2018年09月17日

志賀高原ビール Fresh Hop Bitter

志賀高原ビール Fresh Hop Bitterをいただきました。

1809_志賀高原FHB.JPG

色は茶色。濁りが見て取れます。
鼻を近づけるとモルトの雰囲気。

飲んでみるとしっかりとモルトの印象もして、
最後に優しくホップの香りがしてきます。

苦みは抑え目で、飲み口もマイルド。
ビターの印象が強いんですが、
ホップもわき役としていい仕事してる、
そんなビールだと思います。

解説にはこんなことが。

1809_志賀高原FHB解説.JPG

『仕込み当日に収穫した「ウィラメット」を主体とした
自家栽培ホップを、アロマホップとしてふんだんに使ったビター。
その優しい飲み口に「えっ?志賀高原?」
と思われるかもしれませんが、みずみずしい味わいは、
生ホップ仕込みならでは。ゆるゆると何杯でも飲めちゃう、
この季節だけの特別なビールです。』

確かに、え?志賀高原?と思いました。
するすると飲めてしまう度数の低いビター。
いいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:15| Comment(0) | ビール-国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。