのほうが好みでした。
そして、やっぱり国産原料100%へのこだわりがなんとなく必要だったかなぁ、
なんて思うわけです。

とはいえ、これは飲み比べてみたからわかったこと。
こういう差が感じられるのが飲み比べの醍醐味、ですかね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

SUNTORY The MALT'S SUMMER DRAFT

SUNTORY The MALT'S SUMMER DRAFTをいただきました。

1707_SUMSD.JPG

色は黄金色。きめ持ちともにいい泡ができます。
鼻を近づけると、少し華やかで、甘めの香りがしてきます。

飲んでみると、甘めの香りが前面に出る印象です。
舌にピリッと来る刺激があるので、結構炭酸が強めの印象です。
少しコクがありますが、キレがいい感じ。
最初に苦く、後味が甘い印象ですね。

ノーマルのモルツよりも少しホップが華やかな印象で、
ごくごく飲みやすいビールに仕上がっていると思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

ORION DRAFT EXTRA

ORION DRAFT EXTRAをいただきました。

1707_ORDE.JPG

色は少し濃いめ。きめのいい泡ができますが、もちはよくありません。
鼻を近づけると甘めのホップの香り。

飲むとその香りは抑えめになります。
舌がピリピリとする刺激もありますね。

しっかり苦いんですが、キレがいいので、
そこまで苦さは感じません。

少し濃い色の見た目から、少し重めかと思いましたがそうでもなく、
これからの暑い時期にぴったりのビールかもしれません。

副原料には米、コーン、スターチ、糖類が使われています。

1707_ORDE原料.JPG

国内の大手ビールメーカで糖類を使ったビールってなかなか珍しいなぁ、
と思いつつ、こういう限定ビールも面白いと思うのでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする