2019年12月07日

ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケルをいただきました。

1912_ウルケル.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると麦の印象が。

飲んでみてもその印象は変わりません。
飲み口としては、まずしっかりとした苦みがあります。
少しボディも感じるんですが、重ったるい印象はありません。

いや、うまいですね。

缶の裏にはこんなことが。

1912_ウルケル解説.JPG


『ピルスナーウルケルは、1842年にチェコ・ピルゼンで誕生した
一般的なピルスナースタイルの元祖となる歴史あるビールです。
当時から変わらない醸造所、製法、チェコ産の原料を使用し、
伝統を守り、こだわりを持って醸造しています。』

まあ、このビールはアサヒがライセンスを受けて醸造している(←要確認)わけっですが、
うまいビールには変わりがない。
チェコに飲みに行きたい、そんなビールです。

地味に、プルタブにもウルケル色(?)がついててかっこいい。

1912_ウルケルタブ.JPG


JRのコンビニ、ニューデイズで限定販売中。
売り始めてから1月ほど経っているので、
もしかしたら見つかりづらいかも?

見つけたらぜひ♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:16| Comment(0) | ビール-海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

金沢百万石ビール ペールエール

金沢百万石ビール ペールエールをいただきました。

1912_金沢百万石.JPG


色は薄めの茶色。
鼻を近づけると甘くモルトの印象。
クリスピーでもあります。

飲んでみると、少しのフルーティーさが加わります。
優しい苦みがありますね。

アメリカンというよりはブリティッシュな印象のあるこのビール。
炭酸も抑えめで、飲み口も少しどっしりしていて、
おいしいビールだと思うんです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:33| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

SUNTORY 冬の交響曲(シンフォニー)

SUNTORYの新ジャンル、冬の交響曲(シンフォニー)をいただきました。

1912_冬の交響曲.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると少し甘めの香り。
少しアルコール感もあります。

飲んでみると、その甘さはより強く感じます。
飲み口にも甘さが少し強めにあるので、
少し飲みづらいかもなぁ、と感じました。

アルコール度数は6%と少し高めなので、
飲み口も少し重めで、飲みづらさに拍車をかけている感じ。

他の新ジャンルのレベルが高いだけに、
少し出遅れた感がありますね。
新ジャンルとして悪くはなく、
濃いめが気になる人にはおすすめのビール。

このあたり、なかなか難しいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:23| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

SAPPORO 青森 田子町 田沼さんのホップ畑から

SAPPORO 青森 田子町 田沼さんのホップ畑からをいただきました。

1912_SA田子町.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
炭酸の刺激が少し強めに感じますね。
甘みは少なめで、少し続く苦みがあります。
ただ、切れはいい感じで、すっとのめる印象。

缶の後ろにはこんなことが。

1912_SA田子町解説.JPG


『青森県田子町、最盛期には40件以上あった
ホップ農家が2019年、田沼さん1人に。
爽やかな香りと穏やかな苦み、
醸造法にもこだわり、
その個性を引き出しました。』

リトルスターという品種のホップが使われているとのこと。
大手の主力ビールとは苦みの感じ方が違うのが面白いと思いました。
このビール、セブンアンドアイ限定のビール。
お近くのセブンイレブンなどで手に入れてみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:11| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

KIRIN The HOP 香りの余韻

KIRIN The HOP 香りの余韻をいただきました。

1912_KI香りの余韻.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると少しフルーティーな香りが。
白ブドウのような香りにも感じます。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。
少しの甘みとしっかりとした苦み。

飲み口は柔らかで、その名の通り、
香りの余韻が残ります。

これはうまいなぁ。
ファミリーマート限定ですが、
通年販売されるということで、
いつでも飲めるのがいいですよね。

気になる人はファミマへ急げ、ということで。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:56| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

志賀高原ビール Smol-P

志賀高原ビール Smol-Pをいただきました。

1911_志賀高原smol-p.JPG


色は少し薄め。
鼻を近づけるとグレープフルーツと白ブドウのような香り。

飲んでみるとその香りは落ち着きます。
飲み口は優しく、のみくちも優しい。

フルーティーな香りがしつつ、
かるーく飲めるビール。

「-P」はピルスナーモルトのPとのこと。
ネルソンソーヴィンホップも使って、
もともとのSmolよりも好みな感じに仕上がっている印象。

こんなビールもいいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:03| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

SAPPORO 麦とホップ 冬小麦

SAPPOROの麦とホップ 冬小麦をいただきました。

1911_SA麦ホ冬.JPG


色は少し薄め。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
口あたりはなめらかで、苦みは少なめ。

若干麦感は弱めなような気がします。
アルコール度数も少し高めの6%なので、
少しアルコールの印象もしてきます。

それでも、気になるほどではないので、
うまくまとまっているなぁ、という印象です。

最近の新ジャンルは本当にレベルが高いな、
と感じたビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:08| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

SUNTORY The PREMIUM MALT'S飲み比べ

SUNTORY The PREMIUM MALT'Sの通常版と初摘み2019を飲み比べてみました。

1911_SUプレモル飲み比べ.JPG


外観は変わりません。

鼻を近づけた時の印象はやっぱり初摘みのほうが、
瑞々しく感じます。
ノーマルもフルーティーなんですけどね。

初摘みのほうが甘みをしっかりと感じます。
そして、その成果、ノーマルのほうが苦みが強めに感じます。
ただ、その苦みのシャープさは初摘みのほうが強い気がします。

ノーマルが10月上旬、初摘みは10月下旬というハンデはありますが、
まあ、面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:54| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

志賀高原ビール 一切皆苦

志賀高原ビールの一切皆苦をいただきました。

1911_志賀一切皆苦.JPG


色は少し濃いめ。
鼻を近づけるとグレープフルーツの皮のような香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
しっかりとした苦みがあって、
それはあをと引く苦さ。

でも、飲み口はドライでクリアな印象です。
今まで何度も飲んでいますが、これが一番好みかなぁ。

アルコール度数は6.5%。
それを感じさせないビール。
良いですね。

このビール、15周年記念のIPAで今回が最後の販売とのこと。
名残惜しいですが、次の素敵なビールを待ちつつ、
復活しないかなぁ、なんて見ていきたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:13| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

SUNTORY 金麦 香りの余韻

イオングループ限定のSUNTORY 金麦の"香りの余韻"をいただきました。

1911_SU金麦香りの余韻.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけると甘い香り。
青リンゴのようなフルーティな香りです。

飲んでみてもその印象は変わりません。
苦みは少なく、飲み口が滑らか。
新ジャンル特有の嫌な香りや甘さもありません。

アルコール度数は6%で多少どっしりした印象はありますが、
飲みづらい、ということもなく。

ネルソンソーヴィンホップを使っているようですが、
それはあまり感じなかったかなぁ。

それでも、新ジャンルでそれっぽくないビールって、
いままで少し色のついたものが多かったんですが、
こんな形もあるんですね。

それが新しいと思ったビールでした。

そして、名前つながりでこちらも気になるところ。

KIRIN キリン・ザ・ホップ 香りの余韻(11/20リリース)
https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/1120_03.html

こちらはファミリーマート限定のビールですが、
こんなに名前がバッチリ被ることってあるんですね。
ちなみに、SUNTORYのリリースは11/7。

SUNTORY 金麦 香りの余韻(11/7リリース)
https://www.suntory.co.jp/news/article/13597.html

2週間前なんですが、KIRINの方はこのリリースを見て焦ったんでしょうか。
余計なことも気になってしまったビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:59| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする