2020年03月31日

THE RICH vs. 麦とホップ vs. GOLD STAR ビールっぽさ対決

アサヒ THE RICHとSAPPORO 麦とホップ、GOLD STARで、
どれが一番ビールっぽいか対決をしてみました。

2003_ビール対決1.JPG

カップに注いだ後、わからないように入れ替え入れ替え・・・。

2003_ビール対決2.JPG

並べてみたところ、見た目は変わらないのでどれがどれかはわかりませんね。

鼻を近づけた時の印象はすべて麦っぽさがあるんですが、
一番左のが少し華やかに感じました。

飲んでみた時の飲み口や印象がこんな感じでした。
左:すっきり、刺激強め
中:ちょい苦み、甘み
右:コクが一番ある
どれも甘みは少なめだけど、中は甘みが多め。
という感じで、左右のが一歩リードなんですが、
やっぱりコクのところを重視してこんな順位をつけてみました。

右→左→中。
カップの裏の目印から、

2003_ビール対決3.JPG

同じように並べてみました。

2003_ビール対決4.JPG

つまり、自分的ビールっぽい選手権は
GOLD STAR→THE RICH→麦とホップということになりました。

単独で飲んでいるときはTHE RICHの圧勝ではないかと思ったんですが、
面白い結果になりましたね。

300円そこそこでできますし、この飲み比べはおすすめです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:38| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

BAEREN ALT

BAERENの定番、ALTをいただきました。

2003_BAERENALT.JPG


色は濃い茶色。
鼻を近づけると焦げたような香り。

飲むとその香りは一層強くなります。
少しだけ甘みがあって、苦みもしっかり。

飲んだ後に鼻に抜ける麦の印象が素敵です。
見た目よりも軽くてすいすいいけてしまいます。

久しぶりに飲んだ気がしますが、
相変わらず、美味しいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:30| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

伊勢角屋ビール 新橋SLビール

伊勢角屋ビールの新橋SLビールをいただきました。

2003_伊勢角屋新橋.JPG


色は黄色。しっかりと濁っています。
鼻を近づけると、マンゴーのような甘みのある香りと、
シトラスのような清涼感のある香り。

飲んでみてもその香りは変わりません。
若干の酸味と、しっかりとした甘み。
苦みはほとんどありません。

飲み口は十分に重めで、
のんびりと飲みたいビール。

NE-IPAとしてはnekonihikiがありますが、
nekonihikiがジューシーな印象に比べて、
こちらははドライな印象があります。

これもおいしいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:08| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

BROOKLYN DEFENDER IPA

BROOKLYN DEFENDER IPAをいただきました。

2003_BRDIPA.JPG


色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘めでフラワリーなホップの香り。

飲むとその香りが強めになります。
飲み口は優しく、甘みは少なめで
苦みが強め。そのため、苦みがより強く感じます。
バランスが良くておいしいIPAですね。

このビールはブルックリンブルワリー社のライセンスにより、
キリンが販売している商品。

KIRINのオンラインショップ DRINXで購入が可能です。
気になる方はぜひ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:24| Comment(0) | ビール-海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

アサヒ THE RICH vs. キリン 本麒麟 コク対決

アサヒ THE RICHをキリン 本麒麟と飲み比べてみました。
コク対決といったところでしょうか。

2003_ATHKHK飲み比べ.JPG


見た目は変わりません。
鼻を近づけた時の印象はTHE RICHが甘辛ホップの印象に比べ、
本麒麟はスミレのような少し華やかな印象。
飲んだ時の印象も変わりません。

飲み口ですが、どちらのほうがコクがあるかというと、
THE RICHのほうが上な気がしています。

本麒麟は香りが華やかで全体の印象が開放的、
THE RICHはぎゅっと締まっていてどっしり。
印象で言うとそんな感じでしょうか。

面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:43| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

志賀高原ビール SNOW MONKEY IPA

志賀高原ビールのSNOW MONKEY IPAをいただきました。

2003_志賀高原SMIPA.JPG


色は黄色。しっかりと濁っています。

鼻を近づけるとグアバ、グレープフルーツのような、
フルーティーな柑橘系の香り。

飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。

すこしトロっとしていて、
少しの甘みとしっかりした苦み。
最後は少しの酸味。
全体的に、グレープフルーツの薄皮のような印象を受けます。

解説にはこんなことが。

2003_志賀高原SMIPA解説.JPG


『SNOW MONKEY BEER LIVEのために
限定醸造された特別なIPA。
軽快かつジューシー。
ふんだんにつかったアメリカンホップによる、
華やかな香りと爽快な苦みが特徴です。』

いや、ほんとにジューシー。
おいしいIPAです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:09| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

伊勢角屋ビール さくらペールエール

伊勢角屋ビールのさくらペールエールをいただきました。

2003_伊勢角屋さくら.JPG


色は少し濃いめ。しっかりと濁っています。
鼻を近づけるとグレープフルーツやグァバのような
フルーティーな香り。

飲むと少しその香りはおとなしくなります。
すこし渋みのようなものも感じつつ、
甘みとそのあとに来る優しい苦み。

飲み口も見た目よりも優しい印象です。
さっぱりしていますね。

どのあたりが桜なのかと思い、
解説を見てみると、こんなことが。

2003_伊勢角屋さくら解説.JPG


『東京農業大学酒類研究室が、花から採取分離した
「農大花酵母」を使用したビールです。
今作はその名の通り「さくらの花酵母」を使用。
ホップと花酵母の香りが織りなすフルーティーで華やかなアロマ。
自然な甘さと瑞々しい口当たり、かすかな酸味と控えめな苦みが
すっきり爽やかに感じられるペールエールです。』

なるほど。桜の花から採取された酵母が使われているんですね。
採取する花によってビールのキャラクターも変わってくるんでしょうか。
面白い試みですよね。そして、ビールもしっかりと美味しい。

昨日と続けてさくらのビールですが、そんな季節ですね。
外に出るのは控えようといわれている昨今ですが、
気分だけでも桜っぽくなれるビール。素敵です。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:15| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

富士櫻高原ビール さくらボック

富士櫻高原ビール さくらボックをいただきました。

2003_富士櫻さくらボック.JPG


色は濃い茶色。
鼻を近づけるとチェリーのような甘い香り。
8%の度数があるのでアルコールっぽい香りもしっかりとしてきます。

飲んでみてもその印象は変わりません。
飲み口は甘めで重みがしっかりとあります。
苦みもそれなりにあって、全体的に濃いビールの印象です。

ビールには解説がついていました。

2003_富士櫻さくらボック解説.JPG


『さくらボックは通常のビールの約2倍の麦芽を使用し、
長期熟成させたプレミアムビールです。
このビールはドイツではドッペルボック(ダブルボック)と呼ばれ、
修道士たちの断食の時期に愛飲されていました。
アルコール度数が8%と非常に高く、甘み・苦み・香りのバランスが取れた
フルボディーのビールです。
この時期にしか飲めないさくらボックをぜひお試しください。』

さくらの香りがするわけではありませんが、
この時期に造られる特別なボック。

良いですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:47| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

Asahi Rich系飲み比べ

Asahiの新ジャンル、THE RICHとPRIME Richを飲み比べてみました。

2003_ASRich.JPG


見た目は変わりません。

鼻を近づけた時の印象はTHE RICHはホップ、PRIME Richはフラワリーな印象。
華やかさでは少しPRIME Richのほうが上かも。

飲んでみると、THE RICHは麦っぽい印象があるのに比べ、
PRIME Richは少しコクのようなものもも感じつつも、
後からのすっきり感は強い気がします。

飲み口もTHE RICHのほうが濃く、甘みも少なめ。
液温が上がってくるとTHE RICHのほうも甘い香りが
少し強くなってきますが、PRIME Richも同じ感じ。
変化の度合いを比べてもTHE RICHのほうがいいですね。

ちなみに、炭酸の刺激もPRIME Richが強め。

2003_ASRich泡.JPG


グラスの底から立ち上るのがしっかりと確認できます。

飲み比べてみると、美味しさも、ビールっぽさも
THE RICHの圧勝な気がしました。

これは、面白い飲み比べでしたね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:32| Comment(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

BAEREN アップルラガー

BAERENのアップルラガーをいただきました。

2003_BAERENAL.JPG


色は少し薄め。濁りが見て取れます。
鼻を近づけると甘い香りがしてきます。

飲むとシードルのような香り。
飲み口としては甘味が強め。
終始、甘い飲み口と甘い香りが有るんですが、
フィニッシュに少し苦みがある気がします。

ビールっぽさよりも、全体的にシードルに似ている感じがします。
完成されたビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:24| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

志賀高原ビール 信州事変

志賀高原ビールの信州事変をいただきました。

2003_志賀高原信州事変.JPG


色は黄色。しっかりと濁っています。
鼻を近づけるとストロベリーやシトラス、
スモモのような酸っぱい香りも。
その裏で、グレープフルーツのような柑橘系の香りもしてきます。
複雑な香りですね。

飲んでみると少し香りは柔らかめになります。
飲み口は少しトロっとしていて、
甘みがあり、苦みはほどんどありません。
最後にはしっかりとした酸味があります。

ラベルにはこんなことが。

2003_志賀高原信州事変解説.JPG


『蔵元にほど近い、小布施町で作られた英国原産の林檎
"プラムリー"と、自家栽培の酒米"美山錦"で作ったIPA。
この地ならではの、混乱に満ちた調和を、お楽しみください!』

AppleIPAということで、アップルの印象が加わった
ホップのきいたIPAかと思いきや、
面白いビールになっていると思います。

いい意味で期待を裏切るビール。
良いですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:13| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

伊勢角屋ビール Neko Nihiki

伊勢角屋ビールのNeko Nihikiをいただきました。

2003_伊勢角屋ネコ.JPG


色は黄色。しっかりと濁っています。
鼻を近づけるとしっかりと柑橘系の香り。
パイナップルとかグァバのような香りも。

飲むとその香りが強くなる印象があります。
飲み口は甘味が強くて、その甘みに押されてか、
苦みをあまり感じません。

どっしりとしているんですが、
ジューシーなので、アルコール度数が8%にもかかわらず、
グイっと飲みそうになるビール。

せっかくなので、伊勢角屋のオリジナルグラスで飲んでみたんですが、
サイズ感がちょうどいいですね。

久しぶりに飲みましたがおいしいビール。

このビール、麦酒男さんがtweetしていた伊勢角宅飲みセットで購入しました。
これから伊勢角屋麦酒のいろいろなビールが楽しめそうです。
このビールは第一弾でしたがそれは売り切れ。第二弾が今販売中で、
第三弾も準備されているようです。
こんな時期、家で手軽においしいビールが飲めるのはうれしいこと。楽しみですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:17| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

Asahi THE RICH

Asahiの新ジャンル、THE RICHをいただきました。

2003_ASTheR.JPG


色は少し濃いめ。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。

飲むとその香りが強くなる印象があります。
ちょっと麦っぽい香りも。

飲み口は少しコクのようなものも感じつつ、
甘み控えめ。少し苦みというか渋みというか、
新ジャンルにはあまりない味わいを感じます。

2003_ASTheR缶.JPG


青のパッケージで高級感を出していて、
ちょっとハードルを上げてしまった感じがしますが、
これはいいなと思いました。

コク的なものでいうと麦とホップあたり、
目隠しでおいしかった同じアサヒのプライムリッチも
飲み比べの候補でしょうか。

いや、楽しみなビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:48| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

志賀高原ビール 一石三鳥

志賀高原ビールの一石三鳥をいただきました。

2003_志賀高原一石三鳥.JPG


色は濃いめの茶色。
鼻を近づけるとレーズンのような甘い香りと、
ウイスキーの木樽の香り。

飲んでみると甘い香りが強くなります。
最初はレーズン、フィニッシュはチョコレートのように、
香りの印象は甘みが強くってきます。

甘みが強く、酸味もそれなりに。
最後はしっかりと苦みがあります。

アルコール度数も12%なので、
しっかりとしたアルコール感がありますね。

ただ、最後はしっかりとドライ。
丸みを帯びつつも個性は失わない。

製造から4か月目。
さらに円熟味を増した感じです。
前回飲んだ時から2か月しかたっていないんですが、
この変化は面白いですね。

良いビールです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:09| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

BAEREN 冬のWeizen

BAERENの冬のWeizenをいただきました。

2003_ベアレンヴァイツェン.JPG


色は薄めの茶色。
鼻を近づけるとしっかりとバナナのような香り。

飲んでみると甘い香りが強くなる印象があります。
飲み口も甘めで、苦みも酸味もほぼなし。
フィニッシュに少し酸味が。

返ってくるバナナのような香りの余韻も素敵です。
相変わらずおいしいビールです。

ただ、ちょっと飲み口も香りも薄めに感じたので
製造年月日を確認したら4か月前のものでした。

2003_ベアレンヴァイツェン製造.JPG


うーん。ヴァイツェンはやっぱり
早めに飲んだほうがおいしいですよね、
ということを実感したビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:05| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

BAEREN CLASIC

BAERENのCLASICをいただきました。

2003_ベアレンCLASSIC.JPG


色は少し濃いめ。
鼻を近づけると麦の印象と甘辛のホップの香り。

飲むと麦の印象が強くなる気がします。
しっかりとした苦みがあって、
コクもそれなりにある印象です。

飲んだ後にもふわっと来る麦の印象が、
このビールの特徴でもあると思うんです。

久しぶりに飲んだんですが、
相変わらず、美味しいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:53| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

志賀高原ビール Takashi Imperial Stout

志賀高原ビールのTakashi Imperial Stoutをいただきました。

2003_志賀TIS.JPG


色は漆黒。
鼻を近づけると焦げっぽい香り。
その裏に少しだけ柑橘系のフルーティな香り。

飲んでもその印象は変わりません。
飲み口は鋭い苦み。それも、かなり強めの苦みです。
そして、圧倒的なドライさ。

舌が焼けるというのは少し言い過ぎかもしれませんが、
そんな印象があります。

このビール、製造は19年4月のものなので、そろそろ1年くらいですね。

2003_志賀TIS製造.JPG


前回飲んだのはわずか4か月前ですが、
ホップの印象も少なくなり、
甘みもあまり感じなくなっています。

ドライな感じ、これからも増していくのか楽しみです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:39| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

WEST COAST BREWING STAR WATCHER

WEST COAST BREWINGのSTAR WATCHERをいただきました。

2003_WCSW1.JPG


色は透き通る黄金色。
鼻を近づけるまでもなく、柑橘系の香り。
シトラスやパッションフルーツ、
マンゴーやグレープフルーツの皮のような複雑な香り。

飲むとストロベリーのような甘い香りが加わります。

少し甘みがあって、苦みもしっかり。
飲み口は軽くも、重くもありません。

グラスを変えて飲んでみました。

2003_WCSW2.JPG


アロマにちょっと松やにっぽい香りが加わります。
甘みが引っ込んで、苦みが強めに感じますね。

どちらにしてもおいしい。
これ、どのグラスで飲むのが正解なんだろう。

そんなことを思いつつ飲むのも楽しいですね。
おいしいビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:41| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

WEST COAST BREWING HOP & ESCAPE

WEST COAST BREWINGのHOP & ESCAPEをいただきました。

2003_WCH&E.JPG


色は少し薄め。
鼻を近づけるとシトラスやマンゴーのような香りがしてきて、
トロピカルドリンクみたいですね。

飲むと、その香りは若干落ち着きますが、
それでもしっかりと香っています。

飲み口は最初は少し酸味が。
そのあとしっかりとした苦みがあります。
フィニッシュはイチゴのような甘い香り。

香りが豊かなんですが、スタイルはピルスナーなので、
後味がすっと消える印象で、香りよりもすっきりとしています。

濃厚な香りとすっきりした飲み口。
あまりこのアンバランスさに慣れていないので、
不思議な感じがしてしまいましたが、うまいんです。

静岡にあるブルワリー。
現地に行って飲んでみたいビールが増えました。

WEST COAST BREWING:タップルーム

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 23:21| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

志賀高原ビール THE FAR EAST

志賀高原ビールのTHE FAR EASTをいただきました。

2003_志賀高原FE.JPG


色は薄めの茶色。
鼻を近づけると甘めのレーズンのような香りや、
ウッディで、スパイシーでアルコール感を含んだ香りがします。

飲んでみると甘い香りがとても強くなります。
レーズンとアルコール感でブランデーのような印象も。
苦みもあるんですが、甘みが強いせいかそれも優しく感じて、
全体的に丸い印象があるんです。

HPの解説を一部引用すると、
『"アフリカからインドも越えて、極東までいっちゃう、
ってくらい強力な IPA"を、さらに、イチローズモルトさんの樽で
長期にわたって熟成した特別なビールです。』
ということ。

のんびりしか飲めないんですが、これがうまいんですよね。
これからの変化も楽しんでいきたいと思うわけです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:27| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする