2020年08月01日

ASAHI 富士山

イオングループ限定で販売されているASAHIの富士山をいただきました。

2008_AS富士山.JPG


色は少し薄め。
鼻を近づけると甘辛のホップの香り。
液温が上がると甘めの印象が強くなります。

飲むと香りは落ち着きます。
少し酸味があって、苦みがしっかり。
残り香に少し発酵臭がある気がします。
ただ、さすがアサヒな感じで切れはいいですね。

裏にはこんなことが。

2008_AS富士山裏.JPG


ふむ、とおもって調べてみると、
上面発酵酵母を使っているんですね。

ニュースリリースから引用。

『『アサヒ富士山』は、国産麦芽、国産ホップ、
富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、
国産原料100%のジャパニーズプレミアムエールです。
醸造工程で使用する酵母には、
華やかな香りが特長の上面発酵酵母を採用し、
まろやかな口あたりをお楽しみいただけます。
厳選した国産原料の個性を最大限引き出し、
“力強いコク”と“後キレの良い苦み”を実現することで、
飲みごたえがありながらも飽きのこない味わいに仕上げました。

パッケージは、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の
デザインをベースに、商品特長である“国産原料100%”と
“富士山の伏流水で育った米使用”という文言を記載しました。』

確かに副原料に米も含まれています。

2008_AS富士山原材料.JPG


エールっぽくないなぁ、とか、
プレミアムエールってなんだ、と思いつつ、
外国人の方にこれが日本のプレミアムなエールか、
と思われたら残念だなと思ってしまいます。

ビールとしては悪くはないんですが、
なかなか難しいビールだなぁ、と思いました。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:33| Comment(0) | ビール-大手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。