2017年01月11日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その2(東北・関東編)

さて、ご当地一番搾りの飲み比べ、東北・関東編です。

まずは東北代表、仙台づくり。

1701_一番搾り飲み比べ仙台.JPG

色はいつものビールと同じ。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけるといつものいちばんしぼりのような、
少し辛めのホップの香りがしてきます。

きりっとした苦みがあって、後味は少し甘い印象。
副原料で米を使っているんですね。なかなかおいしい。

解説はこちら。

1701_一番搾り飲み比べ仙台解説.JPG

『地元の仲間たちとの粋な語らいに。
宮城県産のササニシキと東北産ホップを存分に活かし、
すっきりとした味わいに仕上げました。
地元の旬の食材とともに、腰を落ち着けて楽しめる。
宮城のしあわせな時間を、じっくり味わう一杯です。』

確かにすっきりとしていて、つまみを邪魔しない感じですね。

さらに取手づくり。

1701_一番搾り飲み比べ取手.JPG

泡が多めなんですが、持ちがいまいちなところと、
ホップの印象が少し甘めなのが特徴だと思います。
こちらも軽くてすっきり。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ取手解説.JPG

『地元の仲間と、のんびりゆっくり楽しむために。
しっかりとした飲みごたえと、心地よい香りを両立する一杯をつくりました。
地元の豊かな食材とともに、いいあんべに楽しめる。
茨城だけの一番搾りで、しあわせなひとときを。』

ちょっと印象とは違いますが、
豊かな食材とともに楽しめるのは間違いなさそうです。

最後はわが神奈川の横浜づくり。

1605_KI横浜づくり.JPG

こちらは以前の印象を引きついで、甘みが強めの印象です。

各地の一番搾り、それぞれ印象が全く違うので、面白いです。
好みでいうと、仙台づくりがいいですかね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

各地の一番搾り飲み比べ 〜その1

ご当地の一番搾りを発売しているKIRINですが、
なかなかほかの地域のものを飲む機会がありません。

ただ、こんな魅力的なものが12/20から販売になっているようです。

1701_一番搾り飲み比べセット.JPG

近所のスーパーで思わず手に取ってしまいました。

横には9工場の一番搾りの外観と、

1701_一番搾り飲み比べセット外観.JPG

セットの内容が。

1701_一番搾り飲み比べセット内容.JPG

解説まで入っています。

1701_一番搾り飲み比べセット解説.JPG

これを見ながら飲むのも楽しそうですよね。

飲む順番を考えてみたんですが、やっぱり北から。

まずは北海道づくりです。

1701_一番搾り飲み比べ北海道.JPG

色はクリアな黄金色ですが、
泡立ち、泡持ちともにいまいちな感じです。

鼻を近づけると甘辛なホップの香り。
少しオレンジのような柑橘系の香りもしてきます。

飲んでみるとその香りは弱めになります。
甘みが少し強めで、苦みが控えめなような気がしますね。

解説にはこんなことが。

1701_一番搾り飲み比べ北海道解説.JPG

『地元の仲間と何も気にせずドーンっつ楽しむために。
雄大な自然が育んだ名水と道産米から、澄み切ったおいしさを引き出しました。
柑橘系のさわやかな香りで、すっきり飲み飽きない。
北海道のしあわせな時間に似合う一杯です。』

確かに少し柑橘っぽい香りがしましたね。
これをあわせるなら北海道の何かなぁ、と考えてみるのも
楽しいかもしれません。

あと8つのビール、これから飲み比べをしていきたいと思います♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

プレミアムモルツ 飲み比べ

SUNTORYのプレミアムモルツ 初摘みホップヌーヴォーをいただきました。

1612_SUプレモル.JPG

色はクリアな黄金色。
きめ持ちともにいい泡ができます。

鼻を近づけると、フレッシュでちょっと甘めのホップの香り。
飲んでみてもしっかりと香ってきます。

きりっとした苦みもあって、いい感じですね。
ただ、いまいち普通のプレモルと差がわからなかったので、
飲み比べをしてみました。

1612_プレモルのみ比べ.JPG

左が初摘み、右がノーマルです。
飲み比べてみると、初摘みのほうが香りに広がりが感じられるんですよね。
ホップの香りに丸みがあるというか、そんな印象なんですよね。
それから、初摘みのほうが少しコクがあるようにも感じられました。

飲み比べてみないとわからない差が、色々とありますね。
この飲み比べは面白かったです♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

冬の新ジャンル飲み比べ

冬の新ジャンルが出そろったので、飲み比べてみました。

まずは、ASAHIの新ジャンル。クリアアサヒの初摘みの贅沢。

1611_冬新1.JPG

色はクリア。泡持ちはよくありません。
鼻を近づけると少しホップの香りがしてきます。
山形県産ホップを使っているんですね。

飲んでみるとその香りは強くなる気がします。
甘みがあって苦みは少なめ。
クリアではあるんですが、後味の甘さがちょっと気になります。

続いて、KIRINの冬のどごし<華やぐコク>と、
SUNTORYの冬の旬味。

1611_冬新2.JPG

左の冬のどごしは色が少し濃いめ。
泡持ちはよくありません。

鼻を近づけると甘さのあるホップの香り。
結構甘い印象を強めに感じます。

アルコール度数が6%ということもあり、
それなりにコクっぽいものも感じます。

右の冬の旬味は色は普通ですが、
泡持ちは新ジャンルにしてはいい気がしました。

甘めの香りがしてきて、その裏にホップの香りがある印象。
アルコールのような香りがちょっと気になります。

飲んでみるとすごく軽い印象がありますね。

のどごしは単体でも飲めそうですが、
冬の旬味は何かと合わせて飲んでみたい、
そんなビールでした。

個人的な好みだと、
冬のどごし > 初摘みの贅沢 > 冬の旬味
でしょうか。ベースがあるビールのほうが
できがいい感じがしてしまうんですかね。

興味のある方はぜひ飲み比べ、試してみてください。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

琥珀ヱビスと琥珀の時間、飲み比べ

琥珀ヱビスを飲んだ時に気になっていた、
ASAHIの琥珀の時間(セブンアンドアイ限定)との飲み比べをしてみました。

1611_ヱビス琥珀飲み比べ.JPG

色は琥珀の時間のほうが濃いですね。
泡はヱビスのほうがいい感じにできました。

飲む前の香りはヱビスのほうがは
焙煎の香りを感じるのに比べて、
琥珀の時間はカラメルやブドウ、青リンゴのような
甘めの香りが優勢な印象です。

飲んでみるとその香りの印象が真逆になります。
この感じはとても面白いですね。

琥珀ヱビスは見た目よりもあっさりの印象で、
コクは琥珀の時間が上ですね。
少し酸味もあって、味わいも複雑です。

似ているかなと思ったらだいぶ違っていて、
面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

VEDETT EXTRA BLOND

VEDETT EXTRA BLONDをいただきました。

1611_VEEB.JPG

色は薄め。もちのいい泡ができます。
鼻を近づけると、辛めで軽いホップの香りがします。
なんとなく、昔の大手のビールを思い出します。

飲んでみると、ホップの香りがより強く感じられます。
見た目の色の薄さからは、アメリカンライトラガーのような
飲み口が軽くて薄い印象を受けますが、苦みがしっかりとあって、
でもさっぱりとしている、そんな不思議な印象を持ちました。

原料を見ると、米が使われているんですね。

1611_VEEB解説.JPG

さっぱりさはここからくるものかもしれません。

なかなか面白いビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

秋の新ジャンル飲み比べ

もう冬物語が発売されて、ビール業界に早い冬がやってきていますが、
各社、秋の新ジャンルを出しているので、飲んでみました。

最初はアサヒのクリアアサヒ 吟醸。

1611_AS吟醸.JPG

少し色は濃いめでクリア。
意外ときめ持ちのいい泡ができます。

鼻を近づけると、豆っぽい香りや、
かき氷のイチゴシロップのような甘い香りもしてきます。
少し温度が上がってくるとアルコール感が強くなるのが気になります。

飲んでみると、香りはあまり感じられません。
やっぱりアルコール感は強めで、飲み口は甘め。

あー、新ジャンルってこんな感じ、というビールでした。
『上質なコクと華やかな香り』というコピーが付いていますが、
うーん、どうだろう、という感じですね。

それから、濃色のスタイルのサントリーの金麦 琥珀のくつろぎと、
サッポロの麦とホップ 赤を飲み比べ。

1611_金麦麦ホのみ比べ.JPG

色は同じ感じですが、金麦のほうは泡持ちが悪い感じがしました。
金麦は甘めの香りで、カラメルっぽい香りも。
麦とホップは焙煎っぽい香りよりホップが強めに感じられました。

飲んだ後の印象は金麦がホップの香りがしてきて、
麦とホップは焙煎が強めに出ていた気がします。
このあたり、逆転するのが面白いですね。

金麦は見た目よりすっきりで、麦とホップは少しコクがありました。

並べてみると、やっぱり麦とホップが一歩リードしつつ、
少し後ろに金麦、最後方にクリアアサヒ、という感じでしょうか。

1611_麦ホ解説.JPG

秋の夜長に飲むなら、麦とホップをお勧めします。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

KIRIN 一番搾り Single Malt飲み比べ

KIRIN 一番搾りの普通のバージョンとSingle Maltを
飲み比べて見ました。

1610_KI一番搾り飲み比べ.JPG

色は一目瞭然、Single Maltのほうが濃いですね。

鼻を近づけた時の香りはノーマルが辛めのホップの香りで、
ちょっととがっている印象があります。
Single Maltは少し甘めよりで、香りも柔らかな印象。

飲んでみると、Single Maltのほうがモルトのキャラクターが
出ている気がしました。

Single Maltはまろやかなんですが、しっかり苦く、
ノーマルのほうは刺激が少し強めに感じましたね。

こうやって飲み比べてみると、しっかりと差がわかります。
ビールとしての好みはSingle Malt、ほかのものと合わせるなら
ノーマルの一番搾りかなぁ。

なかなか面白い飲み比べでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

新旧モルツ飲み比べ

サントリーのモルツが5月中旬にリニューアルされたということで、
飲み比べをしてみました。

1607_SUモルツ飲み比べ.JPG

色味は変わりませんが、何となく新しいほうが泡立ちやもちがいい気がします。
鼻を近づけた時香りは、新しいほうが甘みが強くなった印象があります。

飲んだ時のホップの香りも新しいほうがより強くなっていますね。
全体的には甘みや、丸みが新しいほうがアップしている気がします。
古いほうはシャープな印象があるんですが、
新しいほうはコクが少し感じられますね。

ただ、飲み比べてみないとわからないくらいの微妙な差なので、
新しいほうだけ飲むとわからないかも。
でも、飲み比べてみると、新しいほうがより好みな気がするので、
いいリニューアルだったんでしょうね。

ちなみに、飲み口は古いほうがシャープ、
新しいほうがまったり感があったのですが、
缶のデザインは逆ですね。

(旧)
1607_SUモルツ飲み比べ旧.JPG

(新)
1607_SUモルツ飲み比べ新.JPG

いつまで「NEW」が付くかはわかりませんが、
新しいモルツ、お勧めです。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ヴァイツェン飲み比べ(クラフトラベルvsクラフトセレクト)

大手が販売しているヴァイツェンの飲み比べをしてみました。

今回比べてみたのはジャパンプレミアムブリュー(サッポロ)の
クラフトラベルのHell!ヴァイツェンと、
サントリーのクラフトセレクトのヴァイツェン。

両方とも悪くない感じではあったんですが、
比べてみるとどうなりますでしょうか?

1606_ヴァイツェン飲み比べ.JPG

左がクラフトラベル、右がクラフトセレクト。

泡の立ち方がクラフトラベルのほうが多めでしたね。
香りはクラフトラベルが少し青リンゴのような、
酸味のある香りがしていたのに対して、
クラフトセレクトは甘めの香りで、バナナのような香りがしていました。

飲んだ時の香りはクラフトラベルのほうが強め。
クラフトセレクトのほうが香りも味も甘めな印象があります。
それから、コクもクラフトセレクトが強め。

こうやって比べてみると、全体的にクラフトセレクトのほうが
自分の好みであることが確認できました。

このビールが手軽に手に入ることはうれしいことですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

SAPPORO 黒ラベル飲み比べ

2月下旬製造のものから地味にリニューアルをされていた、
SAPPORO 黒ラベルを飲み比べてみました。

1605_黒ラベル飲み比べ.JPG

右がリニューアル前、左がリニューアル後の黒ラベル。
見た目ではわかりませんね。

1605_黒ラベル飲み比べ製造.JPG

鼻を近づけると、新しい方がホップの香りがややシャープ。
飲み口を比べると、以前のものがちょっと水っぽく感じます。
苦味やコク、甘味などが新しい方が強くなっている気がします。

ただ、おそらくこれは飲み比べてみないとわからないかもしれません。
個人的には新しい方が印象が良いので、
良いリニューアルだったんじゃないかと思います。

黒ラベルを飲む頻度が上がりそうです♪

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

SAPPORO NIPPON LARGER と NIPPON PILS の飲み比べ

サークルKサンクス限定で販売されている
SAPPORO NIPPON LARGERをいただきました。

1605_SANL.JPG

色は少し濃い目。キメ持ち共にいい泡ができます。
鼻を近づけると辛めのホップの香り。

飲んでみてもその印象は変わりません。
少しコクがあって、最初は甘みも感じます。
きりっとした苦味があるんですが、少しとげっぽい感じがするんですよね。

解説にはこんなことが。

1605_SANL解説.JPG

『国産麦芽を80%以上、
信州早生ホップを100%使用。
力強いうまみとコクをお楽しみください。』

なかなかいいビールだと思ったんですが、
最近似たビールがあったなぁ、と思い、飲み比べてみました。

NIPPON PILSとの飲み比べ。

1605_SANL飲み比べ.JPG

NIPPON PILSは麦芽もホップも100%国産のものを使っています。
(麦芽:北海道産「りょうふう」、埼玉県産大麦「彩の星」
ホップ:北海道富良野産ホップ「リトルスター」、東北産ホップ「信州早生」)

NIPPON PILSのほうがホップの香りがしっかりしていて、
すっきり感があります。
コク、甘味、麦の印象はLAGERのほうが強め。

個人的には麦やコクを求めたいならLAGERの方、
香りや、すっきり感を求めたいのであればPILSの方、ですかね。

サークルKサンクスが近くにないのが残念ですが、
近くに行ったらぜひ寄ってリピートしたいビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

SAPPORO 新旧YEBISU 飲み比べ

サッポロのヱビスがリニューアルされたということで、
飲み比べをしてみました。

1603_SAヱビスのみ比べ1.JPG

左が新しいヱビスで、右が従来のヱビスです。

見た目は変わりありません。
鼻を近づけると新しいヱビスのほうがややシャープな香りがします。

飲んでみるとモルトの印象は新しいヱビスが強め。
苦味も新しいヱビスが強い気がします。

グラスにも入れて飲み比べしてみました。

1603_SAヱビスのみ比べ2.JPG

やっぱり新しいヱビスのほうが苦みがしっかりとしている印象。
この苦味、好きです。

従来のヱビスはまったりしている印象があります。
苦味は後からきゅっと強くなって、スーッと消えていく感じ。

比べてしまうと、新しいヱビスのほうが苦く、どっしりしていて、
もしかしたら飲む人を選んでしまうかもしれません。

新しいヱビス、単独で。

1603_SAヱビスのみ比べ3.JPG

個人的には新しい方が好み。
こういうリニューアルは嬉しいですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

ザ・プレミアムモルツ 香るプレミアムと香るエールを飲み比べ

最近発売されたプレミアムモルツの香るエール。
香るプレミアムと飲み比べをしてみました。

1603_プレモル飲み比べ.JPG

見た目は変わりがありません。

鼻を近づけると香るエールのほうが少し甘みを感じます。
香るプレミアムの方は少し酸味が感じられます。
飲んだ時の印象も同じような感じ。

味の印象も香るエールは甘みが先行している感じ。
香るプレミアムのほうが苦みがはっきりしている印象があります。
すっきり感は香るエールのほうがあるかなぁ。

グラスにも注いで飲み比べ。

1603_プレモル飲み比べグラス.JPG

印象は変わりませんが、より香りが強調されました。

「香るエール」はエールという名前を前面に押し出しましたが、
マイナーチェンジの印象。
個人的には香るエールのほうが印象が良いですけど、
エールの印象がこれでよいか?と言われるとちょっと疑問。

なかなか難しいビールですねぇ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

プレモル初仕込み飲み比べ

プレミアムモルツが初仕込みとプレミアムモルツを飲み比べてみました。

1602_プレモル飲み比べ.JPG

見た目はもちろんですが、差分はないように見えます。
鼻を近づけると普通のプレミアムモルツのほうがシャープな香りに感じます。
初仕込みのほうが甘みを若干感じる気がします。

飲んでみると、やっぱりその印象は変わりません。
そして、初仕込みのほうが少しコクがあるようにも思えます。
それから、味わいにも甘みがある気がしますね。

初仕込みをグラスに入れて。

1602_プレモル飲み比べ初仕込み.JPG

少し飲んだ時と印象はあまり変わらず、
甘味が少し強調されている気がしました。

普通のもグラスに入れて。

1602_プレモル飲み比べノーマル.JPG

液温が上がってきたせいか、コクをより強めに感じます。

どちらもおいしいことには変わりはありません。
素敵なビールですね。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

新旧ドライプレミアム飲み比べ

少し前にドライプレミアムがリニューアルされたので、
新旧飲み比べをしてみました。

1511_ASドラプレ飲み比べ.JPG

左が古い方で、右が新しい方です。

新しい方が泡の立ち方や持ちが良い感じがしました。
それから、鼻を近づけた時の香りがふくよか。

飲んだ時もやっぱり新しい方がホップの香りがはっきりとしてきます。
古い方はドライで刺激が強めで、クリアな印象。
それに対して新しい方は少しコクがあったり、後にも甘みが感じられたりして、
どうも新旧でだいぶ変わっている感じがしました。

グラスに注いでも飲んでみました。

1511_ASドラプレ.JPG

やっぱり、まろやかで少しコクがある気がします。
甘味も感じられますね。

古い方はスーパードライ感が強くて、どうプレミアムなのかなぁ?
という印象を持っていましたが、こちらは明らかに違う感じがしました。
ただ、スーパードライのプレミアムか?と言われると新しい方もちょっと違う。

個人的には新しいドライプレミアムのほうが好みですが、
スーパードライ感を求める人には古い方がいいのかもしれません。

ちなみに、新しいドライプレミアム、
近所でほとんど見かけず(リニューアル後も古い方が売られていた)、
大丈夫かなぁ、と思ってしまっていました。
最近はいろいろなところでみるようになったので、
リピートもして楽しみたいと思います。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

秋の新ジャンル飲み比べ

ようやく秋らしい気候になってきたので、
秋の新ジャンルの飲み比べをしてみました。

まずはサントリーの円熟の秋。

1509_SU円熟の秋.JPG

色は茶色。
泡も結構しっかりできます。
香りは甘目で少しだけホップの香りも。

少し酸味を感じて、確かにまろやか。
コクというほどではありませんが、若干重みがあります。

お次はアサヒのクリアアサヒ 秋の琥珀。

1509_AS秋の琥珀.JPG

濃いめの茶色でちょっと泡が弱いです。
(写真、失敗してしまいました。。。)
鼻を近づけると少しホップの香り。

飲むと少し苦みがあって、見た目よりも全然軽くてクリア。
見た目とのギャップに拍子抜けな感じです。

最後はサッポロの秋の本熟。

1509_SA秋の本熟.JPG

やっぱり色は茶色。きめのいい泡ができて、意外と持ちも良い感じ。
鼻を近づけるとホップよりもモルトの印象が強め。
飲んでみても嫌なアルコール臭はあまりありません。

苦味があって、コクがあって、変な甘みが少ない感じです。

個人的な好みでは、秋の本熟→円熟の秋→秋の琥珀。
どれが一番秋が似合うかなぁ、というところと、
味の好みでこんな順番になりました。

どのビールも少し濃色系で、アルコール度数が高めという
共通点がありながら、印象がここまで違う。
やっぱり飲み比べると面白いですねぇ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

ASAHI ドライプレミアム飲み比べ

ASAHIのドライプレミアムと初仕込みを飲み比べてみました。

1501_ドラプレ飲み比べ.JPG

見た目は全く変わりません。
鼻を近づけると、初仕込みのほうがホップの香りがはっきりしています。

飲んだ時の香りも初仕込みのほうがしっかりしています。
でも、コクという意味では普通のほうが強めに出ている感じがして、
初仕込みの方はクリアな感じです。

両方ともプレミアム感が感じられないのは同じですが、
ビールとしてはなかなかおいしい。

どちらが好みか一度飲み比べをしてみると面白いですよ。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

KIRIN 一番搾りプレミアム飲み比べ

KIRINのGIFT限定、一番搾りプレミアムを入手しまして、
せっかくなので、普通の一番搾りと飲み比べてみました。

こちらが一番搾りプレミアムのパッケージ。

1411_KIプレ一番箱.JPG

プレミアム感が出ていますね。

コップに入れてみるとこんな感じ。

1411_KIプレ一番比べ.JPG

左が普通の一番搾り。右がプレミアム。
見た目はほぼ同じです。
ただ、鼻を近づけた時のホップの香りは
断然プレミアムのほうが上。
さらに、飲んだ時にはその差が広がります。

プレミアムのほうが少し重みが感じられて、
さらにキレが良い感じもします。
なるほど、"プレミアム"の理由がわかった感じがします。

一番搾りプレミアムを単体で。

1411_KIプレ一番.JPG

色は黄金色で、キメと持ちがいい泡ができます。
鼻を近づけると甘めではっきりとしたホップの香り。

飲んでみるとその香りは強めに感じます。
甘みがあって、少しコクがあって、
おいしいビールだと思います。

これだったら贈られた人も喜びそうですね。
自分は近所のスーパーで単価が300円ほどで購入したもの。
自分で買うにはちょっと高めに感じるかもしれませんが、
贈り物としてはいい感じですよね。

ほかの贈答用ビールも手に入れてみたい、と思わせるビールでした。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

IPA飲み比べ

先日おいしい!と感じたORAHOビールのCAPTAIN CROWと
おいしいと飲み続けているPUNK IPAを飲み比べしてみました。

1411_IPA飲み比べ.JPG

御覧の通り、色はCAPTAIN CROWが濃いめ。

鼻を近づけるとはCAPTAIN CROWは甘い感じがして、
PUK IPAは草っぽくてドライな感じ。

飲んだ後の香りはCAPTAIN CROWが少し甘めの印象。
苦味は強めで、キレはPUNK IPAのほうが良い感じ。

両方ともおいしいんですが、CAPTAIN CROWのほうが重めで、
しっかりとして、後をひく苦みのようですね。
入手しやすさは圧倒的にPUNK IPAが上ですが、
CAPTAIN CROWも捨てがたいんですよね〜。

CAPTAIN CROW、定番ビールにならないかしら。

ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログランキング
posted by きょう at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール-飲み比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする